お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ヴェネクト 株式会社のインタビュー

ヴェネクト 株式会社

徹底的な生活者インサイトの理解を武器に、最先端のマーケティングソリューションを提供

315730

テクニカルディレクター
加藤

これまでの経歴と、VENECTに入社した理由を教えてください。

2017年にVENECTのテクニカルディレクターになるまで、3つの開発会社でシステム構築に携わりました。開発していたのはフィーチャーフォン向けのサイトやスマートフォン向けのSNS連動キャンペーンサイト、産学連携の情報サイト、大学入試出願システムなど、WEBを中心とした受託開発です。

私は28歳でエンジニアになりましたから、かなり遅咲きの部類に入ります。ですからそのぶん、自分のキャリアは戦略的に考えてきたつもりです。サーバサイドからフロントエンドまで、できることは何でもやるというスタイルで経験を積んだのは、何よりも経験値を上げることが、自分の市場価値を高めることにつながると考えたからです。

当時はエンジニアリング以外にも、クライアントのもとに足を運んで仕様をまとめたり、企画や予算を提案したりすることもありましたが、不思議と嫌だとは感じませんでした。もともと人とコミュニケーションを取るのは得意な方でしたし、何より周囲の期待に応えることは私にとって誇りであり喜びでもあったからです。

WEBエンジニアだった私が、デジタルマーケティングに強いVENECTに関心を持ったのは、どんなに優れたプロダクトを開発したとしても、適切なプロモーションや広告を実施しなければ、売れないことに気がついたからです。

いまやデジタルマーケティング技術は、高度化と複雑化の一途を辿っています。もはや先端的なテクノロジーを抜きにプロダクトを世に知らしめたり、売ったりすることはできない時代です。

こうした流れが今後ますます加速すれば、広告主とマーケターの間に立つテクニカルディレクターの存在は、これからさらに重要になるでしょう。そこで私はエンジニア経験をベースに、デジタルマーケティングやプロモーションに関する知見が得られそうな企業の中から、VENECTを選びました。かつて同じプロジェクトで働いたことがあるVENECTなら、構想段階からデジタルマーケティング技術を活用した高度なプロモーション施策に携われると確信できたからです。

テクニカルディレクターとしての仕事内容を教えてください。

VENECTのテクニカルディレクターの役割は、プロジェクトの最終目標やクライアントのシステム環境を踏まえ、キャンペーンサイトやブランド構築に必要な技術要件を吟味し、開発パートナーを動員してプロジェクトを完遂させることにあります。

また担当プロジェクトでなくても、提案内容に含まれる構想がどのようなテクノロジーによって実現可能か、また、もし実現が困難だった場合は、どのような代替案が検討に値するかを、おおよその予算感を含めアドバイスすることも重要な仕事です。

テクニカルディレクターは、文字通りテクノロジーの専門家です。しかし、単にクライアントのご要望通りの仕様、機能を実現する立場ではありません。それが私にとって魅力的でした。なぜなら、ご要望の先にある見えざるリスクをあぶり出し本質的な課題を解決に導くことが、テクニカルディレクターのあるべき姿だと信じていたからです。自分が目指すテクニカルディレクター像とVENECTで求められるテクニカルディレクター像が重なったからこそ、私はVENECTに入る決心を固めることができました。

ですから、もし高度なテクノロジーを使わずに解決できる課題ならそれに越したことはないというVENECTのスタンスにも異存はありません。私たちが求めるべきなのはあくまでもプロジェクトの成功であり、クライアントのビジネスの成功です。これはテクニカルディレクターであっても変わるべきではないと思っています。

VENECTを志望される方へのメッセージをお願いします。

エンジニアの未来には大きく分けて2つの道があります。スペシャリストとして自分の技術力を向上させ続ける道と、ゼネラリストとしてテクノロジーやエンジニアをマネジメントする道です。

以前エンジニアだった頃、当時の上司からこんなことをいわれ、視野が開けた思いをしたことがありました。

それは「自分にできなければ、できる人に頼め」という言葉です。単純な台詞なのですが、その言葉は私に自分には難易度が高過ぎる課題に直面しても、それを実現できる人間の助けを借りれば、顧客満足は実現できるということを教えてくれました。これがいまのテクニカルディレクターという仕事に役立っているのはいうまでもありません。

20代のすべてを開発に費やしたエンジニアといえども、30代後半を目前にすれば、必ず自分が進むべきキャリアがどちらの方向にあるのか、立ち止まって考えるタイミングが必ずやってくるでしょう。私と同じように自らの開発欲を手放してでもクライアントに優れたサービスを届けたいと思う方はきっといるはずです。

VENECTのテクニカルディレクターは、クライアントの担当者に対しては、エンジニアリングの言葉をビジネスの言葉に変換して伝え、開発パートナーのエンジニアには、ビジネスの言葉をエンジニアリングの言葉に変換して伝えるという重要な役割を担っています。

もしもあなたに、エンジニアとして培った経験や知識を存分に発揮したい、テクノロジー×デジタルマーケティングによって、クライアントの課題を解決しビジネスの成長を促したいという気持ちがあるなら、ぜひVENECTでのキャリアを検討してください。

ここには、デジタルマーケティングを起点に、課題発見、戦略・戦術の立案、施策の実行、データ検証の各段階で精度の高い答えを導き出し、クライアントのビジネスのグロースさせる仕事があります。きっと画面に向かってコードを打ち続けるだけでは感じられない充実感が得られるはずです。

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4

成長企業の求人を多数掲載!

成長意欲の高い方へ。Greenではそんなあなたにぴったりの求人を取り揃えています。

プロフィールをしっかり入力していたせいかたくさんのスカウトが届いて、その中の一社へ転職することができました。
システムエンジニア 28歳
他の転職サイトに比べて今話題の会社がたくさん載ってるなという印象です。成長意欲の高い人にはおすすめですね。
マーケティング 29歳
職歴のサンプルを編集してそのまま入力できるので、煩わしいプロフィール入力もストレスを感じなかった。
新規事業企画 30歳
スマフォサイトの求人情報も見やすく、機能が充実していて、私の転職活動はほぼスマフォで済みましたw
企画提案営業 26歳
メールでお知らせしてくれるおすすめ求人がすごくマッチしてました。毎回メールが来るたびにチェックしています(笑)
Webデザイナー 28歳
求人ページの下や応募完了ページなどに表示されるおすすめ求人の精度が高く、応募したい求人が多かったです。
プロジェクトマネージャー 32歳
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×