お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 サイエンスアーツのPR

株式会社 サイエンスアーツ

【IPO準備中】未来型チームコミュニケーションBuddycomを自社開発|音声×SaaS グローバル展開を目指すスタートアップ

259378

エンジニア
樋口 大輝 氏(2017年5月入社)

Buddycomとは、無線機やトランシーバーを元にした、現場のプロたちのコミュニケーションアプリです

Buddycomのすばらしい機能を紹介しますね。

■「音声テキスト化」
通話内容がリアルタイムでテキスト化され、全メンバーのスマートフォンに配信されるので、聞き逃した場合もタイムライン上で「いつ・だれが・なに」を話したか簡単に確認でき、音声を聞き直すこともできます。

■「トランシーバー翻訳」
通話内容が即座に、メンバーのBuddycomアプリで設定している4言語に翻訳されて読み上げられます。 例)アメリカ人、中国人、ベトナム人など同時に翻訳されます。

■「ライブキャスト」
カメラで撮影している動画をメンバーに配信します。現場の状況を動画で共有することで、言葉、声、画像だけでは伝わりにくいモノも瞬時に伝達できます
 
このような画期的な機能を組み込み、Buddycomを開発しております。
新機能をどんどん追加するために、私たちと一緒に働きませんか?

259381

営業本部セールスマネージャー
近野 楊介 氏(2014年4月入社)

現場が変わる。Buddycomは多くのお客様に利用されています

Buddycomは、現場のプロフェッショナルな人々のための、スマホIP無線サービスです。
公共性の高い現場を中心に、様々な業種業態で音声インフラとしての導入事例があり、

■JALさま
■イオンリテールさま
■JR東海さま
など、他にも多くの企業で利用されています。

「本当に助かっているよ」、「業務の時短になりました!」、「すごい!」などのユーザーからの感謝のお言葉が多く、企業の業務効率の向上へ貢献しています。

「Buddycom」は、代理店として大手のキャリアやシステム会社にも営業してもらっているのですが、「今までにないサービス」と非常に好評です。直接営業した際に「これなら社員に喜んで使ってもらえる」などと言ってもらえると本当に嬉しく思えますね。

259377

アートディレクター/PR
伊藤 恵 氏(2017年10月入社)

代表の平岡は、本当にメンバーを信頼し仕事を任せてくれています!

とても働きやすい環境だと思います。職場の雰囲気がフレンドリーなのはもちろん、とにかく自由で自分らしくいれると思います。
「若いものに任せる」と基本的には代表は裏方で、そのため、私たちで会社を作っていくことができます。このような会社で働けて私はラッキーだと思いますね。

意見も言いやすいですし、学ぶことも沢山ありますし、まだまだ社員の人数が少ないですが、がっつりスキルアップできるのも好環境だと思います。色々なことに手を出せるので常に新鮮です。
そう、シアンス・アールはやりたいことがあればどんどん挑戦させてくれる会社です!

今後はどんどん海外へ進出していきたいですね!社員数はそこまで大所帯にせず、品質の良い人気製品を世の中に送り出すような会社にしていきたいです。

259382

技術本部シニアマネージャー
沖本 和昭 氏(2006年4月入社)

サービスの開発に丸ごと関わることができるのは、大企業では絶対に味わえない醍醐味!

IP無線サービスの「Buddycom」は、スマートフォンで使うアプリとして、トランシーバーとは比べものにならないほどの利便性や拡張性、グローバル展開の可能性を持つサービスであると自負しています。エンジニアとしてそんなサービスの開発に丸ごと関わることができるのは、大企業では絶対に味わえない醍醐味だと思います。また、実際にこのサービスは今、公共交通機関や金融機関など社会のインフラで活用されています。この事実にも、大いにやりがいを感じていますね。

前々職の日立勤務時代に当社代表の平岡の下で仕事をし、平岡がマイクロソフトに移るとともに私も同社に転職しました。その平岡が当社を起業し誘われたので、ジョインすることにしたのです。それほど平岡には魅力を感じています。平岡は誰もやっていないことを切り拓いていく馬力があるだけでなく、お客様や社員に対してとてもよく気を遣うんですね。常に気にかけてもらえている安心感があるので、一緒に働きやすいのです。そのせいもあって、当社には何でも話せるフランクな空気があります。自分も、この空気を大切にしつつ、エンジニアがスマートに働ける環境をつくっていきたいと思っています。

388321

エンジニア
平岡 竜太朗(2018年8月入社)

「開発してくれてありがとう、とても便利になった」と言ってもらえる

サイエンスアーツに入社した決めてはCTOの横道と知り合いで食事をした際に、この人の下でプログラムを書くことが自身のキャリアにとって大きな成長になると、感じたためです。
またエンジニアという職種でありながらもユーザーとの距離感が近いことも一つの理由です。
ユーザーとの距離がどうしても離れてしまう職種なので、自分の作ったものが本当に正しいものなのか、誰のために作っているのか、ということがわからなくなってしまう、ということがありました。
サイエンスアーツではお客様の声をダイレクトに感じることが出来ることを今でも幸せに思います。

Buddycomの開発ではクライアントサイドの開発をしています。
基本はiOSアプリとAndroidアプリの開発をしていて、たまにサーバーサイドなどの実装もしています。
Buddycomのことを知れば知るほど使われている技術というものはとても多いんですよね。
クライアントアプリだけでも、音声のリアルタイム処理、端末のオーディオ関係、Bluetooth機器との連携、動画のリアルタイム処理、チャットインターフェイス、マップのAPIとの位置情報関連の処理など通常のアプリの開発で行う範囲の何倍もの知識が必要になります。
なのでまずこのような知識を理解し利用するというところでエンジニアとしての成長があると思います。

またユーザーは業務のコミュニケーションをBuddycomで行うため、アプリが確実に正しく動作をする必要があります。
そのためOS間での動作の違いや特性などを見極めて実装を行う必要があり、Androidエンジニア、iOSエンジニアとしてのキャリアとしてもとても魅力的な成長が出来る環境であります。
あとはやはり自分が開発した機能をお客さんが使ってくれたとき、「開発してくれてありがとう、とても便利になった」と言ってもらえることですね。
自分の労力が報われている、認められているのような安心感があるんでしょうか。
ただ一番はバグがなくてよかった、ですが。

開発で心掛けていることは、ユーザーがどのような気持ちで使っているか、ということを常に想像しています。
ここにボタンがあると変だ、このアイコンは何の意味があるんだ、ここまで出来るんだったらこの機能があればいいのに、のような自分がアプリを使っているときに感じることをユーザーも気付きます。
そして一人のユーザーがそう思っているということはもっと何人もの人が同じ考えを持っているはずです。
その一つ一つの気付きが製品を良くしていく糧となるため、それを逃さないようにしています。

Buddycomは社会との接点というとすごい根暗みたいですが、自分が社会に対してアプローチをする際のレンズのようなものです。
自分一人で出来ることは限られているけど、Buddycomというサービスと一緒ならばもっとたくさんのことが出来るのではないかと感じさせてくれるものです。

Full remote small

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×