お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

メディカル・データ・ビジョン 株式会社の企業情報

57694

メディカル・データ・ビジョン 株式会社

医療制度改革を起こすべく、医療施設向け経営支援の自社パッケージを展開する成長企業

ユーザのみならず、社会全体に貢献できる自社商品を目指して

2003年に設立されたメディカル・データ・ビジョン株式会社は、これまでIT化が他業界より遅れていると言われている医療業界に改革を起こそうとしている企業だ。同社は「お客様満足と社会貢献」を目標に掲げ、「日本の医療の質を向上させるには、データのネットワーク化が急務で、ITの積極的な導入が必要」という考えのもと、医療情報システム開発・販売・保守、医療データ分析、調査などを展開している。

現在の主力商品は、『Medical Code』。この商品は、DPCフォーマットの入院/外来E、Fや電子レセプトデータなどの標準フォーマットデータを活用し、院内に埋もれている様々な経営課題に対して、改善行動を促すためのプラットホームである。

『Medical Code』では、院内の様々な経営課題に対して、現状把握から改善効果までのプロセスを可視化されているので、ユーザ側は具体的な経営改善のアクションを起こすことができる。また、他の病院との比較が可能なため、自院の強みと弱みを把握することが最大の特徴と言えるだろう。

医療制度は常に変わっていくため、病院にとってITに莫大な投資をするのはリスクが大きいが、同社が提供する『Medical Code』は安価で導入がしやすいという。

また、同社のもう一つの主力商品は『EVE2011』。DPCデータ(様式1、E、Fファイル)を使って、自院をミクロに把握し、他病院とのベンチマーク(比較分析)で、自院の強みや改善点を明確にする。数百の病院のベンチマークが搭載されているパッケージソフトは、全国でこれが初めてであり、現在までに600以上の病院に導入されているという。

今後は、『Medical Code』『EVE2011』をはじめとした既存商品を広め、現在はさらにもっと広い視野で日本の医療を改革する新規事業にも既に着手しているという。

57715
57717ビル外観

『正々堂々』をモットーとした お客様、スタッフ、パートナーとの関係作り

同社のモットーは『正々堂々』。お客様に対して、末永く正々堂々とお付き合いできるように、お勧めできる商品作りに注力し、マーケットインでの商品開発を行う。具体的には、商品開発にあたっては、必ず顧客にヒアリングを重ね、ニーズを理解する。その上、データの保全、取り扱いといったデータセキュリティを常に考慮している。

また、これらの考え方は商品開発だけではない。社内のスタッフやパートナー企業に対しても、正々堂々と正当な利益を還元していくことを宣言している。

同社の代表取締役の岩崎氏は、『正々堂々』という考え方について、次のように説明する。
「企業は、利益を出すことや社会に貢献することが求められますが、両方を兼ね備えるためには、まずは継続しなくてはいけない。例えば、3年だけ儲けて社会に貢献できたというのは、企業とは呼びません。未来永劫にわたって、継続することが企業なのです。だからこそ、雇用が安定して、社会が成り立つのです。私達は責任を持って商品をリリースしていますが、未来永劫ずっと自分たちがメンテナンスをしていかなくてはいけない、と考えています。

企業が継続する上で必要なことは、情報が開示されていること。そして、企業の理念として、正しいことしかしない。悪いことがあったら、それをしっかり表に出していくこと。このように、すべてにおいて正々堂々としている企業のみが、継続性を担保できるのだと思います」。

お客様との『正々堂々』としたお付き合いをするためには、「お客様と自分たち」の関係では成り立たない。そのため、同社では共に医療業界を変えていく、という「同士」としてお付き合いいただけるような仕組み作りをしている。

その例の1つが、全国の200ほどの病院関係者が集う、ユーザ会の活発な運営。同社が主催するユーザ会では、幹事病院を指定する。その幹事病院とメディカル・データ・ビジョンのスタッフが協力し合い、ユーザ会の運営や意見交換会を行っているのだ。

こうしたユーザ会運営の仕組みは、他社との大きな差別化になっている。同社の商品を使ってみて、「このようにして病院を改善した」といった具体的事例をユーザが紹介し合うため、会に参加した病院スタッフは自らの職場で生かせる話を実際に聞くことができる。その他にも、ユーザを取り上げた新聞も発行するなど、ユーザが主体になる活動を積極的に行う。そのため、お客様から闊達な意見が出てくるという。

また、コールセンターを設置し、ユーザからの質問を即日回答できる仕組みを作ったり、FAQサイトも充実させたりしている。こうした手厚いサポートが、ユーザとの信頼関係をより強固なものにしている。

メディカル・データ・ビジョンは、「利用されるお客様単体の利益に留まらず、派生的に社会へも何らかの貢献が可能な商品でなくてはならない」という商品開発の考えを掲げている。

57716代表取締役 岩崎 博之 氏
58800ミーティング風景
57722

充実した制度や社内環境が魅力!求める人物像は、「医療に興味がある人」。

医療システムを扱うためには、業界の知識は非常に重要だ。そのため、入社後まずは医療知識研修を行う。お客様からの問い合わせを一手に引き受けているカスタマーサポートの部署の社員が講師となり、業界の仕組みやお客様からの問い合わせ内容など、徹底的に指導する。この研修が終わった後に、商品に関する研修に移行する。研修内容が充実しているため、医療業界が未経験の人でもその後の業務において十分活躍できるという。

同社で求められる人物像は、「医療に興味があるかどうか」ということである。それは、使命感が一緒であるからこそ、いろいろなことにチャレンジしていくことができる、と考えるからだ。

今回、同社では営業職・開発職での募集となるが、同社における仕事のやりがいを伺った。

「営業は、自分のものを売りに行く販売代理人の仕事だと思っている方もいらっしゃいますが、弊社の場合、お客様の立場で商品を選び、経営の方針を提案する、といったところに力を入れています。商品を通じて、その病院が抱える問題を可視化できる。病院の将来のあるべき姿について、弊社の商品を通じて、なにかしらディスカッションする。そういう機会を設定、実施するのが弊社の営業であり、この仕事のやりがいになります」(取締役、営業部 管掌 柳沢氏)。

「弊社のエンジニアは、ただ商品を作るのではなく、技術という道具を使って、どうすれば医療の質が上がるのか、患者さんのメリットが創造できるのか、といったことを真剣に考えながら仕事をしています。世の中に対して役に立つということが、モチベーションになっていると思います」(研究開発部長 藤田氏)。

「自らの手で医療業界を変えていきたい」と考える方には、自らの手で業界を変えることができるチャンスが同社にはある。医療に貢献できる仕事をしたい方には是非、チャレンジしていただきたい。

57700充実した研修が魅力。
57953医療を良くするという想いに共感したメンバーが集結。
57714

企業情報

会社名 メディカル・データ・ビジョン 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
資本金 3億5080万円
設立年月 2003年08月
代表者氏名 代表取締役 岩崎 博之
事業内容 1.医療情報統合システムの開発、製作、販売、保守業務
2.各種医療データの分析、調査、コンサルティング業務
3.医療機関経営コンサルティング業務
4.各種医療データの運用及び提供サービス業務
5.ポータルサイトの企画、設計、開発、運営
6.労働者派遣事業法に基づく一般労働者派遣事業及び特定労働者派遣事業
7.職業安定法に基づく有料職業紹介事業
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 岩崎 博之
浅見 修二
富士フイルム株式会社
株式会社メディパルホールディングス
三菱商事株式会社
シミック株式会社
従業員数 97人
平均年齢 37.2歳
本社所在地 東京都千代田区神田美土代町7番地 住友不動産神田ビル10階
(九州支店 : 福岡県福岡市博多区博多駅前3-28-3 三州博多駅前ビル1階)
57694

メディカル・データ・ビジョン 株式会社資本金3億5080万円設立年月日2003年08月従業員数97人

医療制度改革を起こすべく、医療施設向け経営支援の自社パッケージを展開する成長企業

Bnr sp354 2
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×