お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アイアール・アルトの企業情報

130009

株式会社 アイアール・アルト

“コトバとコンピュータのつなぎ目”で研究者をサポートする仕事

「自然言語処理」研究開発のサポートを手がける独立した事業会社という稀有の存在

人間が日常的に使っている言葉(自然言語)をコンピュータに処理させることを「自然言語処理」と言う。「機械翻訳」「音声合成」「音声認識」「AI(人工知能)」という技術・研究分野において、自然言語処理は大きな役割を担っている。株式会社アイアール・アルトは、この自然言語処理の研究開発をサポートしている会社である。クライアントは、NHK放送技術研究所、NTTコミュニケーション科学基礎研究所、NTTメディアインテリジェンス研究所、東京大学、国立情報学研究所、情報通信研究機構などといったトップクラスの企業や大学、国の研究機関が揃う。

同社が主に業務領域としているのは、研究・開発・実験に必要なデータを収集・作成し、整備すること。取り扱うデータの種類は、テキストデータや音声データが多いが、動画や画像を扱うこともある。

言語をコンピュータで扱う自然言語処理のシステムには、機械学習が多く使われており、機械学習を行うには、大量かつ正確な正解データが必要となる。言語の正解データを作成する作業には、プロジェクトマネージャー、言語学者、エンジニア、通訳・翻訳者、アノテータ等が、プロジェクトに応じてチームを編成し、当たっていく必要がある。

「私たちの仕事は、お客様の依頼に応じて、必要な人を集めてプロジェクトチームをつくり、データの収集や作成を行うことです」(渡部氏)

依頼主である研究者のニーズに応じて実験計画を作成・提案することや、実験で発生する大量のログの解析といった仕事も業務の一部である。

近年は、AIがブームになり、機械学習がコモディティ化していく等、言語データ作成の需要は増えていく一方であり、非常に前途有望な企業であるといえよう。

「我々と一緒にコトバのデータを作っていきたい人を求めています」と渡部氏は呼びかける。

129985
129997
129995

フラットな企業風土と、社員持株会による“自分の会社”という意識

同社の組織は、顧客に対応し、実験計画の提案や作業スタッフを集めてチームを組織し運営する「言語処理グループ」「実験管理グループ」という業務系のグループと、業務用のアプリケーションなどの開発・運用を手がける「情報システムグループ」に分かれる。

「情報システムグループ」に属するエンジニアは、基本的には、「言語処理グループ」「実験管理グループ」のメンバーから依頼を受けて業務を行う形になる。

「お客様は、常に新しい物を求めていらっしゃいますし、要望は毎回異なります。言われるがままにつくったり、既存のデータベースをただ使い回すのではなく、『もっとこうすれば効率的にできる』『こういう方法は使えないか?』などと、常により適切な方法を自ら提案し、メンバーと議論して進められる人に来てほしい」と渡部氏は期待を寄せる。

「情報システムグループ」は、まさに同社の業務を支える重要なインフラ。
「自分がこの会社を支えているというぐらいの自負やベンチャー意識を持ち、そんな環境を楽しめるような人だと嬉しいですね」(渡部氏)

渡部氏は、2013年に2代目の社長に就任したばかり(インタビュータグ参照)。同社のプロパーで、社員にとっては“仲間の中から誕生した新社長”という存在だ。そのせいか、「非常にフラットな企業風土」と渡部氏は言う。

「私自身、“これが正解!”という考えをまだ持てていません。チームリーダーもプレイングですし、手がける業務はメンバーと対等です。ですから、みんなに意見をどんどん言ってもらっていますし、いいアイデアもダメなアイデアも全部共有し、『どうすればいいかみんなで考えよう』という風土が定着していますね」

勤務体系も柔軟に“改良”中。ある社員が、「ちょっとした家族の用事のために休日出社するのは嫌」と、自宅勤務を認めてほしいと訴えた。それまで、被験者の個人情報など秘匿性の高いデータを社外に持ち出すわけにはいかないと自宅勤務は不可にしていた。「しかし、たしかに非効率です。そこで、セキュリティ性を確保する施策を講じて自宅勤務も可としました」(渡部氏)。ちなみに同社は11~15時をコアタイムとするフレックスタイム制で、業務やプライベートの都合に応じて調整することができる。社内の連絡には、Slackも活用している。

人材育成面では、人工知能学会、言語処理学会、情報処理学会という顧客のほとんどが参加する学会への社員の参加をサポート。関連書籍の購入費用も会社が負担している。

そして、特筆すべきは「社員持株会」の存在である。「もうじき50%を超えて筆頭株主になります。社員は株主総会にも出席し、会社運営への意見を言ってもらっています。社員としては、“自分たちの会社”という意識になれ、代表取締役の私としてはいい緊張感を保てる、素晴らしい制度だと思いますね」と渡部氏は強調する。

株主総会後のパーティーや期末の外部スタッフも招いてのパーティー、忘年会や納涼会など、社員が親睦を深める機会も少なくない。チームとしての“まとまりの良さ”が同社の特長の一つといえる。

129988
129983
129994

AI研究の進展で映像データや脳波データなど“非言語コミュニケーション”領域までカバー

同社は、日本アイアール社の子会社として2000年に設立された。日本アイアール社は、1973年創業の辞書編集会社。辞書を出版する大手出版社の依頼を受け、用例の作成などの編集業務を手がけてきた。また、問題集の作成や教科書の校正など“堅い”仕事を得意としている。

「30年ほど前、ある研究所から『人間の辞書がつくれるなら』と、機械翻訳の辞書の作成を頼まれたことがきっかけで自然言語処理の業務を手がけるようになりました。当時まだパソコンは普及しておらず、ワープロがようやく出回っていた頃。そんな時代から少しずつ業務の範囲を広げていきました。そして15年前、急増していたコンピュータ系の案件を専門的に担う部署を分離独立させたのが当社のスタートです」(渡部氏)。

扱うデータはもっぱらテキストの形であったが、デバイスの発達とともに音声データも扱うようになり、最近では自動運転装置や失語症患者のコミュニケーション機器のための“目の動き”などの映像データや脳波データの取得・作成まで依頼を受けることもある。

「AIの研究が進展している中、 “非言語コミュニケーション”領域までカバーするようになりました。“自然言語処理”がコアではありますが、“コミュニケーション全般”が業務フィールドに広がりましたね」と渡部氏。社員には、言語学だけでなく心理学を専攻した社員もおり、より専門性を高めたいという意見も出されている。

「あくまでも黒子に徹してですが、お客様である研究者を単にサポートするだけでなく、よりよい研究手法や環境などを提案できるように進歩していきたいと思っています」と渡部氏は力を込める。

129987
130001
129993

株式会社 アイアール・アルトに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 アイアール・アルトに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 アイアール・アルト
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
資本金 50,000,000円
設立年月 2000年07月
代表者氏名 代表取締役 渡部 恵理子
事業内容 データの収集と整備
言語の基礎的な解析
言語の高次の解析
音声データの処理
映像データの処理
実験とアンケート
システム開発
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 NTTコミュニケーション科学基礎研究所
NTTメディアインテリジェンス研究所
NTTドコモ
NTTソフトウェア株式会社
NTTアイティ株式会社
NTTアドバンステクノロジ株式会社
情報通信研究機構
国立情報学研究所
NHK放送技術研究所
北陸先端科学技術大学院大学
東京大学
東京電機大学
電気通信大学
日本女子大学
京都大学
早稲田大学
従業員数 17人
平均年齢 39.0歳
本社所在地 東京都新宿区原町3丁目61 桂ビル
130009

株式会社 アイアール・アルト資本金50,000,000円設立年月日2000年07月従業員数17人

“コトバとコンピュータのつなぎ目”で研究者をサポートする仕事

Bnr sp354 12
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×