お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ライフイズテック 株式会社の企業情報

145573

ライフイズテック 株式会社

全ては中高生の未来のために。IT教育で子供たちの可能性を最大化!

中高生のためのIT教育プログラム「Life is Tech!」を運営!

ライフイズテック株式会社は、中高生のためのIT教育プログラム「Life is Tech!」を運営している会社だ。そのプログラム最大の特徴は、IT教育の「入り口」「中身」「出口」の全てを用意すること。具体的な取り組みと共に見ていこう。

「入り口」は学びのきっかけ作りだ。春・夏・冬の長期休暇に全国の大学で開催する合宿型授業「CAMP」がそれにあたる。参加者の8割が「初めてプログラミングをする」中高生であることから、プログラミングの教育にエンターテイメントの要素を加味している。用意されているのは、iPhoneアプリ開発コース、アニメーションコース、LINEスタンプクリエイターコースなどの17コース。学びのきっかけ作りとはいいながら、どれも「大人がそのまま使えるレベル」のスキルを身につけることができるという。

一方、プログラミングをしっかり学ぶ通学型の「SCHOOL」が、教育の中身にあたる。東京、大阪名古屋、福岡などを拠点に毎週授業を行い、1年かけてプログラミングの基礎を学ぶもの。こちらは、iPhoneアプリ開発、Androidアプリ開発、ゲームプログラミング、Webデザイン、Webサービス開発の5コース。プログラミング初心者も受講すればアプリやゲームをリリースするまでにスキルアップ。なかには7万ダウンロードを記録したアプリもあるという。

そして「出口」は中高生の進路に対するサポートだ。アプリの制作実績があればAO入試などで極めて有利になるし、同社による起業支援も積極的に行っている。同社創業メンバーであり現COOの小森勇太氏は次のように語る。

「私たちが起業したのは『教育を変えたい』からです。既存の学校教育を否定したいのではなく、むしろ素晴らしい仕組みだと思っています。しかし、今の学校教育では補えない部分がたくさんあります。例えばコミュニケーションを重要視した授業や、ITなど新しいものを学ぶ体制ができている学校はまだまだ少ないのです。私たちはビジネスで、それを補う仕組みを作りたい。それには教育の『入り口』と『中身』と『出口」に仕組みを用意する必要がありました。まだまだ小さなムーブメントですが、『入り口』、『出口』、『中身』をしっかり変えていけば、日本全国の優秀な中高生が全てライフイズテックに関わるような社会がやってくる。そのとき、本当に社会を変えるだけの力を持つと信じています」

中高生たちに直接技術を教えるのは、「メンター」と呼ばれる大学生スタッフだ。現在は500名ほどが所属している。「我々は中高生に良い教育を届けたい。そのとき中高生が『何を』学ぶかも大切ですが、『誰から』学ぶかも考える必要があります。そこで問われるのがメンターの力量。要するにイケてる人に教われば中高生が受け取るものも変わるということです」と小森氏。倍率3倍を超える採用活動を通じてメンターを厳選、その上で研修を2〜3ヶ月行うというから、徹底している。

彼らメンターはIT業界における即戦力候補でもある。というのも、すでにIT業界では「ライフイズテックで働いていた」という経歴が1つのステイタス。彼らの多くが大学卒業後、大手IT企業に就職していくのだという。「人に教えられるだけの技術力があり、子供たちの教育をマネジメントするだけのコミュニケーションスキルがある。さらにいえば教育という『善なる活動』をしているだけに、良い人が多い。彼らは企業が欲しがる条件を備えているんです」(小森氏)

143449中高生のためのIT教育プログラム「Life is Tech!」を運営している同社。
143445
143438

ディズニーとのコラボ教材を開発&アメリカに子会社設立。拡大は止まらない!

2011年のサービス開始以来、「CAMP」と「SCHOOL」にはのべ4万人の中高生が参加。「最初のCAMPは7名ぐらいしかいなかった」と述懐する小森氏だが、わずか8年でここまで成長するに至った理由はどこにあるのか。

「1つには、誰もやったことのない新しいサービスだったこと。それでいて説明すれば5秒で『いいね!』と思ってもらえるわかりやすさがあります。野球にはリトルリーグから甲子園、プロ野球と学ぶ場所と活躍する場所があるのに、ITにはそれがない。だから中高生がITを学び、活躍する場所として『Life is Tech!』を作ったのです。内容だってわかりやすい。私たち創業メンバーはプログラミングができません。そのため必然的に、プログラミングが初めての中高生でも参加しやすいコンテンツ作り、場作りができたのだと思います」(小森氏)。

「CAMP」と「SCHOOL」を通じて、リアルな場でのIT教育については確かな実績とノウハウを積み上げてきた同社。新たに力を入れているのがオンライン教育だ。2018年、オンライン型プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を開発。地域を問わず、中学生・高校生に質の高いIT教育を提供したいと考え、ウォルト・ディズニー・ジャパンの協力を得てリリースした。

「プログラミングは英語と同じく誰でも学ぶべき最低限のスキル」(小森氏)その障害となる地域格差や経済格差をオンライン教育が解消すると期待される。

「教育において最も重要なのは中高生のモチベーションづくり。リアルの場なら可能なのですが、これまでオンラインでは難しいと思っていました」と小森氏。事実、ネット上にはすでに無料の教育コンテンツがあるが、多くの中高生はやろうとしないし、わからないから挫折していくのだという。しかしゲームならそれを解決できるのではないか、と同社は考えたのだ。

すでにシンガポールでは法人を立ち上げ、日本と同じスキームでCAMPを実施。シンガポール国立大学の学生がメンターになり、中高生にプログラミングを教えた。海外展開も始まり、2019年にはアメリカに子会社も設立。「テクノロジア魔法学校」を英語版に変更し、アメリカ向けに展開していく予定だ。日本発のプロダクトを海外に展開するという、大きなチャレンジに向けて動き出している。

「アメリカにもIT教育のスクールやサマーキャンプがあると聞きますが、『入り口』、『中身』、『出口』と一貫したプログラムを考えているのは我々だけ。オフライン教育とオンライン教育の両輪で、このメソッドを世界に広めていきたいし、広められると信じています」(小森氏)。

143440
143444
142888

目指すは、漫画「ワンピース」のようなチームワーク。

同社の社員は現在約50人。「開発」、「ブランディング」、「営業」そしてCAMPやSCHOOL、メンター育成に携わる「サービス」の4ブロックをバックオフィスが支える構成だ。同社の水野代表は「漫画『ワンピース』のようなチームを目指す」と公言している。その心はどこにあるのか。

「それぞれできることが明確に違い、誰が偉いということもありません。代表の水野にしても得意なこと苦手なことがあり、トップダウンの経営ではない。『ワンピース』も同じじゃないですか。ルフィが船長、航海士がナミで、コックがサンジ。バラバラの特性を持った人間がそれぞれ1つの目的のためにパフォーマンスを発揮する。それがいいなと思っています。当社で言えば、『中高生に良い教育を届ける』ために、各界のトッププレイヤーで本気になって『Life is Tech!』に関わる。『中高生向けだからこの程度でいいだろう』という意識は一切ありません」(小森氏)

メンバーのバックグラウンドも多彩だ。今も東大に在籍し教育学を専攻する者もいれば、元ゴールドマンサックス、元ボストンコンサルティング、元博報堂、元アマゾン、元ソフトバンク、元教師、プロのデザイナーや映像作家もいる。しかし教育に対する興味と熱意で共通している。

「教育に興味を持つ人のなかには、従来通りの教育をしっかりやりたい、先生になりたいという人もいれば、新しい教育のしくみを作りたい人もいますが、当社に多いのは後者です。しかもどうやって教育の問題を解決していくか、本質的なところを考えている。その点、当社は新しいことをやりながらもちゃんとビジネスになっている会社。思いと実行が伴い、かつ新しいやり方を模索しています。こういう会社は少ない。だからこれだけのメンバーがコミットしてくれるのだと思いますね」(小森氏)

そのような同社において求められる人材像とはどのようなものか。小森氏は「中高生を相手にするからには第一印象のさわやかさが必要」としながら「外向きのベクトル」を重要視するという。

「自分の成長だけを考えて転職してくる人もいますが、そういう人は合わないと思います。もちろん経験やスキルも高い水準を求めていますが、それを教育に還元したい、自らの経験を教育に生かしたらこんなに面白いことができる、そういった思考を持つ人に来ていただきたいですね」(小森氏)

142873
142872
143442

ライフイズテック 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ライフイズテック 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ライフイズテック 株式会社
業界 サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
資本金 1億6,845万円
設立年月 2010年07月
代表者氏名 代表取締役CEO 水野 雄介
事業内容 プログラミング・IT教育キャンプ/スクール「Life is Tech !(ライフイズテック)」の企画・運営
女性向けプログラム「CodeGirls(コードガールズ)」の企画・運営
教員向けサービス「Tech for Teachers(テックフォーティーチャーズ)」の企画・運営
アントレプレナーシップ教育プログラム「Be Startup(ビースタートアップ)」の企画・運営
ワークショップ・イベントの企画・運営事業
人材紹介業(有料職業紹介事業 許可番号 13-ユ-307274 )
旅行業(東京都知事登録旅行業 第2-6902号)
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 非公開
主要取引先 一般個人、KDDI株式会社、株式会社サイバーエージェント、アドビシステムズ株式会社、日本マイクロソフト株式会社、グーグル株式会社、デジタルハリウッド株式会社、株式会社ドワンゴ、クックパッド株式会社、ソフトバンク株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー、ヤフー株式会社、株式会社D2C、吉本興業株式会社、株式会社リクルートホールディングス、KCJ GROUP株式会社、株式会社スクウェア・エニックス、株式会社ミクシィ、ドワンゴ株式会社、株式会社コロプラ ほか(順不同)
従業員数 48人
平均年齢 30.4歳
本社所在地 東京都港区南麻布2-12-3 南麻布ビル1F
145573

ライフイズテック 株式会社資本金1億6,845万円設立年月日2010年07月従業員数48人

全ては中高生の未来のために。IT教育で子供たちの可能性を最大化!

この企業が募集している求人

×