お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 シロクの企業情報

株式会社 シロク

新規事業も次々開発!Growth Hackサービスで急成長中の注目スタートアップ

サイバーエージェントの内定者4名による前代未聞の創業

「新しい当たり前を、つくる」というビジョンを掲げる、Webサービス会社の株式会社シロク。社名の由来は、“白”や“黒”のようにシンプルでわかりやすいサービスをつくりたいとの思いと、相反する“白”と“黒”のように、つくりたいサービスをつくることと収益を上げることの難しい両立にチャレンジしていくという思いが込められている。

同社の設立は2011年12月1日。サイバーエージェントの内定者4名による前代未聞の創業ストーリーは、大きな話題を呼んだ。2010年7月、同社のサマーインターンに参加した当時大学3年生の飯塚勇太氏(シロク代表取締役社長/CEO)は、そこで石山貴広氏(同取締役/CCO)、向山雄登氏(同取締役/COO)と出合う。そして、プログラムの一環であったWebサービス開発に3人で取り組み、意気投合する。

「1週間、毎日朝から晩までビジネスアイデアを議論していました。インターンではありましたが、本気になれるチームと感じ、このチームでもっとWebサービスをつくりたいと思えたのです」と飯塚氏は述懐する。

エンジニアがいなかったので、すぐ後に片岡直之氏(同取締役/CTO)を紹介してもらい、4人のチームが生まれた。そして、Twitterの仕組みを使って非公式のグループをつくれる『TwitCrew』という記念すべき第1号のアプリを開発し、その年のクリスマスイブにリリースする。

「『彼女のいない大学生4人が聖夜にWebサービスをリリースいたしました』などというメッセージをつけました(笑)。世の中には、女の子とデートをすることに関心がある男子学生が多いのでしょうが、僕たちは純粋にアプリをつくることに一番関心があった、ということです」(飯塚氏)。

そして、4人はシロクが誕生する契機となった写真アプリ『My365』を開発し、2011年10月1日にリリースする。すると、10日で10万DLを記録。当時、飯塚氏はサイバーエージェントの代表・藤田晋氏と同じフロアで内定者としてアルバイトしていたが、藤田氏は自身のブログに「すごい内定者がいる」などと書くほど評価。そして11月、藤田氏は飯塚氏に「『My365』で会社をつくらないか?」と声をかけたのだ。こうして、まだ学生の、内定者4名による会社が設立されることとなったのである。

『My365』は広告配信による収益モデルであるが、「思ったほど収益に繋がらない」と飯塚氏らはBtoBに業態転換を決断。2013年8月にアプリ開発者支援ツール『Growth Push』をリリース。
営業力を担う福山 敦士氏(現取締役/営業本部長)が加わり、瞬く間にユーザーを獲得、2015年2月までの1年半で5000SDK、2015年12月時点で9000SDKを販売。
2014年度の業績は前年比700%、2015年度も300%成長、2016年度も300%成長を見込んでいる。

「“新しい当たり前を、つくる”というビジョンには、2つの方針があります。1つは、我々はBtoBもBtoCも経験していますが、どんなジャンルでも大規模で新しいサービスをしっかりつくるということです。もう1つは、そのサービスで継続的に収益を上げるということです。“新しい当たり前”となるには、使われ続け、収益を生み続けるサービスにすることが絶対に必要です」と飯塚氏は力を込める。

129265代表取締役社長・飯塚勇太氏
サイバーエージェント内定者4名で起業をする際に一番年下ながら満場一致で代表にノミネートされ、シロクを設立。
129727自社でBtoCアプリを開発した経験から自分達が欲しいサービスを開発。
109934

1年半で約5000アプリに導入(9000アプリ/2015年12月時点)され急成長をもたらした『Growth』シリーズ

シロクの祖業となった『My365』は、1日1枚だけの写真をカレンダーに残す“思い出共有”アプリ。約20種類のフィルターで写真を様々に加工できる。TwitterやFacebookへの連携投稿も可能だ。写真を共有して世界中の人と繋がることができ、また自分自身の“思い出カレンダー”として楽しむこともできる。

「『Instagram』などの人気アプリがたくさんある写真アプリの分野で、自分たちのつくったアプリがどれだけ支持されるか試してみたいという気持ちが強くありました」(飯塚氏)。
最大の特徴である“1日1枚”に味がある点が受け、リリースから1年数カ月で約400万DLを記録している。

そして、“第2の創業”的に開発し、同社に飛躍的な成長をもたらしている『Growth』シリーズ。アプリやWebサービス事業者向けの、サービスを改善し成長を支援するためのツール群だ。

●『Growth Push』
スマホアプリの継続率を高める、プッシュ通知解析・配信ツール。アプリのユーザーは、始めたばかりの人から使い込んでいる人まで様々。ところが、その利用を促進するプッシュ通知内容は一律の場合がほとんど。そこで、ユーザー属性別に最も効果の出るプッシュ通知内容を解析、設定することで、ユーザー属性に応じた最適なプッシュ通知を自動的に配信するというサービスである。

●『Growth Replay』
スマホアプリユーザーの定性的な行動履歴を記録できるツール。指定したシーンでユーザーがどのように行動するかの映像を記録できる。これで、例えば離脱率が高いシーンでユーザーがどのように離脱したかの詳細を把握することができる。

●『Growth Debug』
誰でも簡単にデバッグレポートを送ることができる自動レポートツール。デバッグ作業を行う個人の力量差によって生じる報告内容の質のバラつきを一定にするため、端末情報やログ、スクリーンショットを自動添付して報告。問題解決のヒントを集約する。

●『Growthbeat』
総合グロースハックプラットフォーム。上記『Growth』シリーズの諸ツールを、たった一つのSDKを導入することにより利用できるようにした基盤。

●『Growth Hack』
アプリやWebサービスの課題の発見から改善までのコンサルティングサービス。シロクのコンサルタントが、エンドユーザーの行動やKPI分析などを通じて的確なアドバイスを提供している。

一連のB to Bサービスにおける強みについて、飯塚氏は次のように説明する。

「大きく2つあります。1つめは、『Growthbeat』の1つのSDKを導入していただくことで、複数のサービスを利用していただける利便性の高さです。2つめは、『Growth』シリーズの各ツールは、自分たちは元々『My365』などのBtoCのサービスを運営していて、こういうツールが欲しいと感じて開発したものです。ですから、ご提供するアプリ運営事業者様と同じ立場として、どんな機能が欲しいかが手に取るようにわかることが挙げられると思っています」

大規模なサービス提供を支える技術力、見やすく使いやすい管理画面のUI/UXなど、技術オリエンテッドな強みもいかんなく発揮。『Growth Push』は、1年半で約5000のアプリに導入された。全世界でスマホアプリは星の数ほどリリースされている。市場は無限大に広がっているとしても過言ではないだろう。

109924つくりたいサービスはまだまだある!一緒に大規模サービスを開発したいメンバーを大募集している。
130112BtoBサービスのUIや使いやすさを追求することで、クライアントにとって手放せない便利なツールを提供している。

自主性を重視しメンバーがやりたいことをやる企業風土

「社名を“My365株式会社”にしなかったのは、幅広いサービスを開発していきたかったからです」と飯塚氏が言うとおり、同社は“新しい当たり前を、つくる”というビジョンのもと、「1カ月に1サービスぐらいのペースで新サービスを開発している」という。

2015年12月現在、約30名のスタッフ(アルバイト含め50名)は、開発・デザイン、営業、コンサルタント、管理の各チームに分かれて主体的に事業を推進。飯塚氏は「元々が、Webサービスをつくりたくてできた会社。したがって、自主性を重視しメンバーがやりたいことをやってもらうことに徹している」と言う。

もう一つ配慮しているのは、メンバー同士仲が良い会社にすることだ。「設立から3年数カ月経って、創業メンバーの4名から1人も脱落していないというベンチャーも珍しいと思います(笑)。ドライに対処するのではなく、全員は家族のような運命共同体という意識で運営しています。みんなでよくバッティングセンターや岩盤浴などに行ったり、毎月のように飲み会を行っていますよ」(飯塚氏)。

もちろん、学ぶことにも熱心だ。エンジニアやデザイナーなどの技術職は、毎週のように課題を持ち寄って勉強会を開いている。事業運営も「日々学びながら経験を積んでいる」(飯塚氏)という成長ベクトルにある。

「サイバーエージェントは、我々の意思を尊重し自由にやらせてくれています。BtoBへの業態転換も我々だけの意思で決めました。だからこそ、成長の実感を身をもって感じ取れていると思っています」と飯塚氏は強調する。

インターネットが大好きで、「大きなサービスをつくりたい」「新しいサービスを開発したい」と考えている人、何ごとも前向きに取り組める人、そして、大きな成長を始めたばかりの会社を一緒に発展させていきたいと考える人には、シロクの人材募集は絶好のチャンスといえるだろう。

130115社内平均年齢は27歳。インターネットが好きで、良いサービスを提供したいという志が共通するメンバーが揃う。
155620ポジションや年齢にかかわらずサービス向上のための意見は大歓迎。Officeのど真ん中で議論が交わされる事も。
コミュニケーションも活発で、すぐに馴染める環境だ。

株式会社 シロクに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 シロクに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 シロク
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
資本金 5000万円
設立年月 2011年12月
代表者氏名 代表取締役 飯塚 勇太
事業内容 スマートフォン等次世代端末・モバイル・インターネットを利用した各種情報提供サービスの企画、制作及び運営
従業員数 35人
平均年齢 27.0歳
本社所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト 17階
(2016年3月に移転しました)

株式会社 シロク資本金5000万円設立年月日2011年12月従業員数35人

新規事業も次々開発!Growth Hackサービスで急成長中の注目スタートアップ

この企業が募集している求人

265455
ノンインセCPIプロダクト、dotGames/dotAppsのセールス担当を募集。
【サイバーエージェントグループ】業界未経験可。スマホアプリ向け広告プロダクトのセールス担当を募集します!

マーケティング力を強みとして、複数事業を展開しています。 【運営サービス】 ■ dotGames/dotApps スマホアプリ・ゲーム向けのノンインセンティブ広告プロダクト。成果報酬型の広告プロダクトの為、幅広いスマホアプリ・ゲーム企業様に広告を、ご出稿頂いております ■ N organic 国産品質オーガニックコスメ・化粧水「N organic」。ECサイトをメインに販売...

Noimage
【インハウス】自社事業のインハウスマーケター募集!
【インハウス】自社事業のインハウスマーケター募集!

社内事業のインハウスマーケティングを担当頂きます。 ▼仕事内容 ・広告事業であるdotGames/dotAppsのインハウスマケーティング ・EC事業であるN organicのインハウスマーケティング ▼運用媒体 ・有料手法、無料手法問わず、広くWebマーケティング出来る事を行っています。 ・一人が特定媒体でなく、複数媒体を持つ事を推奨しています。

226423
【事業立ち上げ】化粧品EC事業のデザイナー募集!
【事業立ち上げ】化粧品EC事業のデザイナー募集!

現在、立ち上げを行っている化粧品EC事業 N organicのデザイナー業務。 ▼N organicとは N organicは、「飾らない姿が美しく、気品のある女性へ。自然の力で素肌と心を美しく導く。」というコンセプトの元、“Natural”, “Noble”, “Neutral”の3つの“N”(要素)に基づき製品企画・開発された自然派スキンケアブランドです。 ▼デザイン業務内...

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×