転職サイトGreen(グリーン)
転職サイトGreen(グリーン)

勤務地

年収
インタビュー画像ラーニングエッジ株式会社  代表取締役 清水康一朗

ラーニングエッジを起業した経緯を教えてください。

会社を立ち上げるということに関しては、中学の頃から漠然と想いがありました。 父が国家公務員、親族が会社経営者だったんですが、自分自身の性格を加味して、 それぞれのキャリアを比較した上で、自分は経営者が適性があると思ったんです。 父のことは、尊敬していましたし、父の影響を多大に受けていますが、 公務員と経営者で、どちらが自分に合っているかを考えると、 私には経営者しか考えられませんでした。 もうひとつは、前職でコンサルティングの仕事をしていた時、大企業の経営者、 事業マネージャーに対して提案をする仕事をしていました。その際、必要な情報を 収集しようにも、書籍だけでは十分ではなく、経験者による実践的なビジネス セミナーで勉強しなければなりませんでした。 例えば、マーケティングや経営管理、ファイナンスなどをセミナーで学び、 それをそのまま実践するだけで飛躍的な成果が出て、お客様に感謝されたんです。 当然、セミナーの内容は、「こうすれば良くなる」というノウハウを 提供していましたから、それをお客様にも提案するだけで、当然会社が良くなって いったのです。そしてこのセミナーという教育手法を世の中に広げていけば、 必ず社会の役に立つと実感し、教育に惹かれていきました。 事業をやりたいという想いと、やるなら教育だという想いが重なり、精神的にも 経済的にも豊かな日本を共に作り上げたい、日本人の本来持つ能力をより高めて 行きたいという想いを持って会社を立ち上げました。

ラーニングエッジの今後の展開を教えてください。

グローバルな事業展開を考えています。 ビジョンは、「ビジネス教育で世界に最も貢献する会社」です。 ラーニングエッジは、「セミナーズ」というポータルサイト(メディア)と、 世界中のトップクラスセミナープログラム(コンテンツ)を仕入れています。 この両方を持っているところが強みです。

社長が考える「教育」とは何ですか?

人が、本来持っているポテンシャルを高めて、よりよい人生、より高い場所へ行く、 「機会を提供」すること、だと考えています。我々が引きあげる、といった 上からの目線ではなく、むしろ、共に成長しながら、質の高い「学びの機会」、 「成長の機会」を世界中から仕入れて、必要な人に必要なコンテンツを届けることに、 我々の教育事業者の役割があると考えています。

ラーニングエッジを一言で表すとどんな言葉になりますか?

「7人の侍」 自律した個人が、チームワークを発揮し、それぞれの違いと個性と受け入れながら 各自の役割を果たして、勝利に向かう仲間。

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 ストリームライン
株式会社 ストリームライン
資料作成支援で日本企業の労働生産性向上へ。生成AI活用の新事業開発中
この求人の募集は終了しました。ラーニングエッジ株式会社は、他にも求人を募集しているので、ぜひチェックしてみてください。
この求人の募集は終了しました。ラーニングエッジ株式会社は、他にも求人を募集しているので、 ぜひチェックしてみてください。
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.