お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 シーエンスの企業情報

株式会社 シーエンス

物流をプログラムする!大手量販店の物流システムの開発・運用支援を軸に発展するシステム会社

大手量販店向け流通システムの開発・運用で成長する開発会社

株式会社シーエンスは、代表取締役・大和隆司氏が、14年間勤めた大手量販店を辞して立ち上げた、流通業に特化したシステム開発会社である。「シーエンス」というネーミングは、システム開発を通して顧客の物流業務を「支援する」ことに由来している。

大学で工学部に籍を置いた大和氏は、大手量販店において情報システム部門を経た後、物流システム部門へ移動となった。当時はまだ物流システムという完成したものがなかった時代だ。大和氏は、日本の流通業界における物流システムの黎明期に立ち会った1人なのである。
そこで8年間勤務した後、プライベートな事情もあって退社し、独立することとなった。設立当初は大手ベンダーなどが構築を手がける物流システムのプロジェクトリーダーを請け負う仕事が多かった。
その頃は、バブル崩壊と1991年に開戦した湾岸戦争を機に、流通業界には大転換期が訪れていた時期であった。大和氏が在籍した大手量販店の物流システムも、大和氏が退職後、根本的な見直しを迫られたが、業務を引き継いでいた大手ベンダーも、大手量販店側の担当者も、その対応に苦慮した結果、大和氏に支援を求めてきたのである。

その要請を受け、人員を揃えて現場に送って対応したことが、それ以降のシーエンス社の核を形成することになった。以来、古巣である大型量販店を主な顧客とし、流通加工、品質検査、SS(サービスステーション)業務といった物流における様々なシステムの開発・運用支援に携わって来た。

近年PBの開発に力を注ぐ大型量販店グループが中国で調達した戦略商品を、中国からダイレクトに日本国内の各店へ配送する物流システム開発に参画し大いに力を発揮したのもシーエンス社だ。日本側でオペレーションをコントロールしながら、中国側では出荷指示書だけで出荷作業が完結し、誰がやっても作業クオリティを一定に保てるという仕組みを提案し構築している。
また、大型家具の配送やクーラーの設置工事等を実施する全国70ヶ所のサービスステーションと店舗をオンラインでつなぎ、商品の在庫管理および、配送・工事の受付から完了までの経緯を管理するシステムも全面的に手がけている。さらに、同グループが大手中食チェーンを買収した際には、それまで個店別に行われていた衛生管理を統合する衛生調査システムを全面的に開発している。

8249

“Speed&Sensitivity”を強みとする独自のサービスを提供

シーエンス社の大きな特徴は、流通業界に特化していることだが、その最大の強みは、変化の激しい流通業界の特質を熟知していることにある。それは単に業界の事情に精通しているというだけではない。消費動向の微妙な変化を感じ取り、顧客が抱える課題に対して、より深い提案を行うことが出来るといったところに同社の最大の強みがある。
出荷システムの構築を求められた場合を例にとれば、これからの2週間で必要な在庫を計算する仕掛け作りといったところまで踏み込んだ提案を行うといったことだ。

「流通業界は即対応が求められる業界です。微妙な変化を鋭くキャッチして、より良いサービスをいかに提供できるかが企業の盛衰を左右するのです。当社は、“Speed&Sensitivity”を重要なキーワードとして、フレキシブルな対応を実現する、感度の良いシステムづくりに努めて来ました。」(大和氏)

システム開発のためのインターフェイスが向上した現在、めまぐるしく変化する流通業界において、重厚長大なシステムを時間をかけて構築するという従来のやり方は現実的ではないと語る大和氏。そこで、同社では、基本的なシステムを短時間で作って、それを現場で動かしながら実態に即したシステムとして構築していくというスタイルを確立してきた。

これは、オーダーを受けて開発を進めたシステムが、半年後に完成した時には役に立たなかった、といった数々の経験と、“お客様に向き合った仕事をしなければいけない”という前提のもとで、一貫して「お客様とともに発展する共同体の構築」を目指して来た結果たどり着いたスタイルであり、これが同社が持続的に成長を遂げてきた大きな要因となったのである。

物流倉庫開設、グローバルな展開、その先へ

同社は、システム開発業務の中で蓄積した物流のノウハウを生かし、自ら物流業界に参入し、2013年には京都市に延床約1,800坪の物流倉庫を開設するに至る。これは大和氏がお客様のご要望に応え、お客様が二の足を踏むような物流を敢えて引き受けて来た結果であり、そこにはやはり大和氏の言う“Speed&Sensitivity”と”お客様とともに発展する”精神が生かされていると言えよう。

また、同社は2010年に中国上海市に中国事務所を開設し、さらに2016年には中国青島市のシステム会社と業務提携を行い、日系大型量販店の中国倉庫向けシステムを稼働させた。大阪本社でも2名の中国人正社員がシステムエンジニアとして力を発揮している。加えて業務提携先の中国システム会社からは、最新の技術を持つ中国人エンジニアに定期的に訪日してもらい、日本人社員達の大きな刺激となっている。

このように、大和氏は今後の日本の人口減少や市場縮小をにらみ、中小企業がグローバル化の大波の中でも生き残って行く方法を柔軟な発想で着々と準備している。この柔軟性こそ、シーエンス社が25年以上も大和氏のもと成長を続けることが出来た秘策に他ならない。

さらに大和氏は今後、これらのシステム開発業務・物流業務・海外向け業務をさらに進化させ、それぞれが独立性を保ちながらも相互に補完し合う強固な事業に発展させて行きたいと考えている。

「それには、今後の会社を担う若い力が必要です」と大和氏は言う。
25年の歴史を持つ同社は、創業当時の社員も年齢を重ね、平均年齢が41歳といささか高齢化している。
同社としては、経験は浅くとも、学び続ける意欲や会社の将来を担って行こうという気概を持った人を募集している。

14名の社員のうち半数が女性。同社入社後に結婚・出産を経験した社員は、ほぼ全員が産休・育休を経て復帰し、活躍している。その内の1名は中国人正社員だ。
大和氏は、「お客様と共に発展する共同体の構築」を恒久的な企業理念として掲げる一方、社員が安心して長く働ける環境づくりにも取り組む。そして、個々の社員の能力を適材適所で活かすための組織として同社を発展させていきたいと考えている。
中小企業ながら日々グローバルな業務に携わることができ、男女の差・国籍の差なく、やる気さえあれば誰でも活躍できる会社。
大和氏の目指す理念は、着実に形になっていると感じることができるであろう。

株式会社 シーエンスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 シーエンスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 シーエンス
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 1000万円
設立年月 1991年10月
代表者氏名 代表取締役社長 大和 隆司
事業内容 コンピュータシステムの開発 及び 運用支援
顧客の業務分析 及び コンサルティング
物流倉庫の運営
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 イオン株式会社
イオントップバリュ株式会社
日本トランスシティ株式会社
関西トランスシティサービス株式会社
株式会社テスココンポ
株式会社生活品質科学研究所
イオンディライト株式会社
三菱商事ファッション株式会社
従業員数 15人
平均年齢 41.2歳
本社所在地 大阪市北区松ヶ枝町6番17号 第7新興ビル5階

株式会社 シーエンス資本金1000万円設立年月日1991年10月従業員数15人

物流をプログラムする!大手量販店の物流システムの開発・運用支援を軸に発展するシステム会社

After covid19 bottom
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×