お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

兼松グランクス 株式会社の企業情報

133250

兼松グランクス 株式会社

メガヒットアプリ「Clipbox」を手がける急成長企業――ベンチャースピリッツを貫き、新たな挑戦を続ける!

ダウンロード数2000万超のメガヒットアプリ「Clipbox」を手がけるデジタルメディア・コンテンツ開発企業

大手総合商社兼松株式会社のグループ会社で、モバイルインターネット分野の戦略子会社として設立された兼松グランクス株式会社。
現在同社は、メディア事業とコンテンツ事業の2本柱を主軸として、事業を展開している。

メディア事業では、ニュースアプリ・カメラアプリなど、iOS・Android向けに無料のスマートフォンアプリを提供。なかでも動画・音楽・ドキュメントなど様々なファイル形式を保存できるユーティリティアプリ「Clipbox」は口コミだけでユーザー数を伸ばし続けており、App Storeランキングの総合部門1位の実績を持つ。ノンプロモーションでありながら、アプリの累計ダウンロード数は2000万を超えているという同社。これは国内でも有数の規模であり、広告モデルでの安定した収益基盤を作り上げている。

もうひとつの柱であるコンテンツ事業においては、電子書籍コンテンツの流通・制作、動画コンテンツの流通・システム提供、スマートフォン向けゲームの企画・開発など、多彩なサービスを展開。
電子書籍を配信するために必要な機能を一括して提供し、手軽に低コストで電子書籍サービスを始めることができる「Bookサポーター」や、スマートフォンに最適化した動画コンテンツを配信する仕組みを提供する「Movieサポーター」、スマートフォン向けソーシャルゲーム構築支援システム「Gameサポーター」など、様々なコンテンツの企画・開発から運用までを幅広くサポートし、数多くの実績を積み重ねている。
また、自社運営のオリジナルゲームブランド「2Reality.(ダブルリアリティ)」からリリースされているスマートフォン向け恋愛ゲームも、豪華声優陣の起用などで大きな話題を呼んでいる。

その他、企業向け営業ツールやカタログなどのBtoBアプリ開発、ホームページ・ECサイトの開発や大規模なプラットフォーム構築まで、幅広いジャンルの開発実績を持つ同社。テレビ局や大手出版社などの有名クライアントを中心に厚い信頼を獲得している。

スマートフォンの普及が進み、モバイルインターネットサービスへの期待が高まるなか、最も勢いのある市場で確固たるポジションを築き上げている同社。今後のさらなる成長が期待される。

133262
133261
133256

大手総合商社グループの安定基盤とベンチャースピリッツで急成長を続けてきた実力派!

会社の設立は2006年だが、母体である兼松コミュニケーションズ社において、モバイルインターネットの黎明期からモバイルコンテンツ事業に携わってきた同社。変動の激しい業界で、15年以上にわたって着実に業績を伸ばし続けてきた要因はどこにあるのだろうか。

営業本部・副本部長の仙太和範氏は次のように語る。
「当社は、i-modeやEZwebが世の中に登場したばかりの頃、それこそフィーチャーフォンが白黒液晶だった時代からモバイルコンテンツサービスの立ち上げなどに取り組んできました。長年にわたって積み重ねた実績や経験はひとつの強みだと思いますが、常に新たなことにチャレンジしてきた姿勢こそが、クライアントやユーザーの皆様からご評価いただいているポイントだと考えています。
モバイルインターネットビジネスの業界の流れは非常に速く、新規事業をつくり続けていかなければなりません。当社もこれまでに様々な事業を手がけ、結果的に多岐にわたるサービスを展開していますが、成功するものは一握りです。また、成功したとしても数年で縮小してしまうこともあるので、常に新しいものを生み出していくことが重要だと考えています」

時流を読み、臨機応変に新たな事業に挑戦し、競争の激しい業界で成長を続けてきた同社。今後も、メディア事業・コンテンツ事業の二つの柱に軸足を置きつつ、新たな挑戦を続けていく構えだ。

例えばメディア事業では、国内で圧倒的に大きなユーザー基盤を持つ「Clipbox」の海外版が2015年6月にリリースされており、今後の本格的な海外展開を予定している。コンテンツ事業においても、ゲームコンテンツの海外展開を視野に入れているという。また、同社は、経産省と総務省によって2015年10月に設立された「IoT推進コンソーシアム」に加盟。情報収集をしながら、他社との協業で同社の持つ技術力を生かしたIoTサービスを検討しているところだ。

「既存のサービスのブラッシュアップや、さらなるコンテンツの充実はもちろんのこと、今後伸びるだろうと予想される分野にも積極的に挑戦していきたい」と仙太氏。これまでにも、ARを活用したアプリなど、最先端の技術を取り入れた開発を積極的に行ってきた同社。VRや人工知能など様々な技術が急速に発展しつつある今、同社の今後の展開にも期待が高まる。

スタートアップの企業が多い業界において、大手総合商社グループの安定した基盤とバックボーンを持ちながらも、ベンチャースピリッツをもって常に様々な事業に挑戦し続けている同社。事業拡大にともない、新たに技術部を設けるなど、現在さらなる開発体制の強化を図っている。

133273
133284
133252

風通しの良い自由な開発環境と、ワークライフバランスのとれた働き方が魅力!

2000万ダウンロードを超える実績を持つ「Clipbox」を中心に、数多くのユーザーからのフィードバックをもとに開発を進めている同社。メガヒットアプリのさらなるブランディング強化の戦力となってキャリアを積むことができるのは、同社で働くエンジニアにとって大きなやりがいとなっているという。また、意思決定も早く、ベンチャーならではのスピード感のなかで新規のアプリ開発にも積極的に取り組んでいる同社では、新しい技術や最先端のコンテンツに触れる機会も多く、サービスの企画段階から参加するチャンスがあるのも大きな魅力だ。

開発部門を統括する技術部・部長の柳英一氏は次のように語る。
「当社は歴史ある上場企業のグループ会社ですが、ベンチャースピリッツがいかんなく発揮された自由な社風が最大の特徴です。風通しの良い開発体制が整っており、自由に意見を提案しやすい環境となっています。しっかりと固まった企画書をもとに開発を進めるというよりは、ユーザのニーズにあわせて試行錯誤を繰り返しながら作り上げていくことが多いので、エンジニアのアイデアが反映される機会も多いです。実際に、ディレクターとエンジニアのふたりで企画したアプリも世に出ています。ただ言われたものを作るだけではなく、発想力と企画力、技術者としての能力をフルに生かして、『Clipbox』に続くヒットを生み出していただければと思っています」

社員一人ひとりが持つ力を最大限まで引き出せるように、心身ともに充実して働ける環境づくりにも注力している同社。残業時間は月平均30時間、1日2時間未満に抑えられており、多くの社員が19時台には退社しているという。休日出勤もほぼなく、ワークライフバランスのとれた働き方ができるのも魅力のひとつだ。
「ものづくりを続けていくためには、ある程度の余裕が必要です。当社は、自分で勉強したりリフレッシュしたりできる時間も取りながら、しっかり仕事もできる環境だと思います」と仙太氏は語る。
半期ごとのキックオフ会や新年会、忘年会など、社内イベントも定期的に実施されており、年に一度は社員全員で海外旅行にも行っているという同社。社員同士の仲が良く、常にわきあいあいとした雰囲気で、非常に働きやすい職場である。

仙太氏は最後に次のようなメッセージをくれた。
「世界的に見るとスマートフォンの本格的な普及はまだまだこれからで、モバイルインターネットビジネスの業界にはチャンスがたくさん転がっています。我々は、メディア事業とコンテンツ事業にフォーカスして、世界に打って出るようなサービスを本気でつくっていきたいと考えています。そのためには、外部の開発者ではなく、ともに切磋琢磨しながら手を動かしてものづくりを進める仲間の存在が大切だと考えています。技術部を立ち上げてまだ間もないので、制度の面や環境づくりの部分でもまだまだできることが多くあります。いろいろな意見を積極的に提案し、ともに会社の成長を支えてくれる方のご参画を心よりお待ちしております」

これまでの経験やスキル、自分の発想を生かして、新たなステージで大きな目標に向かってチャレンジしていきたいという方は、是非同社の環境に飛び込んでみてはいかがだろうか。

133289
133286
133254

兼松グランクス 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、兼松グランクス 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 兼松グランクス 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
  • 残業少なめ
資本金 4億4000万円
設立年月 2006年07月
代表者氏名 代表取締役社長 冨永 浩司
事業内容 【エンターテインメント】
・書籍/ゲーム/動画コンテンツ配信エンジンを活用したサービス開発
・エンターテインメント関連サービス運営
・グラフィック・イラスト製作
・電子書籍・動画コンテンツ取次

【IoT】
・IoT/M2M関連システム・アプリケーション開発
・顧客ニーズ型の企画、開発

【メディア】
・スマートフォンアプリ運営
・Webサイト運営
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 兼松コミュニケーションズ株式会社
主要取引先 グリー株式会社
ワンダープラネット株式会社
株式会社ドリコム
エイベックス・マネジメント株式会社
ディライトワークス株式会社
株式会社TSUTAYA
株式会社TBSテレビ
株式会社DMM.com
ヤフー株式会社
株式会社アドウェイズ
株式会社ファンコミュニケーションズ
株式会社アイモバイル
Apple,Inc.
Google,Inc.
Twitter,Inc.
Facebook,Inc. 他
従業員数 70人
本社所在地 東京都新宿区大久保2丁目4番12号 新宿ラムダックスビル2階
133250

兼松グランクス 株式会社資本金4億4000万円設立年月日2006年07月従業員数70人

メガヒットアプリ「Clipbox」を手がける急成長企業――ベンチャースピリッツを貫き、新たな挑戦を続ける!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×