お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アイテックの企業情報

76729

株式会社 アイテック

組込み系、オープン系、ネットワーク系の技術と自由な社風で成長するSIer企業

組み込み系、オープン系、ネットワーク系の3つの技術に特化!

1996年の設立以来、“異機種間をつなぐ技術”をベースに持続的な成長を果たしてきた株式会社アイテック。エンベデッド(組み込み)システム開発、オープン系システム開発、そしてネットワークインフラ構築の3つの技術を軸に事業を展開するSIerである。家電メーカーをはじめとする大手企業や金融機関などとの直接取引を中心にビジネスを展開している。

エンデベッド(組み込み)開発では、スマートフォン、携帯電話、デジタルテレビ/HDDレコーダ、デジタルカメラなどのモバイル/情報家電分野、カーナビやカーオーディオ、ETC(高速道路料金収受システム)、クルマの自動走行支援システムといったカーエレクトロニクス分野、内視鏡装置や生体情報モニター、電子カルテ連携などの医療機器分野、そしてデジタル複合機を始めとするOA機器分野など我々の暮らしと密接に関わる幅広い分野でファームウェアやハードウェアの開発を行っている。加えて航空宇宙産業分野においても、国産惑星探査衛星プロジェクトの中で通信制御部の開発に携わった実績もある。

また、オープン系システム開発では、金融、製造、流通、医療、官公庁などの幅広い業種に向けたサービスを展開。システム間連携インターフェース機能、データベース、業務アプリケーションで多数の開発に携わってきた。これらの開発経験で蓄積した技術やノウハウからは、金融機関向け個人信用情報システム『個信(KOSHIN)』が生まれている。

さらに、ネットワークインフラ構築では、インフラ構築および運用保守、ヘルプデスクなど、顧客のニ―ズに対応した幅広いサービスを提供する。

以上ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークをワンストップで提供できる守備範囲の広さがアイテック社の強みだ。3つの分野に関わるサービスをバランスよく行うことで、景気の波に極端に左右されることのない安定的な経営基盤を確立してきたのである。

76743家電メーカーをはじめとする大手企業や金融機関などとの直接取引を中心にビジネスを展開!
76741取締役 時田 孝 氏

IoTが拓くスマート社会の実現を目指して。

社員数約50名で事業をスタートしたアイテック社は、現在(2016年4月)、
その数約110名と2倍以上の規模に成長している。

創業当時は、企業の基幹系システムのダウンサイジングが活発な時期で
あった。大手SIerとの競争を避けるために汎用機のシステム開発には手を
出さず、当時同社に在籍した技術者の多数を占めていた組込み系技術者ら
の技術とノウハウを軸とするビジネスをスタートさせた。様々な機械を
動かす組込み系システムと、それらのハードウェアから生成される情報を
活用するためのデータベースなどのオープン系システム、そしてそのよう
なハードとソフトなどを繋ぐネットワークインフラをワンストップで提供
するというビジネスは当時から一貫している。そしてカーナビやカーオー
ディオ、携帯電話などの普及、銀行の統合再編といった社会の動きを
追い風に受けて成長し、現在の強みを形成していったのである。

創業当時から同社が目指してきたものはユビキタスコンピューティング
社会の実現であり、スマート社会の実現である。そのような社会は、
現在世の中を席巻してきているIoT(Internet of Things)を活用して実現
されようとしている。

アイテック社が今まで培ってきた技術は、まさにIoTの基幹技術である。
多種多様、大量のセンサー/端末から情報を読み取り(組込み系)、ゲート
ウェイでそれらのデータを収集および一部を分析し(組込み系/オープン系)
、クラウドにてその情報(Big Data)を分析し(インフラ系/オープン系)、
ゲートウェイ/センサー/端末にフィードバックする。さらに、コトづくり
のサービス(オープン系/インフラ系)を運用し、顧客を付加価値を高めて
いく。

これからの社会は、効率的で環境にもやさしい快適性が求められる。
スマート社会の実現にはIoTが必須であり、アイテック社はこれまで
以上にその存在感を示すことができる機会が訪れているのである。

76746ミーティング風景。
76747社員一人ひとりが会社の動向を把握し、またその声が会社の隅々にまで届くカルチャーが形成されている。

社員一人ひとりが会社運営に積極参加できる居心地の良い企業風土!

同社の現業部門は、システムソリューション部とソリューションデベロップメント部に分かれている。システムソリューション部は客先へ常駐して開発の業務支援を行う部門だ。ソリューションデベロップメント部はパッケージの開発およびネットワークインフラのリモート監視、サポートセンターの運営を行う部門である。それぞれの部門に営業職も配属されている。

同社はこのように部門で分かれてはいても縦横の分け隔てが一切ない会社だ。社長や役員に対して一般社員が直接相談や意見を持ち込むこともあるし、部門を超えて新入社員が先輩社員に悩みを相談することもある。その背景には同社の独特な企業風土がある。2013年現在、創業から17期目を迎えた中堅SIerでありながら、社員一人ひとりが会社の動向を把握し、またその声が会社の隅々にまで届くカルチャーが形成されているのだ。

同社の社員は一人ひとりが自社に対して“全員で会社を作り上げていく”という意識を持つ。一般社員同士で「明日を考える会」という組織を作り、今後の事業展開をどうしたいか、社員教育はどうするかと話し合う。また、管理職の課長が集まる「課長会」では、どんな風に会社をまとめていったら良いかと話し合う。アイテック社に所属する社員なら誰もが会社の運営について提案出来る機会が多い会社であり、それが同社の魅力だ。

このような風土から生まれた社内制度を紹介しよう。
まずは外部の専門教育を受けた先輩社員がメンターとなって新入社員を1年間に渡ってフォローする「メンタリング制度」である。特徴は同じ部門の社員同士で組むのではないところにある。システムソリューション部に配属された新入社員には、ソリューションデベロップメント部の社員がメンターとしてつく。入社後すぐに客先での常駐勤務となった社員にとっては、プロジェクトチーム以外の社員と交流するきっかけとなり、会社とのつながりを意識しながら働くことが出来るきっかけとなるのである。また、異なる部門同士が組み合わさることでお互いが客観的な視点を持つことが出来ることに加え、それぞれの部門で発生している問題や課題を全社的に共有できるというメリットもある。

またフットサルチームも社員の声から生まれ会社公認の活動となった。定期的に集まって練習をしたり大会に参加したりと活発に活動している。性別を問わず少人数でゲームが楽しめるので、多くの社員が参加し交流を深めている。

この他、客先へ常駐する社員に対してはマネージャーが定期的に客先を訪問し各メンバーとコミュニケーションを取ったり、事業計画発表会や賞与説明会など年間を通して様々な恒例行事を行ったり、さらにソフトボール大会などを開催したり、様々な取り組みによって社内の情報共有や意識の統一を図っている。

このような企業カルチャーを持つアイテック社の離職率は6%未満という低い数字だ。その数字からも同社の働きやすさ、居心地の良さを感じ取ることが出来る。

76748社内イベントなど、メンバー同士のコミュニケーションも多いという。
76749オフィス風景。自社内で開発しているエンジニアも多い。

人間力と技術力のバランスが取れた技術者教育。若手の積極登用も。

同社が求める人材は、このように、縦横のへだたりがないオープンな企業風土の中で自分が会社を作る、あるいは変えていこうという積極的な意識を持ち、会社の中で自立協調的な行動がとれる人材だ。特にシステム開発にせよネットワーク構築にせよ、同社で行われる業務は一人では解決できない課題に対峙することが多い。そこで社内の人間や顧客と円滑なコミュニケーションを行いながら課題解決を目指すことが求められるのだ。そういった背景もあり、同社では“技術の前に人ありき”という経営理念を掲げ、全社で共有している。取締役・時田孝氏は次のように語る。

「お客様のもとで仕事をすることが多い弊社の業務では、社員一人ひとりが会社を背負って仕事をしています。その者の行動が非常識であればアイテック自身が非常識と思われてしまいます。いくら優れた技術を持っていても、当たり前のことが当たり前に出来ない人材は評価しません。」(取締役 時田氏)

社内のコミュニケーションが円滑であることは実務面にも良い影響を及ぼす。日常的なコミュニケーションの中で社員同士技術やノウハウの共有も図りやすい。ユビキタスコンピューティング社会の実現を目指して蓄積してきた技術の伝承が、日々、自然発生的に行われているのである。
もちろん技術者のスキルアップ教育にも余念はない。技術の陳腐化が激しく進行する中、技術者が新たな技術を身に付けたり資格を取得することはなかなか困難だが、同社では個々の技術者が社外講習を受講する際の受講費用全額負担によってサポートしている。
また、代表取締役社長・矢ヶ崎敏行氏の考えに基づき、チャレンジ精神のある若手社員を積極的に登用する方針を掲げる同社では、全社規模でマネジメント力を養成する教育なども行い技術者のキャリアアップを支援している。

ユビキタスコンピューティング社会の実現は社会に貢献する側面もあり、そのような事業に参加しながら技術力と人間力を兼ね備えた技術者へと成長できる。それがアイテック社で働く魅力だ。ともに成長を目指せる仲間が待つアイテック社にぜひともジョインして欲しい。

76750休憩スペース。
76742会議室。
76891

株式会社 アイテックに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 アイテックに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 アイテック
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 9,760万円
売上(3年分)
2016年 3月 期 2015年 3月 期 2014年 3月 期
1,182百万円 1,113百万円 1,219百万円
設立年月 1996年09月
代表者氏名 代表取締役社長 矢ヶ崎 敏行
事業内容 【エンベデッドソリューションサービス】
エンベデッドシステム開発
デバイスドライバ開発
プラットフォーム開発
マイコンツール開発


【ビジネスソリューションサービス】
業務システム開発
業務アプリケーション開発

【ネットワークソリューションサービス】
ネットワーク・サーバ構築
各種ヘルプデスクサービス
セキュリティ監視
システム運用
ネットワークリモート監視
ハードウェアメンテナンス

【自社開発システム提供サービス】
金融機関向けシステム
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 ISIDグループ
株式会社アクセル
NTTグループ
オリンパスグループ
グローリー株式会社
コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社
JFEシステムズ株式会社
株式会社ジェーシービー
トヨタグループ
日本電気株式会社
日本電気航空宇宙システム株式会社
一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)
日立グループ
富士通株式会社
富士フイルムグループ
三菱UFJニコス株式会社
ルネサスエレクトロニクスグループ 他数十社
従業員数 107人
平均年齢 36.0歳
本社所在地 東京都港区東新橋2-11-7 住友東新橋ビル5号館3階
76729

株式会社 アイテック資本金9,760万円設立年月日1996年09月従業員数107人

組込み系、オープン系、ネットワーク系の技術と自由な社風で成長するSIer企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 9 0d12dff7ca268cb264c97bcbfb6acb61b26bb22885c01d478f43a42d45bbc394
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる