転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像

株式会社ACCESS

  • IT/Web・通信・インターネット系

ネットと機器をつないで、世の中に変革を起こす企画開発型企業!グローバル市場にも進出!【東証プライム】

上場
自社サービス製品あり
シェアトップクラス
グローバルに活動

企業について

『すべての機器をネットにつなげる』
現在であれば、その意味するところを理解できるし、つながった世界は日々広がり続けている。しかし30年前から、この言葉を理念として掲げ、果敢に挑戦し続けている企業がある。それが 株式会社ACCESSだ。

組込機器向けソフトウェア開発のベンチャー企業として1984年に設立されたACCESSは、インターネット技術が世界を変えると確信し、小型情報機器向けのブラウザ『NetFront』の研究開発を実施。1999年には、NTTドコモの携帯電話インターネット・サービス『iモード』に採用され、誰もがどこからでも「ケータイ」を通じてインターネットにつながる日常を実現。この世界初の事例誕生には、ACCESSのブラウザが不可欠だったのだ。

この成功をきっかけに事業領域をさらに拡大。TVやゲーム機、カーナビに代表される車載情報機器など、組み込みブラウザの搭載先を拡げながら、グローバル市場へも進出していく。2010年代に入るとクラウドやスマートデバイス、無線、センサなどの技術を拡充し、IoT分野でのソリューション展開を着々と進めているところだ。
「皆さんが家庭で利用しているテレビの『dボタン』にも当社のブラウザが組み込まれていたり、大人気の最新ゲーム機にも『NetFront Browser NX』が採用されている。

ここに挙げたものはほんの一例に過ぎず、ACCESSは『コネクテッド カー』『コネクテッド TV』『コネクテッド ホーム』『コネクテッド オフィス』など多様な分野において、ネットとつなげることで可能となる新たなビジネスの創出に挑み続けている。

ACCESSの強みといえば、組み込みブラウザに関する深い知見と高い技術力だろう。ブラウザは単に Web page を見るためだけでなく、近年ではWebRTCを使ったビデオチャットのようなリアルタイムコミュニケーション、Bluetooth機器の操作、3DCGを表示させるWebGLや WebVR による新しいユーザインタフェース、WebPaymentによる決済の実現など、ブラウザにできることがどんどん増えており、同社が保有するブラウザ技術には、多くの企業が注目している。また、IoTに欠かせないセンシング・無線技術も組込み時代を通じて豊富に保有している。

さらに、同社が他と一線を画しているのが、技術をビジネスへつなげる力だ。
「当社は、自社で研究開発から最終の製品開発まで行っています。だからこそ、時代の流れを半歩先取りしながら携帯電話やテレビ、車載情報機器など、ブラウザの出し先を広げることができ、結果として幅広く、かつ深い技術的知見を蓄積できました。しかし、もっとも大きかったのは、『iモード』も、今回の自動車保険でもそうですが、プロジェクトの企画段階から参画して、パートナー企業との共同開発によって新しいサービス、新しいビジネスを生み出してきたことだと思います。技術を単なる技術で終わらせず、パートナー企業のビジネスと組み合わせることで何を生み出せるのか。そこまで踏み込んで考え、実現する力があるからこそ、技術力が活き、多くのお客様から必要としていただけるのだと思います」。(植松氏)

この強みを存分に発揮しながら、今後もいまだつながっていない機器とネットをつなげていく。同時に、操作性の向上や用途に応じたカスタマイズにも力を入れていくという。
「さらに先を見据えた研究開発も進めていきたいと考えています。これまでブラウザは、さまざまな機器がWebにアクセスするために必要なものでした。機器がネットに対してつながることで、ユーザーはそれまでなかったサービスを享受してきました。しかし、現在はその方向が逆転してきています。つまりサービス側がWebを介してユーザーのリアルを知りたがる時代に変わりつつあります。AIなどの発達によって多くのリアル情報を集めることがサービスの質を高め、ビジネスを成功へと導くことにつながるからです。ブラウザを組み込んだデバイスやセンサーが、サービスの側からユーザにつながる接点としての役割を果たし、新たな価値を生み出せる領域をこれからの事業領域として再定義して、このパラダイムシフトの先を見越したソリューションを開発していかなければならないと考えています」。(植松氏)

ACCESSは独立系企画開発型企業である。設立以来、一貫して自社開発にこだわり、技術のプロとしてサービスやプロダクト開発の企画段階から参画してきた。だからこそ味わえる「面白さがある」と植松氏は語る。

「何よりも自社製品を研究開発して世に出す面白さがあります。依頼されたものを技術を使って形にするだけでなく、技術そのものを“つくる側”にいるということです。自分たちの考えを製品に反映することができ、自分たちがつくり出したもので、世の中を変える醍醐味も味わえます。また、最近はオープンソースを使いこなせる技術者が増えていますが、私たちはオープンソースそのものを修正したり、機能を追加したりして公開することも行っています。やりたいことを適切なキーワードで検索してサンプルコードを見つけるのは「使う能力」として重要ですが、私たちは、技術を「使う」ことに秀でるより、一歩踏み込んで技術を「つくり」、発信できる集団でありたいと思います。ただし、つくる側にいるからこそ大変でもあります。解決困難な課題に出会った時に、検索して探して見つからない、その時に『行けると思ったら躊躇せずチャレンジ』し、そのチャレンジそのものを楽しめることが大切です」。(植松氏)

研究開発を下支えする技術力の深化にも余念がない。多様な事業領域の根幹をなす『ブラウザ』『Web Frontend』『Smart Device』『Server』『Machine Learning』『Security』『Data Analytics』『XR』『PM』の9分野については、組織横断でCTO直下の技術グループを編成し、毎週技術の研鑽に取り組んでいる。各グループの中心を担うのは、選抜されたメンバーだが、社員であれば誰でも各グループの勉強会に参加でき、技術を磨くことが可能だ。また、共通の興味・関心を持つエンジニア同士が集まって自主的な勉強会も盛んに行われている。中には、業務と直接関係のない研究対象であっても、会社から補助が出るケースもある。

「世の中がIoTだらけになったとき、それを実現しているあらゆる機器に当社のソリューションが使われている。そんな世界の実現に興味がある人、今は技術力に自信がなくても自ら学んで挑戦したい人という人を待っています。そして自ら技術開発を行い、世の中をどんな風に変えていきたいか、メンバーと語り合いたいですね」。(植松氏)

募集している求人

エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(5件)


営業職の求人(2件)


経理・管理・バックオフィス職の求人(1件)

企業情報

会社名

株式会社ACCESS

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

IT/Web・通信・インターネット系 > システムインテグレータ・ソフトハウス

企業の特徴
上場、自社サービス製品あり、シェアトップクラス、グローバルに活動
資本金

17,000百万円

設立年月

1984年02月

代表者氏名

代表取締役社長 大石 清恭

事業内容

■IoT事業
・IoTソリューション
・海外通販プラットフォーム

■Webプラットフォーム事業 
・組み込みブラウザ
・マルチメディアコンテンツ配信プラットフォーム
・TV/車載向けApp-Store

■ネットワーク事業
・ネットワーク機器向けプロトコルSW
・Whiteboxソリューション

【海外拠点】
アメリカ/ドイツ/中国/台湾/韓国

株式公開(証券取引所)

東証プライム

従業員数

300人

本社住所

東京都千代田区神田練塀町3番地

この企業と同じ業界の企業

画像なし
TFHD digital 株式会社
東急不動産ホールディングスのデジタルカンパニー
無料登録して話を聞いてみたい
👋
株式会社ACCESSに興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.