お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 スピカの企業情報

208273

株式会社 スピカ

美容サロン経営プラットフォームの実現を目指す注目スタートアップ

1万サロンを突破。ユーザとネイルサロンをマッチングする「ネイルブック」

日本最大級のネイル情報サービス「ネイルブック」の企画・開発・運営を行う株式会社スピカ。同社は業界を代表するモバイルシステム開発企業である株式会社ゆめみからスピンアウトしたスタートアップベンチャーだ。

「ネイルブック」は2011年4月にゆめみ社の新規事業開発プロジェクトの一環としてスタートした。
サービスが生まれたきっかけについて、代表取締役の國府田勲氏は次のように語る。

「当時スマートフォンが急激に普及しはじめ、世の中の変化を強く感じました。ガラケーではテキスト主体のコミュニケーションでしたが、スマートフォンではコミュニケーションの中心が『写真』になるだろう、また情報発信の主体が企業ではなく個人になり、さらにそれによって人々の働き方も大きく変わっていくだろうということを確信しました。個人が情報発信することで人々の生活が変わるようなO2Oサービスを作りたいと考えたことがすべてのはじまりです」。

そこで生まれたのが“BtoEtoC”という独自のコンセプトだ。Eは“Employee“。つまり、従業員個人がスマホで画像などをアップしてお店の情報を発信し、集客するという考え方だ。
このモデルを実現すべく市場分析を行った結果、美容業界に大きな可能性を感じたという同社。

「女性が美容院やネイルサロンを探すときに何よりも大事にするのは、スタイリスト・ネイリストの技術力、センス、自分との相性です。ところが美容業界における情報検索サービスは広告やクーポンサイトが中心で、ユーザーがもっとも強く求めるスタイリストやネイリスト個人に関する口コミ情報はほとんどありません。まさに『働く個人』が情報を発信することが集客につながっていく分野なのではないかと思い、まずはSNSなどで写真を共有されることの多いネイル分野にターゲットを絞って事業をスタートさせることにしました」(國府田氏)。

「ネイルブック」ではネイルの写真にサロンやネイリストの口コミ情報を付与することができる。「ネイルブック」で気に入ったデザインを見つけたユーザーは口コミ情報などを参考にそのネイルサロンに足を運び、サロンでスマホの画面を見せながらデザインを注文する。

そこでサロンのネイリストは「ネイルブック」というアプリの存在とともに、ユーザーが投稿した写真にサロンの情報や口コミ情報が載せられていることを知る。ここからネイリストが自らの作品をこまめに投稿し、サロンの宣伝に活用するというサイクルにつながっていく。

この繰り返しによって、リアル店舗を中心に純粋な口コミで認知度が高まっていったという「ネイルブック」。2019年4月現在で累計ダウンロード数は200万を超え、ユーザーによって投稿されるネイル写真も380万枚を超える人気アプリへと成長した。

2014年5月にはインキュベイトファンド、ソラシード・スタートアップスを引受先として総額5,000万円の資金調達を実施した同社。2015年2月にはB Dash Venturesとグリーベンチャーズが運営するファンドを引受先として総額1億円の資金を調達し、開発体制の強化とサービスのさらなる成長を続けている。

152550代表取締役・國府田勲氏。
NTTレゾナントでポータルサイト「goo」の開発に従事した後、前職のゆめみでは開発部門長などを経て2010年に取締役就任。新規事業部門をスピンアウトして2014年スピカ設立。
112489自分にピッタリのサロンがみつかるサービスの実現を目指しています。
112516

目指すは美容業界NO.1の美容サロン経営プラットフォームの確立

「ネイルブック」が独自の価値を発揮しているのはネイリストにフォーカスしたサービス設計を行っていること、そして「無料」にこだわってサービスを提供し続けていることにある。

「それまでネイルサロンの宣伝方法といえば広告を出すか、クーポンを出すかしかありませんでした。広告出稿はお金がかかりますし、高級志向の顧客をターゲットとするプライベートサロンにとっては『クーポン』を集客手段とすることには大きな抵抗を感じます。どんなに腕が良くても、有効な集客手段を得られずに廃業してしまうネイリストも少なくありません。
ところが『ネイルブック』を使えば無料で自分のデザインブックを提供でき、自分のセンスに共感してくれる顧客を集めることができます。ユーザーも最初からネイリストを選んだうえで来店するので、自然とリピート率も高くなります。
アプリのリリース以来、多くのネイリストさんから『ネイルブックのおかげでネイリスト一本で収益をあげることができるようになった』、『廃業の危機を脱した』などの声を多くいただいており、アプリの送客効果を実感しています」(國府田氏)。

当初の”B2E2C”のねらい通り、現在「ネイルブック」に写真を投稿する8割がプロのネイリスト達。プロの作品が多く投稿されることでアプリ内の写真の質やネイルデザインの質も向上し、それによって感度の高いユーザーを集めることにも成功。投稿される口コミ情報の質や精度も高まるという好循環が生まれているという。

サービスの規模も大きくなり、マネタイズフェーズに入ったと國府田氏はいう。

「登録されているネイルサロン数も10,000店舗を超え、オンライン予約機能の提供を開始し、しっかりとした集客力がついてきました。2017年からは予約管理、顧客管理などサロン経営に必要な機能を追加し、サブスクリプションでのマネタイズを開始しました。すでに2000〜3000サロンが有料プランを契約しています。」

同社が目指すのは美容業界におけるサロン経営プラットフォームの確立だ。

ここから一気にサービスを拡大させるために、中心となって活躍してくれる人材を、今同社は強く求めている。

サービスの成長を支えているのは「カスタマーサクセス」という視点

「ネイルブック」では、サービスの設計は全て「カスタマーサクセス」という視点に基づいて考えられている。


「ユーザであればネイルブックで予約して行ったサロンに満足してもらう、ネイルサロンであればネイルブックに掲載することでサロン経営に成功することを目指しています。自社の収益確保から考えはじめるのではなく、利用者に喜んでもらえるサービスをどのように実現するか、が一番重要です。利用者に喜んでもらえるサービスを提供できていれば、最終的には自社の成功につながると考えているからです。」

この徹底した視点が利用者に評価され、「ネイルブック」は口コミやSNSを通じて広がっており、これまで広告出稿やプロモーションを行わず、この規模まで成長している。


「これまで調達した資金はよりよいサービス開発とサポートの充実化だけに使ってきました。今後もサービス、サポートを良くする部分への投資は続けるとともに、まだネイルブックを知らないユーザ、ネイルサロンに知ってもらうためのプロモーション活動を始める計画です。」


ここから一気にサービスを拡大すべく、新たな体制を整えようとしている同社。今なら、伸び盛りのスタートアップ企業のコアメンバーとして活躍できるチャンスがあり、利用者の成功のためにサービスを作っていてくという姿勢に共感できる方に、ぜひおすすめしたい企業である。

112495まだまだ小さいオフィスです。
112487開発合宿(ハッカソン)の様子。

株式会社 スピカに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 スピカに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 スピカ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
サービス系 >  その他サービス系
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
設立年月 2014年04月
代表者氏名 代表取締役 國府田 勲
事業内容 ネイルサロン掲載数1万店、ネイルデザイン380万枚を超える日本最大のネイル情報サービス「ネイルブック」を運営しています。

株式会社スピカは美容サロン経営プラットフォームを提供している会社です。現在はネイル領域にフォーカスし「ネイルブック」で最初の成功を目指しています。
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 13人
平均年齢 31.0歳
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル5号館1055号室
208273

株式会社 スピカ資本金設立年月日2014年04月従業員数13人

美容サロン経営プラットフォームの実現を目指す注目スタートアップ

この企業が募集している求人

Bnr sp354 6
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×