お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 エフェクトの企業情報

21328

株式会社 エフェクト

人と社会に良い効果(effect)をもたらし、社会に貢献する。

人と人、人と社会を結ぶ自社サービスの提供を目指す

大手システム会社にてプログラマー・SEを経験した後、企画営業として国内・外資メーカーやシステムコンサルタント会社との共同プロジェクトに多数参加し、様々な分野のプロジェクトを立ち上げた金子氏が1995年8月に設立したのが株式会社エフェクトだ。

設立当初はメーカーとシステム開発会社の仲介やシステム導入コンサル事業をはじめ、PCや周辺機器・デジタル製品のセットアップや検査・キッティング・管理・物流などを行うプロダクトサポート事業を行っていた同社だったが、「どれほど優れた技術も『人』なくしてはビジネスに変化や成功をもたらすことはできない、人と人のコミュニケーションを大切にする事業や会社、そんなもの創りたい」、常々そう考えていた金子氏にとって大きな転機が訪れる。それこそがインターネットとの出会いだった。

「もともと学生時代にマスコミをはじめとしたメディア系で就職活動をしていたんです。残念ながらその時は叶いませんでしたが、人と人を繋ぐメディアにはずっと興味があった。ネットに出会ったとき、これこそ世の中を変える新しいメディアだ!と感動したんですよ。しかも双方向のデジタルコミュニケーションが可能になるメディアだ!と」(金子氏)。

エフェクトがただシステム開発を行う企業ではなく、人と人、人と社会の豊かなコミュニケーションを結ぶインターネットというメディアを使用した自社サービスを提供する会社を目指し始めた瞬間だ。そして今まさにエフェクトは第二創業期を迎えている。

13515代表取締役社長 金子氏

オリジナルサービス実現のために。エフェクトの作戦。

2008年10月現在の社員数は10名。業務は顧客先での勤務を中心としたシステム企画・設計・開発・コンテンツ製作・運用管理など。具体的には大手ショッピングモールサイト開発・運営会社でのシステムの機能強化や新規開発、また動画配信サービスを行う会社でのサーバシステムの設計開発・運用保守など。80%以上の案件が発注元からの直接受注のため、顧客との距離も近く同社の意見や提案が通ることも多い。よってその相乗効果としてスキルアップにつながる仕事に携われる可能性も高い。

エフェクトの目標である自社サービスの開発と、現在の事業内容にギャップを感じる人もいるだろう。しかし、同社には明確な「作戦」があるという。金子社長曰く「現在はお客さま先での仕事を通じて、技術を磨き、経験を積みノウハウを溜める時期」なのだ。

現在は作戦の第1フェーズ。「メンバー個々の目標に合わせた実力の向上」と「チームワークの強化」を行っているところだ。そのために顧客での常駐業務の経験を通して個々のスキルを向上し、更にチーム単位で常駐することで組織としての力を強化しようとしている。
実際、取引企業は基本的に自社サービスを提供したり、様々なコンテンツを世間に提供している企業がほとんど。またあえてそういう企業の仕事を選んで営業活動をしているのも作戦の一つ。そのような企業のプロジェクトに参加することによって技術だけでなく、ノウハウや組織のあり方を学び、いずれ自社でサービスを立ち上げる際に役立てるという狙いがある。「10名という少人数の会社なのに、それぞれの社員が携わっている業務は開発・運用・サポート・インフラ運用・保守など多岐に渡っている。これらはすべて、将来自分たちがサービスを行うときに必要になる部門。通常のシステム会社は、開発とか、運用とか、あるいは専門の業種とか、何かしらに特化した会社が多いと思いますが、エフェクトは将来の自社サービスの流れを経験できる仕事であれば顧客からの依頼を積極的に受けています。もちろん採用の際も幅広い人材を集めています」(金子氏)。

続く第2フェーズでは「各セクションの設置と主要メンバーの配置」、「スペシャリスト集団となるためのマネジメント能力の強化」を目指す。そして現在同社では第2フェーズにシフトするためにある取組みが活発に行われているという。

現在同社内には複数のプロジェクトが存在する。内容は採用プロジェクト、技術向上プロジェクト、新規事業プロジェクトと様々だ。またメンバーも複数のプロジェクト活動に参加している。

「ただアイデアを出せと口で言っても難しい」と金子氏は語る。「外部経験や日常生活の中で得たヒントを元にどんなアイデアが出てくるのか。社内にプロジェクト制を敷き、公募していくことで少しずつアイデアの種が生まれれば良いと思っています」(金子氏)。

またプロジェクト制は単に新規事業育成のためというだけではなく、人材育成の場であり、経営視点を養うといった側面も持っている。「それぞれにプロジェクトリーダーを立てて、自分達のやりたいことをカタチにするために実際何をすべきなのかを考え、行動していく。将来的には収益性などを考える姿勢も必要でしょう」(金子氏)。更に人事評価という側面もあり、プロジェクト活動の進捗を四半期毎に管理し、活動実績と結果を把握しその結果を全体ミーティングの際に表彰状と賞品という目に見えた形で表彰をしている。そしてこれもモチベーションを上げるための一つの施策になっている。

13540
13888

物理的には離れているけれど、気持ちは近い会社

客先常駐でシステムの開発を行う案件では、社員同士が顔を合わせることも少なく、人間関係が希薄なのでは?と考える方も多いだろう。しかし、同社においては、そのような声は皆無のようだ。

2008年3月に入社した木下氏。前職は不動産会社で事務の仕事をしていたが、業務効率を上げるために社内で使用していたパッケージソフトを独学でカスタマイズ。そのときにプログラミングの面白さに目覚め、エフェクトに入社してきた。「独学だけで、ほとんど経験がありませんでしたが、面接の際に先輩がサポートするから安心してと言われ飛び込みました。隣の席で手取り足取りという訳にはいきませんが、別の職場にいる先輩がわざわざメールで連絡をくれたりと色々サポートしていただいたので大丈夫でした」(木下氏)。入社から3ヶ月の研修期間を終え、6月からは先輩社員と3名体制で、大手ゲームソフト会社からの知的財産管理システムの受託開発案件に携わっているという。

同社では月に1度全体ミーティングを行い、それぞれの仕事の状況報告と各プロジェクト活動の進捗をし合うという。ミーティングの後には食事会があり、そこでは仕事の相談だけでなく恋愛相談や人生相談まで社員間で行われる事もあるそうだ。
金子氏も社員のモチベーションを維持するために意識的にコミュニケーションを取り、価値観を共有できるようにしているという。「社員と約束したことは必ずメールで途中経過を報告するようにしています。ちゃんと上司が動いているという姿を見せることで、社員の不安を解消するようにしています」(金子氏)。

レクリエーションプロジェクトのメンバーが中心となって、社内イベントも活発に行われている。社長宅でのBBQパーティーや社員旅行、フットサルなどが行われ、休日社員同士で集まることもあるという。普段別々の現場で働いているとはいえ、様々な活動を通じ社員同士はとても仲が良いとのこと。木下氏曰く「社長も含め、みんなの距離が近い会社です」。

13519ITソリューションチーム 木下氏

社員募集というより仲間募集!もっと言うと、チームメイト募集!

求める人物像について金子氏に尋ねると、中学時代から今も続けているというサッカーに例えてこんな風に語ってくれた。
「例えばチームに中村俊輔が11人いても勝てません。守るのが得意な人、攻めるのが得意な人、或いはどちらかのサイドが得意な人そしてゴールキーパーが得意な人。そういう仲間が集まって個々の技術やスキルはもちろん、チームとしてモチベーションもって臨むから試合に勝てるしW杯にだって出られる。だから誰もが色々な個性を持っていて当然だしそれで良いのです。誰もが中村俊輔になろうと思っちゃいけない。

チームのバランスを保ちながら、それぞれの個性を発揮して、助け合い、前に進む。周りを見れば横を走っている仲間がいると思うので、そこで一声かければパス交換ができる。そうやって攻め込んでいければと思う。みんなの個性をまとめて、チーム全体を束ねていくのが社長である自分の仕事だと思っています。ただ、どんなに技術があっても走ろうとしない人はだめですね。サボッて立ち止まって待っていては絶対にパスは来ない。それから口だけのやつも(笑)。ですから精神的な意味も含め走れる方にぜひ来てほしい。是非一緒に我々のゴールを目指しましょう」(金子氏)

13517
13542

株式会社 エフェクトに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 エフェクトに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 エフェクト
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 1,000万円
売上(3年分)
2009年 7月 期 2010年 7月 期 2011年 7月 期
7400万円 7700万円 1億1千万円(見込み)
設立年月 1995年08月
代表者氏名 代表取締役 金子 健
事業内容 ※ITソリューション

※教育・人材育成

株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 * 東芝住電医療情報システムズ株式会社
* 楽天株式会社
* 株式会社ウェブプロデュース
* 株式会社ダイヤモンド社
* 株式会社コナミデジタルエンタテイメント
* 株式会社電通ワンダーマン
* 株式会社野村総合研究所
* 株式会社ドリコム
従業員数 8人
平均年齢 34.0歳
本社所在地 東京都 渋谷区神宮前 4-1-24 オフィスイワタ第一 2F
21328

株式会社 エフェクト資本金1,000万円設立年月日1995年08月従業員数8人

人と社会に良い効果(effect)をもたらし、社会に貢献する。

この企業が募集している求人

Bnr sp354 11
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる