お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 花まるラボの企業情報

211998

株式会社 花まるラボ

Google Play Awards 2017 ファイナリスト選出の思考センス育成アプリで、子どもたちが意欲に満ちて学べる未来を創る。

思考センスを育てるアプリ、『Think!Think!(シンクシンク)』。150ヵ国で使われるサービスが、世界展開を本格化させる。

株式会社花まるラボは、小学生向けの思考センス育成アプリ教材『Think!Think!(シンクシンク)』の開発、運営、教育機関への提供を手がけると共に、思考力授業の開発、運営や、算数オリンピック・世界算数といった大会への問題提供を行う会社だ。

同アプリは、16年3月にリリース。現在社員18名と決して大きくはない同社だが、僅か1年で、iOS/Androidの子ども向けカテゴリで1位を記録した。昨年4月には、Androidアプリにとって世界一権威のある賞である「Google Play Awards 2017」にて、日本の教育アプリとしては史上初めて、ファイナリストに選ばれた。Best App for Kids部門で、世界からたったの5作品のうちの1つに選出されたのだ。さらに、昨年12月には、Google Japanの選出する「Best of 2017」にも選ばれ、世界・日本でのW受賞を達成した。

同社は、スタートアップとしての文化・気質を備えながら、幼児から小学生向けの学習塾『花まる学習会』を展開する株式会社こうゆうとの関係が深く、それぞれの良いところを併せ持ったハイブリッドのような企業だ。花まる学習会は、独自のメソッドで20年以上にわたって思考力育成に取り組み、急成長を遂げた、話題の学習塾。首都圏を中心に120教室、約2万人の子どもが学んでいる。

花まるラボは、この関係を活かし、アプリ開発と並行して、花まる学習会に、思考力育成に特化した研究授業『Think!Think!』を提供している。子どもたちの反応や特性、ニーズを常に把握しながらアプリ開発にフィードバックするという形で、まさに社名の通り「ラボ」として、画期的なアプリ教材の開発に取り組んでいる会社だ。

『Think!Think!』は、代表の川島慶氏(32)によって生み出された。東京大学在学中から、花まる学習会で問題作成のアルバイトをしていた経緯もあり、教育に対して熱い想いを持ち、株式会社こうゆうに入社した。こうゆう代表の高濱 正伸氏との共著で子ども向けの思考力育成やパズルなどの書籍も多数出版しており、算数オリンピックや世界算数の問題開発、提供も行っている。

花まる学習会で活躍していた川島氏だが、国内外の養護施設や小学校に出向き、教材を用いて様々な境遇にある子どもたちを教える経験を通して、次第に、あらゆる環境下の子どもたちが、意欲を持って取り組むことのできる教材を開発したいと考えるようになった。そこで、たどり着いたのがアプリという手段だった。

最初は花まる学習会内のプロジェクトとしてスタートしたアプリ教材開発事業だったが、2014年10月にスピンアウトして花まるラボが誕生。2016年3月に、『Think!Think!』をiOS/Androidでリリースした。

リリース当初は、月額1,600円の有料サービスとしてスタートし、iOS/Androidの教育カテゴリーにおいてトップセールスを記録するなど、大きな反響を得た。そして、2017年3月、花まるラボは、今後の展開を見据えて大きな決断をする。これまで有料で展開してきた『Think!Think!』を、完全無料化したのだ。
「それまでの1年間は、保護者の方の口コミを中心に少しずつユーザーが拡大し、安定的に成長していました。しかし、私たちの目指す「世界中の子どもたちに本当に価値のある教材を届ける」ことに立ち返って考えたとき、もっと爆発的なスピードが必要だと考えました。月額1,600円を払えるのは、経済的に豊かで教育への関心が高い層に限られる。そこで思い切って無料化して裾野を広げ、フリーミアムモデルでのマネタイズを目指すという方向に踏み切ったのです」
こう話すのは、執行役員/CMOを務め、マーケティングや海外戦略、採用などを担当する徳丸 晃大氏だ。

2017年3月の無料化時には、多くの子どもに使ってもらうために、本格的なゲーミフィケーションを導入するなど、大幅なアップデートも併せて実施。早速、子ども向け無料アプリカテゴリで1位を獲得、フジテレビ「ノンストップ!」での紹介、そして、先述した「Google Play Awards 2017」ファイナリスト選出など、反響は上々だ。
10月には「日本e-Learning大賞」で「EdTech特別賞」にも選ばれ、フジテレビ「めざましテレビ」やBS朝日「Fresh Faces」などの番組が、立て続けに代表・川島の特集を組んでいる。

2018年8月より、アプリはさらに大幅なアップデートを行い、有料コースを新設予定。世界展開とマネタイズを本格化させるフェーズに入っていく。知る人ぞ知るアプリから、世界の教育にムーブメントを起こすような影響力のあるアプリへ。既に日本語版のほか中国語版と英語版もリリースした。花まるラボは今まさに、世界展開へ向けて進みはじめている。

186923言葉での説明や計算の前提知識を必要とせず、直感的に解ける問題を数多く開発している
186924Google Editor's Choiceとして、ONE PIECEやSTAR WARSなど、ビッグネームと並んでピックアップされている
185156

世界基準の教育アプリをつくる。世界の子どもたちが躍動する理由。

「先日は川島と一緒に、『Think!Think!』をたくさん持ってフィリピンに行ってきました」
徳丸氏は楽しそうに語る。目的地は公立の小学校。日本とは、教育水準も、一人ひとりの学力のバラつきも、大きく異なる。同地にて、ぶつけ本番で『Think!Think!』を用いた体験授業を行ったのだ。「見てください、これ」と徳丸氏が差し出すスマートフォンの画面には、嬉々として端末を手にし、一問解けるごとに「やった!」と喜び、笑い声と歓声が広がり、子どもたちが躍動する、活き活きとした授業風景があった。つまらなそうにしている子は一人もいない。子どもの好奇心や可能性の大きさが改めて感じられ、『Think!Think!』が目指す世界が垣間見える映像だ。

フィリピンの子どもたちも虜にした『Think!Think!』の特長は、「空間認識力」「試行錯誤」「論理性」といった、低学年の時期にこそ伸ばせる力に焦点を当てていることだ。

「アプリ教材自体はいくらでもありますが、そのほとんどは、いわゆる受験向けや授業のカリキュラムをサポートするものや、「なんとなく頭がよくなった気がする」ようなものです。そういったものとは根本的な考え方が違います」(徳丸氏)
そう語るように、教材を支える経験と知見も特筆すべき点だ。花まる学習会の25年にわたる経験に加え、川島氏は、算数オリンピック(1992年に始まり、文部科学省も後援している小学生以下を対象にした算数コンテスト。決勝には海外からの参加者もいる)の問題作成と解説を務め、さらにはソニーが手掛ける「世界算数」というグローバルな算数大会の問題作成も行う、言わば算数の「スペシャリスト」だ。

これらの知見に基づきアプリを開発し、さらにそれを毎週行う研究授業で実際に子どもたちが試し、その結果をフィードバックしているのだから、到底、一朝一夕で真似できるものではない。この際立つ独自性が注目され、メディアへの登場や学校からの引き合いも多い。三重県とは包括提携を結び、県全土の小学校に順次導入されており、そのほかにも、国内外で既に先進的な教育への関心が高い学校で導入されている。

無料化後は、上述の通り、両OSの子ども向け無料カテゴリーで1位を記録し、その後も順調な拡大を見せている。今までもこれからも、派手な広告宣伝ではなく、地に足の着いた成長を標榜している。

「子どもやお母さん方の世界はリアルなネットワークが充実しているので、口コミで広がることが理想だと考えています。我々がやるべきことは、人に思わず勧めたくなるような充実したコンテンツを作ること。問題の質・量をさらに充実させるのは勿論のこと、今後は『Think!Think!』の中で、子ども同士がつながれるコミュニティの機能を持たせ、大会を開催するなど競い合いながら楽しくみんなで切磋琢磨出来るような仕掛けを作っていきます。コンテンツの充実こそが何よりの宣伝、マーケティングになると捉えています」(徳丸氏)

185137日本語版だけではなく、すでに英語版と中国版がリリース済み。海外の小学校にも積極的に持ち込み、世界中の子供達の反応をアプリの改善に繋げている。
18515160種類、10,000題を越える問題を収録、随時追加中。公立小学校や有名私学でも導入され、メディアでも取り上げられている。
185155

個性的な仲間が同じ想いを持って集結!子どもたちの可能性を伸ばす魅力と意義にあふれる仕事

「教育は、誰もが関心のある分野だと思います。でも、ビジネスとしてそれを成り立たせていくことは、なかなか難しい。我々は、受験対策などの近視眼的なものではなく、『思考力』という子どもの可能性を伸ばし、生きる力にもつながるものを培う教育アプリを創っていくことで、持続可能な仕組みとして、ビジネスとしてもこの事業を成り立たせていかなければならないと考えています。」と徳丸氏。その舞台は世界だ。フィリピンの子どもたちが躍動したように、『Think!Think!』で世界の子どもたちが学ぶ意欲を持ち、それぞれの人生を彩り豊かなものにしてゆく。やりがいは大きい。

この事業の魅力と川島氏の人柄に惹かれ、花まるラボには続々と想いを持ったユニークなメンバーが集まっている。親会社との資本関係はあるが、川島氏以外は皆、花まるラボのプロパー社員ばかり。多くが、各フィールドのプロフェッショナルや、異なる職種からの転身だ。アプリの根幹を支える、経験豊富なエンジニアやデザイナー。戦略コンサルティング会社出身者が2人、そして徳丸氏は総合商社の出身で、川島氏とは20年来の親友(出会いは小学校時代に通っていた塾)という間柄だ。

「世界中の子どもたちが意欲を持って学べる未来を創るという、この会社の目指していることにも共感でき、魅力的だったし、何より単純に『この人たちと一緒に世界を相手取って戦うのは最高に楽しそう』と感じたのです」徳丸氏は入社の理由をこう振り返る。

それぞれの領域のプロフェッショナルが集まるが、決して仕事は縦割りではない。頻繁に各領域横断で会議を開き、『Think!Think!』をより良いものにすべく議論する。まだ18名の少数精鋭の組織だ。自分の仕事だけを淡々とやるという人よりは、様々なことに積極的に取り組み、時には越境するくらいの好奇心旺盛な人のほうが向いているだろう。みんなで力を合わせ、一人一人が十二分の力を出し切り、事業も会社自体も創り上げていくフェーズにある。先日は、初めての社員合宿を開催したばかり。1泊2日でとことん話し合い、楽しく飲み、懇親を深めたという。そんなスタートアップならではの雰囲気も魅力だ。

「私と川島でフィリピンの小学校に行ったように、これからも様々な国に『Think!Think!』を広めに行きます。今後は、海外担当ではないメンバーにも順繰りに行ってもらうようにしていきたいです」と徳丸氏。

花まるラボに入社すればすぐに、その目で世界の子どもたちが『Think!Think!』に熱中する姿を見ることになるだろう。ITと、教材に対する目利きの力があれば、環境や境遇の壁を超えて、全ての子どもが意欲に満ちて学ぶ世界を創ることができる。教育×ITで、本気で世界を変えにいく。花まるラボは、その想いを共有する仲間たちが集う会社だ。

185147それぞれの領域のプロフェッショナル達が日々楽しみながら切磋琢磨しあっている。
185139執行役員、人事責任者を務める徳丸晃大氏。代表の川島氏とは小学校時代からの親友という間柄だ。
247017

株式会社 花まるラボの社員の声

Icon men1
30代前半
2015年10月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. チームみんなで作り上げた教材(アプリ・プリント・動画など)を、子どもたちが楽しそうに取り組んで...続きを読む
Icon women1
30代前半
20016年03月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. 子どもに携わるデザインができること。毎週の研究授業で、子どもと触れ合いユーザーテストする環境が...続きを読む
Icon men2
20代後半
2016年07月入社
Q. 今の職場での仕事のやりがいについて教えて下さい(100文字以上)
A. やりたい(作りたい)と思ったことができる(作れる)環境であり、ユーザーである子どもたちが喜び、...続きを読む

株式会社 花まるラボに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 花まるラボに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 花まるラボ
業界 サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 1億円
設立年月 2014年10月
代表者氏名 代表取締役 川島 慶
事業内容 知育アプリ「Think!Think!」、その他教育アプリの開発・運営
思考力育成授業の企画・運営
公教育、塾等へのコンテンツ提供
「世界算数」「算数オリンピック」への問題提供
書籍、ドリルの企画・出版
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 18人
平均年齢 28.0歳
本社所在地 東京都文京区本郷3-32-7 東京ビル6F
211998

株式会社 花まるラボ資本金1億円設立年月日2014年10月従業員数18人

Google Play Awards 2017 ファイナリスト選出の思考センス育成アプリで、子どもたちが意欲に満ちて学べる未来を創る。

この企業が募集している求人

247028
【サーバーサイド/フルスタック】Googleが世界トップ5に選んだ子ども向け知育アプリのサーバーサイドエンジニアを募集!世界一の教育サービスを共に目指す仲間を探しています!
サーバーサイドエンジニア

・新規アプリ教材のサービス・コンテンツの企画段階から、設計、開発、保守運用 ・小学生向けアプリ教材『Think!Think!(シンクシンク)』のサービス・コンテンツ開発 を行っていただきます。 【小学生向けアプリ教材『Think!Think!(シンクシンク)』の詳細】 2016年にiOS/Android向けに公開。月額1,600円の有料教材アプリとして展開し、各OSの教育カテゴリ...

247029
【Unityエンジニア】自社開発の新しい教材アプリを企画から一緒に作り上げていくエンジニア募集!
Unityエンジニア

・新規アプリ教材のサービス・コンテンツの企画段階から、設計、開発、保守運用 ・小学生向けアプリ教材『Think!Think!(シンクシンク)』のサービス・コンテンツ開発 を行っていただきます。 【小学生向けアプリ教材『Think!Think!(シンクシンク)』の詳細】 2016年にiOS/Android向けに公開。月額1,600円の有料教材アプリとして展開し、各OSの教育カテゴリ...

247028
Unityスペシャリスト募集!完全自社プロダクト開発
Unityスペシャリスト

・新規アプリ教材のサービス・コンテンツの企画段階から、設計、開発、保守運用 ・小学生向けアプリ教材『Think!Think!(シンクシンク)』のサービス・コンテンツ開発 を行っていただきます。 【小学生向けアプリ教材『Think!Think!(シンクシンク)』の詳細】 2016年にiOS/Android向けに公開。月額1,600円の有料教材アプリとして展開し、各OSの教育カテゴリ...

247028
【UX/UIデザイナー】Googleが世界トップ5に選んだ子ども向け知育アプリのUX/UIデザイナーを募集!世界一の教育サービスを共に目指す仲間を探しています!
UX/UIデザイナー

【概要】 子ども向け知育アプリ教材『Think!Think!(シンクシンク)』をはじめとするプロダクトのUX/UI設計を行っていただきます。 私たちが手がけるプロダクトで大切にしているのは、「直感的に理解できること」、「夢中になって楽しめること」。 そのために何より大切なのが「デザインの力」です。 楽しくて夢中になれる、遊び心に溢れたデザインを、共に創り上げましょう! 【担当プ...

残り1求人をみる
Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×