お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アクロディアの企業情報

87630

株式会社 アクロディア

スマートフォンへの事業転換で新たな成長期を迎えたマザーズ上場企業

スマートフォン向けコンテンツ、ソリューションサービスを提供

株式会社アクロディアは、スマートフォン向けソリューションサービス、コンテンツサービス、ECフルフィルメントサービスの3つを軸に事業展開する東証マザーズ上場企業である。

現在、売上規模の拡大が最も著しいのが、複数のソーシャルゲーム、アプリを開発・提供するコンテンツサービスである。特に人気なのがJFAオフィシャルライセンスソーシャルゲーム『サッカー日本代表 2014 ヒーローズ』である。2011年12月のリリース以来の人気で、2013年8月時点では累計70万人以上がプレイする大型ゲームに成長している。同年9月には新タイトル『サッカー日本代表イレブンヒーローズ』『野球しようよ♪ガールズスタジアム』をリリースしている。また、6月には連結子会社である韓国Acrodea Korea,Inc.から韓国カカオトーク向けに『顔テレビ for Kakao Talk』をリリース。いずれも順調に登録者数を伸ばし、さらなる事業拡大に向けて推進している。

スマートフォン向けソリューションサービスでは、スマートフォンのコンテンツサービスを実現するプラットフォームをはじめ、セキュリティや差別化のためのソリューションを提供。代表的なサービスとして、Androidスマートフォンのインターフェイスを好きなテーマに一括変更できる『きせかえtouch@』、コンテンツプロバイダ向けにアプリ内のデジタルデータの著作権を保護するDRMソリューション『Acrodea Rights Guard』、複数のアプリをパッケージしエンドユーザーが一括ダウンロードおよびインストールできる環境を提供する『Multi-package Installer for Android』を運用している。

ECフルフィルメントサービスは、子会社であるAMS社が担う事業だ。ECシステムの構築・運用、商品情報管理などのバックヤード業務、決済やカスタマーサポートなどのフロント業務、倉庫業務など、商品調達を除きECサイト運営に必要な全てのソリューションを提供している。国内の有名アパレルブランドのEコマースサイト多数で採用されるなど、こちらも順調に事業を拡大中である。

87633
164449

今後の成長に向け、注目を浴びるモバイルBaas事業をスタート

今後の成長戦略を担う重点施策として、アクロディア社が、現在注力しているのは、スマートフォンアプリ向けの新規バックエンドサービス、モバイルBaaSである。

モバイルBaaSは、携帯電話市場でフィーチャフォンが主流であった時代に、キャリア公式サイトのバックエンドとして活用されたCMS(コンテンツ管理システム)のスマートフォンアプリ版に相当する。スマートフォンアプリの開発に必要な汎用的機能をAPI、SDKで提供し、サーバー側のコードを書くことなくサーバー連携するスマートフォンアプリを効率よく開発できるようにするクラウドサービスで、開発者はアプリ開発に集中することが可能となる。ユーザー動線がWebサイトからアプリに移行する中で注目度が高まっているサービスだ。

同事業を開始するにあたり、同社は2013年11月、KLab社のSI事業を譲受。新規事業として、コンシューマー向けコンテンツの提供を行う顧客向けサイトの構築・運用を含む大規模システムのインテグレーションサービスの提供を行うSI事業をスタートさせている。同事業への参入により、同社は、コンテンツサービス業界における営業力の強化、バックエンドサービスを支える開発者エコシステムの充実、信頼度の高い運用能力の強化など、今後展開するモバイルBaaS事業だけではなく、既存ソリューション事業とのシナジー効果を見込んでいる。

145178
164450

安定した事業基盤が魅力。新規ビジネスの中核を担う人材を募集

アクロディア社は2004年7月に設立し、同年12月に携帯端末向け電子メールソフトウェア『VIVID Message』をリリース。以来、モバイルに特化したミドルウェア事業を展開し、“使いやすさ”“楽しさ”にフォーカスした斬新なモバイルコミュニケーションを創造してきた。

同社の強みは、創業直後より築いた国内携帯主要キャリアとのパートナーシップだ。当時は携帯電話向けのミドルウェアの重要性と将来性が注目され始めた時期だが、当時のミドルウェア開発会社は自社の得意分野に絞った開発を行っていた。それに対して同社は“ケータイミドルウェア企業のポートフォリオ化”という方針を掲げ、複数のラインナップを揃えて、顧客の要望に応える体制を構築し、各キャリアとの強固なパートナーシップを築いたのである。

特に同社が2005年にリリースしたマルチメディアに対応したユーザーインターフェースエンジン『VIVID UI』は、国内主要キャリア3社に一斉に採用され、ケータイユーザーインターフェースのデファクトスタンダードとしてのポジションを確立したのである。

その後、リーマンショックや東日本大震災などといった不況期を乗り越え、スマートフォンコンテンツやECを中心としたサービス事業者へと事業の転換に成功し、新たな成長軌道を描き始めたのである。そして現在、同社はこの流れをさらに力強く推進していくため、新たな人材の採用にも積極的に取り組み始めている。

安定した事業基盤を背景に、新しいチャレンジをスタートさせたアクロディア社。新たなビジネスの中核的存在として活躍できるチャンスをぜひ掴んで欲しい。

株式会社 アクロディアに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 アクロディアに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 アクロディア
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場
  • 自社サービス製品あり
資本金 2,639百万円
売上(3年分)
2013年 8月 期 2012年 8月 期 2011年 8月 期
4,312百万円 2,961百万円 2,166百万円
設立年月 2004年07月
代表者氏名 代表取締役社長 堤 純也
事業内容 ソリューション事業
EC事業
株式公開(証券取引所) 東証マザーズ
主要株主 GMOインターネット株式会社
堤 純也
株式会社NTTドコモ
NOMURA PB NOMINEES LIMITED OMNIBUS-MARGIN
KDDI株式会社
主要取引先 株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社
グリー株式会社
株式会社ヤマハミュージックメディア
MARK STYLER株式会社
Samsung Electronics CO., LTD.
LG Electronics, Inc.
従業員数 137人
平均年齢 42.1歳
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿1-20-22 恵比寿三富ビル5F
87630

株式会社 アクロディア資本金2,639百万円設立年月日2004年07月従業員数137人

スマートフォンへの事業転換で新たな成長期を迎えたマザーズ上場企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 9 0d12dff7ca268cb264c97bcbfb6acb61b26bb22885c01d478f43a42d45bbc394
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる