お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ベイクルーズの企業情報

173371

株式会社 ベイクルーズ

30以上のブランドを保有するアパレル会社!自社運営のEC事業で会社の発展を後押し!

全国におよそ320店舗、従業員数も3,900名を数えるグループ企業!自社ECサイトを運営!

「ジャーナルスタンダード」や「イエナ」など、30以上のアパレルブランドを保有し、全国におよそ320店舗、従業員数も3,900名を数えるグループ企業の株式会社ベイクルーズ。近年、EC事業が好調な発展を続けている成長戦略にも注目が集まり、“アパレル×IT”の可能性を示唆している。

同社で自社ECサイトが立ち上げられたのは2007年のこと。ECを運営する10名前後の専任チームとして発足されたが、カンパニー制による組織づくりが行われていたため、ブランドごとでECに対する認識も大きく異なり、タテ組織にヨコ串を通すかのような大きな変革とともに2011年に独立したITの事業部が発足した。

競合するアパレルの会社の多くは、インターネットに関する事業は外部に委託するケースが主流だったが、社内のインフラ整備から自社ECサイトの開発運営など全てを内製化させてきたのが同社の強み。「洋服が好き」「ライフスタイルにこだわりがある」という思いを持ったパートナー(社員)全員がお客様一人ひとりに共感をもたらす自社ECサイトを育んできた。

ITに関わる事業部のパートナーは現在では100名を数え、うち20数名が開発、制作(UI・UX)、企画・運営に携わり会社の売上げを牽引する自社ECの開発に専念している。EC事業の売上げはグループ全体の23%を占め、業界第2位の215億円まで拡大している。自社ECの売上げだけを見ても100億円を超えている企業は少なく、ブランドとお客様、企業とお客様をつなぐ接点としてスマートフォンやデバイスを介したサービスは会社全体の今後を担う最重要課題のひとつとして位置づけられている。

またアパレルブランドだけではなく、飲食店やフィットネスクラブ、家具・雑貨を扱う専門店など生活に密着したライフスタイルに関するリソースを併せ持っているのも特徴で、オムニチャネルの推進により、さらなる発展が見込まれている。

173393「ジャーナルスタンダード」や「イエナ」など、30以上のアパレルブランドを保有し、全国におよそ320店舗、従業員数も3,900名を数える。
173378EC事業の売上げはグループ全体の23%を占め、業界第2位の215億円まで拡大している。
173397

EC事業のさらなる推進を目指して、自社ECサイトをリニューアル!

自社ECとして2007年にリリースされた「スタイルクルーズ」が、2016年11月に「ベイクルーズストア」としてサイト名の変更とともにリニューアルされた。会社名イコールブランド名として認知されている競合他社があるなかで、30以上ものブランドを保有する企業の魅力をより分かりやすく伝えるための取り組みだった。

また、「サイズが無い」「好みの色が無い」といったアパレルが抱える一番の課題でもある機会損失の解消をはかるために店舗とECとで在庫情報を一元管理したり、高精度のパーソナライズ機能を採用することにより、閲覧履歴や購入履歴、居住地域等、数十種類のシナリオから一人ひとりに最適な情報配信が行われるような“オムニチャネル”に対応したサービスにも着手した。

ブランドごとにバラバラだった人材をひとつの組織にまとめ、目的や戦略が一本のベクトルとして共有されたことが会社全体のEC事業を後押しすることにもつながり、「やったら確実に売上げが伸びる」という成功体験とともに組織がまとまり、会社の売上げを牽引するのに欠かせない事業部のひとつとして今日に至っている。

“異動希望制度”を利用してIT事業部に異動を希望するパートナー(社員)も多く、“成長している分野で仕事がしたい”“新しいことにチャレンジしたい”と、ブランドの中ではむしろマイノリティだったインターネットに関わる仕事が、今では会社内でもっとも注目を集めているというのも興味深い。

あらゆる企業がITやインターネットと関わらないで事業を運営していくことは既に成り立たない時代において、外部の開発会社に委託せず自分たちで開発から運営、人材育成まで行っていこうといち早く取り組んできたベイクルーズの“アパレル×IT”に対する明確なビジョンが伺える。

現在、開発に携わるエンジニアも70名で運営するEC事業も、全てのセクションにおいて人材が不足しているため、「洋服が好き」「ライフスタイルにこだわりがある」方で、なおかつ事業会社で精力的に仕事に関わっていきたい人にとってはやりがいのある職場だろう。

173376「サイズが無い」「好みの色が無い」といったアパレルが抱える一番の課題でもある機会損失の解消をはかるために店舗とECとで在庫情報を一元管理したり、高精度のパーソナライズ機能を採用している。
173386オフィス風景
174571

“アパレル×IT”の今後を担う“オムニチャネル”を推進!

“アパレル×IT”の今後を担う“オムニチャネル”を推進するにあたって、ベイクルーズでは“4つの統合”を方針として掲げ着実な取り組みを行っている。

1つ目は、店舗と自社ECとで別々だった会員データベースを統合し、共通の会員IDを発行したこと。2つ目は店舗と倉庫、EC倉庫の3つに分かれていた在庫を物理的にひとつにまとめ、10秒単位で更新されるデータベースで一元管理することにより、「サイズが無い」「好みの色が無い」といった機会損失の課題も解消。3つ目は、店舗やブランドごとにバラバラだった会員サービスを統合させ、購入金額によるポイントの付与や会員ステージ(ゴールド、シルバーなど)に応じたクーポンの発行なども的確に行えるようになった。そして4つ目の統合として現在進められているのが“コミュニケーションの統合”だ。高精度のパーソナライズ機能を採用することにより、閲覧履歴や購入履歴、居住地域等、数十種類のシナリオから一人ひとりに最適な情報配信が行われるような仕組みづくりが行われている。

また、メール、LINE、アプリなどを介してお客様が受け取りたいチャンネルの情報を提供することが求められている。特に今後はアプリの開発にも注力していく予定で、利便性や気持ちのよい体験ができる設計ができる人材を求めている。

2007年にベイクルーズに入社し、取締役としてITの事業部を成長させてきた村田 昭彦氏に求める人物像を伺ったところ、「実際にお洒落かどうかとか、特定のブランドが好きかどうかよりも、お客様に価値を届けるサービスを楽しいと感じられるかが大切ですね」と語った。

「洋服が好き」「ライフスタイルにこだわりがある」といった“好き”を仕事に生かしたい人が集まっている事業部のなかで、“アパレル×IT”に興味があってはじめてエンジニアとしてのスキルも生かせるため、IT企業でも無く、SIerの開発企業でも無く、アパレルを中心としたライフスタイルの事業会社で活躍の場があることを知っておきたい。

173374取締役 村田 昭彦氏
173380お客様に価値を届けるサービスを楽しいと感じられる人を求めている。
173400

株式会社 ベイクルーズに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ベイクルーズに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ベイクルーズ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
製造・メーカー系 >  化粧品・アパレル
設立年月 1977年07月
代表者氏名 代表取締役 窪田 祐
事業内容 ■グループの経営管理及び専門サービスの提供
■レディース・メンズのトータルファッションの企画・製造・販売
■インターネット通販の運営
■飲食の経営
■フィットネス(加圧)クラブの運営
従業員数 2117人
本社所在地 東京都渋谷区神南1-5-6
173371

株式会社 ベイクルーズ資本金設立年月日1977年07月従業員数2117人

30以上のブランドを保有するアパレル会社!自社運営のEC事業で会社の発展を後押し!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×