転職サイトGreen(グリーン)
転職サイトGreen(グリーン)
インタビュー画像エンジニア事業部 部長 松村 健一郎氏

日研に入社した経緯をお教えください。

私は、B to Cの営業やアルバイトを含めて様々な仕事をしてきました。その中で、人材ビジネスに関心を持ったのです。 それまで飽きっぽい私はいろいろな仕事に就きましたが、人材ビジネスは飽きませんでしたね。人と接することが全てなのですが、そのような仕事が実に魅力的だったのです。 たまたま縁があってアウトソーシングビジネスに興味を持ち、日研トータルソーシング含め数社を受け、一番条件がよく雰囲気もいい当社に決め1992年に入社しました。以来二十数年間、営業一筋です。今でも、この仕事の魅力はいろいろな人に接し、その人の人生にかかわることの深さにあると感じています。

エンジニア事業部の目標とはどういったことでしょうか?

業界NO.1を目指すと言いたいところですが、もう少し現実的な目標を置いています。 本年度の売り上げは22億円で、全社に占めるシェアは6%弱です。これを30%、100億円まで持っていくことが当面の目標です。それぐらいの存在感を発揮しなければならないという思いですね。エンジニア派遣は当社にとっては新しい分野ですが、高く社内でも期待されているセクションです。 この業界では数社の大手が先行していますが、まだまだ成熟しておらず発展途上です。チャンスは無数にあると思っています。

松村さんの仕事観についてお話しください。

仕事とは、常に何らかの目標を持って当たるべきものだと思います。また、現実は厳しいことも多いので、どこか楽しいところもつくっていかないと続きませんね。私の場合は、部下が動いてくれて組織が回っていることを実感できる時でしょうか。 本年度の売上目標として、昨年度の150%という高い数字を掲げたのですが、達成できました。私はただ大きな目標をやると決め、それをみんなに伝えただけなんですが、私が動かないのでみんながよく動いてくれていると解釈しています(笑)。 もっとも、チェックだけは怠りません。 目標を掲げ、方針を定めても、状況をチェックしないと動かない人もいるにはいるからです。お互い納得して「やる」と決めたことは徹底してやる、そのことが最も大切だと思っています。

社員への思いをお聞かせください。どう働いてほしいと思っていますか?

当社は取引社数が約2500社と業界トップクラスで、非常に安定した経営基盤があります。また、それだけ社員が活躍できる場が広がっているともいえます。また、製造業の現場をはじめ、エンジニア、メディカル、販売、オフィスワークなど多彩な職種への派遣を手がけています。したがって、「生涯エンジニア」で貫きたい人にも、営業や介護など他職種に転身したい人にも、キャリアデザインのための多様な選択肢を提供できます。何か困ったことや悩みがあれば、キャリアアドバイザーがいくらでも相談に応じます。ですから、どうか安心して仕事に邁進してほしいと思いますね。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

日研トータルソーシングには、前述のとおりの就業環境があります。繰り返しになりますが、安心して仕事をしてもらえると思います。ですから、あとは目標に向かって一緒に走ってくれる人とともに仕事をしていきたいと思っています。選択肢は無数にあります。ぜひ一緒にがんばりましょう!

この企業と同じ業界の企業

画像なし
THE FIRST 株式会社
アート×デジタルの力で あらゆる産業のデジタルシフトを促進し、 新たな日常と共にエンターテイメントを届ける
👋
日研トータルソーシング株式会社に興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.