お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ギャラリーレアの企業情報

191157

株式会社 ギャラリーレア

高級ブランド品売買にWebを積極活用。ブランディング、認知拡大で海外進出!

EC、店舗、オークションの三位一体を強みに高級ブランド品を売買

株式会社ギャラリーレアは、海外ブランド品・時計・宝飾品などの買い取り・販売を事業ドメインとし、店舗事業、EC事業、オークション事業の3本柱で事業展開するベンチャー企業である。ECに取り組み始めたのは2002年と業界で最も早く、以降、インターネットの活用で事業を成長させてきた。特に、2013年度以降は来日観光客の増加もあり、急成長を遂げてきた。2016年度の売り上げは、2013年度と比べ3倍強にまで拡大している。

2017年6月現在、店舗事業では、バッグを中心として海外ブランド品全般を扱う「GalleryRare」と、機械式時計専門店「Timezone」の2業態を運営。「GalleryRare」は、東京2店舗(銀座本店、青山表参道店)、関西5店舗(心斎橋本店、東心斎橋店、梅田店、なんば店、神戸元町店)と、海外ではシンガポール店を展開中だ。「Timezone」は銀座と大阪の2店舗を展開する。
EC事業は、自社公式サイトの他に楽天市場やYahoo!ショッピングなどの国内ECモール、さらにeBayなどの海外ECモールにも出店。
オークション事業では、大阪を拠点とする同業者間取引(BtoB)「日本ブランドアドバンストオークション」を運営している。同オークションは、月間取引点数5000点以上、月間取引高3億円以上、月間参加業者100社以上という日本最大級の1dayオークションとなっている。
同社のビジネスモデルとしての強みは、これら3つの事業が一体となり、相乗効果を生み出していることだ。

ブランド品の買い取り・販売を行う会社は国内でも少なくはないが、その中でも同社は、自社で販売する商品を価値のあるハイセンスな商品、または希少価値の高い商品に絞ることで競合他社との差別化に成功している。取り扱う商品の価格帯は、数十万円から数百万、場合によっては数千万円という高価格帯となる。ECで気軽に買える価格帯ではないことから、インターネットで探して、店舗で商品の状態を確認した上で購入するというスタイルが主流となっている。そういった背景があるため、近年はECサイトと実店舗の連携を強化し、注文・商品の受取りを多様なチャネルから提供するオムニチャネル化を推進してきた。

その一方、買い取りサービスでは、売主のニーズに応え、基本的にはすべて買い取る方針を取っている。その中から自社で販売する商品は、店舗(実店舗、ネットショップ)の品揃えと調和が取れる商品だけを厳選し、その他の商品は自社が運営するBtoBオークションに出品して、同業者に販売するという仕組みを構築してきた。また、オークションの場は、商品の取引だけではなく、同業者間の情報交換、人脈形成、さらに自社の教育研修の場としても活用されている。

以上のとおり、3事業のシナジーで成長を遂げている同社だが、その強みをより一層生かすために取り組んでいるのがWebを使った情報発信だ。自社WebメディアやSNSをはじめインターネットをフル活用し、ユーザーのニーズに合わせたきめ細かい情報発信を戦略的に行っていく計画である。代表取締役・太田延彰氏が語る。

「今後は、WEBを活用し、ギャラリーレアを利用したいと思っていただける層の掘り下げにこれまで以上に注力していきます。情報を届ける相手は、買いたい方、売りたい方、売る・買う両方のニーズを持つ方、さらに外国人とさまざまです。それぞれのニーズに合わせた情報発信が必要です。そのための人材を積極的に採用していきたいと考えています」。(太田氏)

1911602004年設立の同社。現在海外ブランド品・時計・宝飾品などの買い取り・販売を行う。
191169より良いサービスが提供できるよう、メンバー同士で日々議論を重ねることも。
191178

Web活用で認知拡大とブランディングに成功。海外需要で事業拡大

同社は大阪市内で1979年に創業。古物商・太田商会として、中古家電や中古家具などの販売をスタートした後、90年代に高級ブランドを取り扱い始め、99年にブランド専門店・ギャラリーレアを出店した。店名は“特別なものが見つかる美術館のような空間”を作りたいという創業者の想いが込められている。

その先代の想いを引き継いだのが、現社長の太田氏だ。太田氏は、両親が営んでいた太田商会を中学生の頃から手伝い始め、将来は家業を次いで、事業として発展させたいという想いを抱いた。大学を卒業する頃はちょうどネットバブルの時代。これからの時代、ビジネスではインターネットの活用は必須、IT武装することで規模の大小に関係なく勝負できると考え、デジタルハリウッドに入りWeb制作のスキルを身に付けた。卒業後は大阪市内のネット専業の広告代理店を営むベンチャー企業に入社し、Webデザイナーとしての経験を積みながら、Webマーケティングのノウハウも獲得していった。

そして2002年に家業を継ぐと、EC事業をスタート。顧客のニーズに沿った品揃えと使いやすいホームページデザインでEC事業は事業全体の核へと成長していった。その後はECに限らず、買い取りサービスや店舗への集客プロモーションやブランディングにもWebを活用することで、会社の持続的な成長を支えた。

2013年度以降の飛躍的な成長も、Webを活用した丁寧な情報発信が、その下地を作っていたからに他ならない。それまで同社が運営していたWebサイトは、国内向けのサイトのみではあったが、品揃えの良さやサイトの情報の豊富さ、デザインの見やすさなどを要因に海外ユーザーのアクセス数が増加、同社の認知は広がり、海外からの問い合わせも増え、ニーズは顕在化していった。そして政府の経済対策によって円安が進行し、インバウンドの外国人観光客が増えると、同社が運営する店舗にも多くの外国人観光客が来店し、一気に売り上げを伸ばした。

また、爆発的なニーズに対応するためには商品の確保も大きな課題だった。それを解決するために同社がとった施策が東京進出だった。海外からの問い合わせが増え、円安が進行する中、太田氏は、海外のニーズに応えるだけの商品を確保するには国内最大の消費地である首都圏への進出が欠かせないと考えたのである。

「進出しても簡単に結果が出るとは考えていませんでしたが、いざオープンすると多くのお客様にご利用いただけました。もともとEC事業では首都圏のお客様が4割を占めていました。インターネットに早くから取り組んだことで、ブランディングができて、早くから認知されていたことが成功の大きな要因となりました」。(太田氏)

銀座本店の出店が成功し、商品がより潤沢に確保できるようになると売り上げが急激に伸びた。そして半年後には青山表参道店を出店し、さらなる成長への足掛かりをつかんだ。難波、梅田、神戸と国内で実店舗を次々と出店する一方で、2014年9月にはシンガポールに現地法人GALLERY RARE Pte.Ltd. (完全子会社) を設立し、翌年7月にギャラリーレアシンガポール オーチャード店をオープンするに至った。また、2014年12月にはオークション事業もスタートし、事業の3本柱を確立するに至っている。

191170代表の太田氏
両親が営んでいた太田商会を中学生の頃から手伝い始め、就職後にIT武装することで現在のような会社にまで発展をさせた。
191167銀座本店の出店が成功し、商品がより潤沢に確保できるようになると売り上げが急激に伸びた。2014年9月にはシンガポールに現地法人GALLERY RARE Pte.Ltd. を設立している。
191180

Web系、IT系の人材にも事業会社で働く選択肢を持って欲しい

「外部の人材を採用して、若い人が活躍できる環境を作りたい。それが家族経営から法人へ移行した際の思いです。家業を継ぐ前に実践を積む場としてベンチャー企業を選んだのも、そのような思いがあったからです」。(太田氏)

現在、同社の従業員数は約90名。急成長を遂げ始めた2013年頃に比べると、2倍以上の規模だ。創業間もない時期に、太田氏が集めてきた各分野のエキスパートたちを軸としつつ、現場では20代後半から30代前半の世代を中心とする社員たちが活躍する会社が実現している。

会社が急成長を遂げる中、太田氏が特に意識し始めたことが事業の永続性だ。そのために上場も見据えた体制整備に取り組んでいる。
「事業を永続するためには、個人の力に依拠した会社経営から移行する必要があります。私がいつ辞めても組織や事業が回り続ける体制を作っていきたい。そのためには、積極的に先頭に立ちたいという意欲を持った人材を育てる必要があります。パブリックカンパニーとなることで、そのような人材が育つ環境を整備していきたいと考えています」。(太田氏)

だからこそ、現場にはできるだけ口出しをしない。会議に出席する時もオブザーバーとしての立場を貫く。その甲斐あって、社内ではお互いに自由にものが言える雰囲気が定着してきた。「最近は、若い社員にも対等に言い返される」と、太田氏は顔をほころばせる。

一方で譲れない方針もある。“One for all, all for one”。これは同社が一貫して掲げてきた行動指針であり、この指針に基づいて組織で行動できる人材が尊重される企業風土を育んできた。今後の採用においても、特に重視するポイントだ。

2017年4月、ギャラリーレア社は、社内にマーケティング部を立ち上げた。オムニチャネル化をより進めるとともに、業容が拡大するにつれて生まれる部署間の壁を取り除くことが目的だ。これから採用するIT系、Web系の人材もマーケティング部に所属することになる。

同社のような事業会社でWebマーケティングやWeb制作に携わる魅力は、一貫したゴールを目指して最初から最後まで責任を持ってモノ作りに携われることである。
「Web系、IT系の職種の方にも事業会社で働く選択肢があることを知って欲しい。時代ごとの顧客ニーズに合ったものを皆で作り上げ、それがどう認知され、どう使われるかを最後まで見届けられることが弊社で働く魅力です。私自身がWebデザイナー出身ということもあり、WebやITには集中投資して事業を拡大していく考えです」。(太田氏)

長期的には現行事業だけではなく、自社の強みを生かしてさまざまな事業にも投資する考えもある。事実、中古家電や中古家具からスタートして、時代の変化に合わせて扱う商材を変えてきたのがギャラリーレア社だ。受託の制作会社では実現できない企画や野望を持った人材には、力を発揮できるチャンスが広がる会社である。

191174同社の従業員数は約90名。急成長を遂げ始めた2013年頃に比べると、2倍以上の規模だ。創業間もない時期に、太田氏が集めてきた各分野のエキスパートたちを軸としつつ、現場では20代後半から30代前半の世代を中心とする社員たちが活躍する会社が実現している。
191166同社のような事業会社でWebマーケティングやWeb制作に携わる魅力は、一貫したゴールを目指して最初から最後まで責任を持ってモノ作りに携われることである。
191179

株式会社 ギャラリーレアに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ギャラリーレアに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ギャラリーレア
業界 商社(卸売)・流通・小売り系 >  その他商社・流通・小売系
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場を目指す
資本金 9883万円
売上(3年分)
2017年 2月 期 2016年 2月 期 2015年 月 期
66億4,700万円 66億3,100万円 53億7,700万円
設立年月 2004年03月
代表者氏名 代表取締役社長 太田 延彰
事業内容 海外ブランド衣料雑貨、服飾雑貨の輸入及び販売
上記品目の古物の売買業
従業員数 104人
本社所在地 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1丁目7番4号マルイト南堀江パロスビル6F
191157

株式会社 ギャラリーレア資本金9883万円設立年月日2004年03月従業員数104人

高級ブランド品売買にWebを積極活用。ブランディング、認知拡大で海外進出!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 10
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×