お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ベネフィット・ワンの企業情報

101667

株式会社 ベネフィット・ワン

挑戦したいエンジニアを急募!「前例のないビジネス」で新たな社会インフラの創造を目指す

『サービスの流通創造』をビジョンに掲げ、人々のライフスタイルを大きく変化させる、社会インフラの創造を目指している。

福利厚生のアウトソーシングサービスを手がける、株式会社ベネフィット・ワン。1996年にパソナグループの社内ベンチャー制度の第一号として設立された当時から、次々と新しい事業を展開してきたことで注目を集めていたが、それは現在においても変わらない。福利厚生事業のトップクラスのシェアを誇っており、まさに国内ではオンリーワンとも言える事業モデルで成長中だ。

事業の柱となるのが、福利厚生事業。パッケージサービスである「ベネフィット・ステーション」を通じて、会員企業の従業員向けが安心して働くことができる環境づくりをサポートし、全国の宿泊施設をはじめレジャー・グルメ・ショッピング・育児・介護などのあらゆる生活支援サービスを優待価格で提供している。

また、福利厚生のアウトソーシング事業を根幹としながら、「ベネフィット・ステーション」を顧客満足度向上支援のためのCRMサービスとしても提供しており、様々な企業の顧客満足度向上に貢献している。

福利厚生を充実させたい企業及び顧客満足度を向上させたい企業ニーズと、サービス提供企業の集客ニーズをとりまとめ、ユーザー課金型のビジネスモデルでインターネットサイトを通してマッチングさせている。
現在、ユーザーとなる会員数は700万人を突破している。
これらのサービスマッチングにより、新たな社会インフラとも言える「サービスの流通」市場を創造する。これこそが、ベネフィット・ワンが取り組む事業の神髄だ。

さらに、「ベネフィット・ステーション」を用いた事業を根幹としながら、そのインフラの二次利用にも注力。たとえば、社員のモチベーション向上を支援するためのプログラムとして人気を集めるインセンティブ事業や、管理部門系に特化した「経費の見える化」「業務の省略化」を実現させるコストダウンのためのアウトソーシング事業など、多角的なビジネス展開をしている。

現在、国内12拠点のほか、中国、米国、シンガポールなど海外にも6つの拠点を置いている。ストックビジネスであるがゆえに収益も安定しており、2014年は203億5600万円、15年は216億4200万円、そして16年は260億5300万円と右肩上がりで推移している。

101673代表取締役社長 白石 徳生氏
101672社内ミーティングの様子。毎日活発な意見が交わされている。

社員のモチベーションを高める社内制度が充実。経営層との距離の近さも魅力。

同社では50万を超えるサービスコンテンツを提供しており、取引先もあらゆるサービス業に広がっている。創業20年の節目を経て、新規事業の立ち上げや海外展開など、積極的に新たなチャレンジにも抜かりがない。

現在の社員数は連結で1000人を超え、単体でも834名。企業規模は年々拡大し続けているが、まだまだベンチャースピリットは健在だ。ゆえに、求める人材には「何事にもチャレンジできる開拓者精神」が欠かせない。そのうえで、ともに成長することを喜び合えたり、自身の成長には徹底的にこだわるといったマインドの持ち主であることも同社で活躍できる条件となるだろう。

チャレンジを推奨するだけあって社内にはいろいろな部署、そして機会が用意されている。年次や年齢にかかわらずたくさんのチャンスを提供する社風があるため、やる気次第で様々なスキルが身に付く土壌が整っていると言える。

社内制度の充実には目を見張る。

「社内ベンチャー制度」は、新入社員も含めた全社員が、新規ビジネスやサービスのアイデアを経営陣に直接プレゼンし、収益性が認められれば事業化される制度だ。現在主力事業のインセンティブ事業も、この制度から誕生している。

「ジュニアボード制度」は、選抜社員が社長直轄で経営課題に取り組む制度。若くして経営の現場に携わることで、発想力や判断力、マネジメント力、経営感覚を養おうという目的で実施されている。

キャリアプランを自ら申告する「自己申告制度」も特徴的だ。一人ひとりが自身のキャリアと向き合い、キャリアプランやその実現のためのステップを自ら考えて人事部に申告を行っている。

社内ポジションを公募制とするのが「オープンポジション制度」。チャレンジを重視する、同社らしい制度の一つだろう。挑戦したいと考える人に平等に権利を与え、主体的にチャレンジできる環境が整っていることは、社員のモチベーションアップにもつながっている。

101877
101878

社員教育制度の充実と、垣根のない会社づくりに注力

こうした制度を支えるものとして、特に同社が力を入れるのが社員研修だ。

各部の事業内容について知るための入社時研修はもちろん、階層・階級別に用意されているスキルアップ研修は特に充実している。1年目・2年目・3年目といった節目に行うもの以外に、リーダー研修、マネジメント研修など、ポジションに応じた様々な研修を用意。

さらに、社員に好評なのが、2つの留学制度だ。国内留学制度は、業務の幅広い知識を身につけるために、他業務を経験できるというもの。個人の成長機会を増やすのはもちろんだが、留学した社員が他部署で学んだ経験や知識を共有することにも重点を置いており、それによって全体の業務レベルを上げようという狙いがある。

海外留学制度は、グローバル化の流れに合わせた、語学研修を強化を目的に行われる。フィリピンのセブ島にある語学学校へ2週間~4週間にかけて留学し、現地で様々なグローバル企業の社員とともに語学を学べる制度であり、希望する社員も多くなっている。

ただ効率的・画期的なことをやろうというだけでなく、福利厚生を扱う会社らしい「働く社員の気持ちに根ざした、優しい仕組み」が整っているところは、ベネフィット・ワンらしさといえる。実際に、社員を対象に行った満足度調査の結果を見ても、「魅力的な従業員が多い」「仲間意識が強い」「成長できる環境がある」「勢いのある若手社員が多い」といった回答が目立っている。

「垣根のない会社を」という意図で、社員が仕切りのないオープンオフィスで働く環境は、部署間を超えた交流を生み出し、まさに”風通しのよい”社風が実現。社員同士も仲が良く、クラブ活動などを通じてオフタイムをしっかり楽しむ意識も根付いているという。

企業理念として掲げる「良いものをより安くより便利に」はもちろん、多くの人に喜ばれる「世界で前例のないビジネス」を創り、社会インフラとして広げていきたい……これがメンバー全員の活動を支える熱い思いだ。

自らの手で世の中に新しい価値を創り出し、提供する。口では簡単に言えるが、実際に取り組める環境はそう多くないだろう。その点、ベネフィット・ワンが取り組む事業は、大きな可能性を秘める、時流に即した事業ともいえる。挑戦したい人は、今がチャンスだ。

101669ランニングサークル、通称“ベネラン”。毎月1回の皇居ランと懇親会を行う事で社内交流と健康増進を図っている。
101670新設された野球サークル。年齢・経験問わず和気あいあいと真剣に白球を追いかけている。

株式会社 ベネフィット・ワンに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ベネフィット・ワンに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ベネフィット・ワン
業界 サービス系 >  その他サービス系
企業の特徴
  • 上場
  • シェアトップクラス
  • グローバルに活動
資本金 15億27百万円
売上(3年分)
2014年 3月 期 2015年 3月 期 2016年 3月 期
203億56百万円 216億42百万円 260億53百万円
設立年月 1996年03月
代表者氏名 代表取締役社長 白石 徳生
事業内容 ・福利厚生事業
・インセンティブ事業
・CRM(Customer Relationship Management)事業
・パーソナル事業
・BTM(Business Travel Management)事業
・旅行事業
・ヘルスケア事業
・コストダウン事業
株式公開(証券取引所) 東証二部
従業員数 1019人
平均年齢 30.8歳
本社所在地 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル9階
101667

株式会社 ベネフィット・ワン資本金15億27百万円設立年月日1996年03月従業員数1019人

挑戦したいエンジニアを急募!「前例のないビジネス」で新たな社会インフラの創造を目指す

この企業が募集している求人

Bnr sp354 1
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる