お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

creative box' 'iOSアプリエンジニア'の転職/求人情報

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる
178889

株式会社 creative box

『GIFMAGAZINE』を通じて、GIFの可能性を追求し、新たな市場、新たな職業の創出に挑む!

iOSアプリエンジニア

【Webエンジニア】自社内開発◎2人目のエンジニアとして企画からインフラまで幅広く経験できる!あなたの企画やアイディアを実装可能!

ミレニアル世代の瞬間エンターテイメントを提供する、日本最大級のGIFプラットフォーム『GIFMAGAZINE』を開発・運営!

最近、GIFアニメの人気がじわじわと上がってきている。人によっては20~30年前に流行った記憶で止まっているかもしれないが、2010年頃からスマホなどモバイルデバイス上のオンライン・コミュニケーションツールとして再び脚光を浴びつつあるのだ。

「OSやデバイス、ブラウザによらず配信できる利便性やiPhoneによるFlash排除などをきっかけに、2011年を境に注目度が高まってきています。2012年にはアメリカの流行語大賞をGIFが受賞するなど、短時間でサクッと見られる爆発力あるコンテンツとして、急速に広がりつつあるのです」こう語るのは、日本最大級のGIFアニメ共有コミュニティ『GIFMAGAZINE』を開発、運営している株式会社creative box代表取締役社長の大野 謙介氏だ。

『GIFMAGAZINE』では、GIFアニメの投稿・検索・共有ができ、映像作家やアニメーター、イラストレーター、漫画家、カメラマンなど、さまざまなクリエイターが、月5万本ものGIF作品を投稿。その視聴回数は月1億6000万回に達している。しかも、この数字は前年の3.5倍という伸び率を示しており、「2017年度末、10億回という目標も超えそうな勢い」なのだそうだ。

「小さい頃から面白いこと、楽しいことが好きで、それがどのように広がっていくのか、よく考えていました。その手段としてのコミュニケーションにも興味を持つようになったんです。最初は対面での対話しか方法がなかったものが、手紙、固定電話、携帯電話、ネット、スマホと技術の進歩とともに距離や速さ、情報量の壁を超えてきました。この流れから考えると、次は動画がコミュニケーションツールとして定着するだろうと思っていたのです。スマホを持っていれば、誰もが手軽に動画を撮れる時代ですからね。しかし、それほど日常的に10秒~15秒の動画を送り合うことはなかった。ただし、一方でコミュニケーションの中に日常的に入り込んだ動画もありました。それが動く絵文字だったのです。超短尺で、ループし、クリックレスで再生される動く絵文字のような体験こそが、自然にコミュニケーションの中に入り込める次なるコンテンツだ、と。その最適な表現方法がGIFアニメで、その可能性や面白さに気づいたとき、『GIFMAGAZINE』をつくろうと考えました」(大野氏)

178901同社は、日本最大級のGIFプラットフォーム『GIFMAGAZINE』を開発、運営している。
178903代表取締役社長 大野 謙介氏
179024

GIFクリエイターという新しい職業を生み出したい。

株式会社creative boxのビジネスには、大きく2つの収益源がある。一つは、『GIFMAGAZINE』上の広告配信で、もう一つがGIFコンテンツのトップクリエイターと一緒に制作するプロモーションの制作費収入だ。

実は、2016年、サッカーのJ1でもっともバズらせることに成功したプロモーションが、川崎フロンターレがエイプリルフールに配信したGIF作品であり、これは『GIFMAGAZINE』に作品を投稿しているトップクリエイターとcreative boxのコラボレーションによって生み出されたものだった。同社とクリエイターが共に手掛けるコンテンツのクオリティは数々の大手企業にも認められており、ローソンやパナソニック、エイベックス、KADOKAWAなどのGIFアニメもGIFMAGAZINEで配信されているプロモーションされている。

「現状、GIFコンテンツをプロモーションに活用したいと企業が考えた際、問い合わせ先となるのは数多くのトップクリエイターとコネクションを持つ当社くらいのもの。そのため、制作依頼をいただいているわけですが、当社が目指しているのは、決して制作プロダクションではありませんし、クラウドソーシングでもないのです」(大野氏)

creative boxが目指す世界、それは『GIFMAGAZINE』を通じて「ミレニアル世代の瞬間エンターテイメントを提供する」ことだ。「スマホ特化の次世代動画コンテンツ」を配信し、「1秒で気になる。2秒で感じる。3秒で楽しい。」そんなモバイル体験に挑戦している。『GIFMAGAZINE』はGIFクリエイターが自身の作品を表現する場であり、瞬間コンテンツを視聴する場であり、興味を持ち始めたばかり人がGIF作品と出合う場でもある。そんな人たちの数や交流が増えていくほどメディアとしての価値は高まり、企業にとっては広告配信先としての魅力が増していくことになる。結果、「『GIFMAGAZINE』という場でクオリティの高いGIF作品によってプロモーションを展開したいというニーズが生まれ、その制作を手掛けるGIFクリエイターという新しい職業が生まれれば、素晴らしい」ことだと大野氏は語る。

「GIF作品は、面白く、楽しいもので、POPカルチャーの一つとして成立することもできるし、日常的なコミュニケーションに自然と入り込める新たなツールとしての可能性も秘めている。こんなGIFという魅力あるコンテンツを『GIFMAGAZINE』をフックに、世の中に浸透させていきたい。そのために、『GIFMAGAZINE』のメディアとしての価値をもっともっと高めていく必要があると感じています」(大野氏)

179020数々の大手企業にも認められており、ローソンやパナソニック、エイベックス、KADOKAWAなどのGIFアニメを使ったプロモーションにも携わっている。
178896creative boxが目指す世界、それは『GIFMAGAZINE』を「アジアの新しいモバイルメディアへ育てていく」ことだ。
178909

ネットサービスの新たな市場を 一緒につくりませんか

明確な想いを持って事業を展開しているcreative boxだけに、社員にも同社に身をおくことの意味を考えてほしいという。

「私は、社員が自分の人生の1分、1秒を費やすに値する会社にしたいと思っています。私自身、GIFという大きなテーマに出会い、生き甲斐を持って取り組んでいるので、一緒に働く仲間にもそうであってほしい。だから、『なぜ、creative boxで働くのか』『なぜ、私や多くのクリエイターと一緒に仕事をするのか』『なぜ、GIFMAGAZINEに関わるのか』――この会社で、この事業に携わる必然性を自分の人生の中で描いてほしいと思っています」(大野氏)

同社の門を叩こうと思う人も、某かの考えを持って来てもらいたいと大野氏は続ける。
「働く意味が明確に描ききれていなくても構いません。何度かの面談を通して徹底的に話し合う中で、一緒に見出せた人もいますから。こういった想いや意識についてお互い、正直に話し合う過程で、当社の考えに合っているのか違うのかということも見えてくるはず。その上で、共感を得られた人と一緒に働きたいと思っています」

同社は、2013年に設立されたばかりで、会社が社員を教育していくというよりも、社員たち自身がつくりあげていくフェーズにあるため、社外のセミナーなどを受けたいと希望すれば会社として応える用意はあるが、育成についてはOJTが基本となっている。だから、しっかり育ててもらえる安心感を求めているなら、他を探したほうがいいだろう。それよりも、さまざまなサービスが存在し、新しいものといえば、隙間をつくようなニッチな領域を狙うしかなくなりつつあるネットの世界で、「モバイル×ショートムービー」という大きな粒感の新市場を立ち上げる醍醐味を味わいたい人を求めている。

「そんなギャンブルをしてみたいとは思いませんか? もし、そう思うなら、この領域で先頭を走り、ノウハウの蓄積もある当社の話を一度聞いてみてください。ここに挑戦できるのは、creative boxだけですから」(大野氏)

1788992013年に設立されたばかりの同社。一人ひとりが会社を創るコアメンバーとなる。
178890GIFという大きなテーマに出会い、生き甲斐を持って取り組んでいるメンバーが集まっている。
178911

株式会社 creative boxに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 creative boxに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 creative box
業界 IT・通信・インターネット系 >  インターネット関連
IT・通信・インターネット系 >  モバイル関連
IT・通信・インターネット系 >  その他IT・通信・インターネット系
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 1億2,140万円
設立年月 2013年07月
代表者氏名 代表取締役社長 大野 謙介
事業内容 『GIFMAGAZINE』の運営(日本最大級のGIFプラットフォーム)
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 15人
本社所在地 東京都中央区銀座1丁目20-14 KDX銀座一丁目ビル 1F
応募フォームへ
178889

株式会社 creative box資本金1億2,140万円設立年月日2013年07月従業員数15人

『GIFMAGAZINE』を通じて、GIFの可能性を追求し、新たな市場、新たな職業の創出に挑む!

この企業が募集している求人

178906
【営業マネージャー】大手VCから調達完了!リクルート出身の代表が立ち上げた会社でコアメンバー募集!
営業マネージャー

自社サービスの『GIFMAGAZINE』の開発・運営をしております。 広告代理店やナショナルクライアントに対し、自社サービスを活用したタイアップ広告の提案を行う部隊の立ち上げをお任せします。 【具体的には】 ■営業戦略の立案 ■商品企画 ■クライアントへの提案 ■チームメンバーの採用等 【やりがい】 責任者として、ゼロから「事業を創る」経験を積むことが可能です。 新...

178896
【営業】月間1.5億回再生の映像コミュニティの営業部門を担当!
営業

自社サービスの『GIFMAGAZINE』の開発・運営をしております。 広告代理店やナショナルクライアントに対し、自社サービスを活用したタイアップ広告の提案を行う部隊の立ち上げをお任せします。 【具体的には】 ■営業戦略の立案 ■商品企画 ■クライアントへの提案 ■チームメンバーの採用等 【やりがい】 責任者として、ゼロから「事業を創る」経験を積むことが可能です。 新...

178890
【Webエンジニア】自社内開発◎2人目のエンジニアとして企画からインフラまで幅広く経験できる!あなたの企画やアイディアを実装可能!
Webエンジニア

自社サービスの『GIFMAGAZINE』の開発全般をお願いします。 フロントからインフラの企画・設計・実装・テストまで臨機応変に担当していただきます。 また、チームで開発する環境を整えるところなども一緒に作り上げていきます。 【具体的には】 ■GIFMAGAZINEの機能の企画と開発 ■ツールやメーカーの作成 【開発環境】 言語はJavascript,Ruby,Pyth...

178896
【制作部門責任者(プロデューサー)】月間1.5億回再生の映像コミュニティ運営を担当!
制作部門責任者(プロデューサー)

自社サービスの『GIFMAGAZINE』を運営しております。 クライアントのニーズに合わせたコンテンツの制作に携わっていただきます。 クライアント先に自ら赴き、制作の知識を元に直接クライアント担当者とやり取りしていただくことも多いです。 【具体的には】 ■クライアント(社内外)のニーズに合わせたコンテンツ制作 ■クライアント・クリエイター間のコーディネート ■クリエイターの獲...

残り2求人をみる
Bnr_sp354
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる