転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像

株式会社テレコムフォース

  • サービス系
  • コンサルティング・リサーチ

【ソニーグループの成長企業】NURO光代理店事業とコールセンター受託事業が好調。新体制で事業領域拡大に挑む

残業少なめ

企業について

株式会社テレコムフォースは、ソニーグループが提供する高速光回線「NURO(ニューロ)光」の代理店事業を展開する企業である。販売に関わる業務のほか、コールセンターや工事調整等のバックオフィス業務も受託する。またNURO光におけるコールセンター業務で培ったノウハウを活用し、他分野コンタクトセンターの受託にも事業領域を広げている。
同社は2013年に創業した後、業務移管や社名変更等の変遷を経て、親会社から2023年4月に新設分割。再びテレコムフォースの名に戻し、ソニーグループの新会社としてスタートした。設立と同時に新たに就任した代表取締役社長の下、既存事業の売上増とともに、新規事業の立ち上げを視野に入れて成長を目指す。同社は新機軸を打ち出した今期を第2創業期と位置付けて、組織強化に努める。

NURO光は、ソニーグループが提供する、高速通信とリーズナブルな価格が特徴の光回線サービスである。
戸建て住宅向けとマンション向けの2プランがあり、同社はその1次商社として代理店活動を行っている。戸建て住宅向け代理店事業は、主に2次代理店の拡大・管理・指導と、自社による商材拡販を行う。マンション向け代理店事業では管理会社・管理組合・オーナーへの導入提案や、導入サポート、導入後の住民への営業活動を行う。いずれのタイプにおいても競合優位性があるサービスのため販売しやすく、導入後の満足度も高い。インターネットはもはや生活に欠かせないインフラであり、社会的意義の高いサービスを提供する仕事にやりがいを持つ社員が多い。戸建て・マンションと担当領域ごとに部門は分かれているものの、情報共有と連携を密に行い、一丸となって拡販に取り組んでいるのだ。

代表取締役社長の米庄靖之氏は、自社の強みについて「即断即決のスピード感と少数精鋭規模ならではの機動力。さらに、他の受託会社では難しい依頼にも応えられる組織体制と、現場対応力に自信があります」と話す。
新会社ではあるものの、前述の設立背景によりNURO光の代理店事業においては10年の実績を持つ。今後は事業領域を広げ、成長を加速したいと意気込む。

今期を第2創業期と位置付ける同社は、「より魅力のある会社、働いている人に良かったと思ってもらえる会社」を目指し、様々な取り組みを進めている。
ミッション・ビジョン・バリューの制定もその一環。役員ばかりでなく社員が加わって協議を重ね、以下に決定した。

【ミッション】先進性×信頼で人・サービス・会社を繋ぎ、新たな価値を提供する
【ビジョン】すべてのお客様に笑顔と満足を
【バリュー】「CHANGE」変化を受入れ成長を希求しよう

代表取締役社長の米庄靖之氏は、込めた思いを次の通り話す。
「ミッションは“会社の存在意義は何か”を皆で一緒に考えて言語化しました。ビジョンは会社の目指す姿です。NURO光を使うお客様、業務を委託してもらっている企業等、全ての顧客に満足を与える会社になりたい。その先に会社の成長があります。バリューは行動指針で、今までの価値観や大切にする思いは持ちつつも、市場のスピードや進化に追い付いていこうと示しました。変化を拒んでは、会社も個人も成長はないと考えているからです」

米庄氏はトップダウンを良しとしない。社員が会社に愛着を持ち、自分の会社だという意識を育みたいと主体性を大切にする。ロゴデザインも社員が担当したというから徹底している。企業ブランディングに当たっては代理店等の外部を入れず、全て自分達の手で進めているのだ。
「制定したミッション・ビジョン・バリューの浸透を図るべく、折に触れて全社的に発信するよう意識しています。一方で押し付けにならないようにも気を付けています。また半期に一度の全社ミーティングでは、売上目標や会社の数字を発表するようにしました。これまでは一部の人しか知らなかったのですが、皆に自分事として捉えてもらいたいと考えたからです」
米庄氏が社員の意見をまとめながら先頭に立って方向性を示し、組織を牽引している。社員からは米庄氏のリーダーシップによって、社内が一層明るくなり皆の士気が上がったとの声が聞かれた。

同社が見据える未来はどのような姿なのだろうか。
「まずは業務効率化を積極的に進めます。コールセンター業務も例外ではなく、好きな環境で業務できるようにしたい。そうすれば働く人も嬉しいですし、災害時のリスク軽減にも繋がります。セキュリティの課題があり一筋縄ではいきませんが、諦めたらそこで終わりなので様々な方法を模索しています。DXも欠かせないテーマです。顧客に相対する私達だからこそ分かるユーザーの声を顧客にフィードバックしたい。テクノロジーを活用してデータの収集や分析を行い、コンサルティングやマーケティング事業の展開も考えています。そのほかに我々が持つ販売網やノウハウを活用して、NURO光以外の商材を販売するビジネス、または通信分野以外の業務受託にも発展させたい」と米庄氏は意気込みを語った。
NURO光の代理店事業のイメージが強い同社だが、そこにとらわれない新展開を描いているのだ。
米庄氏は「当社ではソニーグループのスケールメリットやリソース、ノウハウ、テクノロジー等、様々なアセットを活用できます。アイデア次第で、いろいろなことに挑戦できる会社です」と力を込める。

管理部 部長の永堀暢庸氏は会社のカルチャーについて「経営陣との距離が近く、社員間のコミュニケーションもスムーズ。役職や部門を意識することなく意見交換が活発です」と話す。
取材で訪れた際もオフィス内は業務に集中していて静かなのだが、廊下や休憩スペースからは社員同志の楽しげな笑い声が聞こえてきた。和やかな雰囲気と良好な関係性が伝わってくる。
フラットなコミュニケーションと、強みである機動力との相乗効果でアイデアの実現性は高い。社内では代表も社員と並んで座っていて、カジュアルに相談や意見を述べに行く姿が日常的に見られる。

また少数規模故に各自の業務領域が広く、部門の境界が良い意味で曖昧な点も特徴だ。
永堀氏は、「現在の当社では、いろいろな業務をこなせるジェネラリストが活躍しています。新しいメンバーにも広い視野と柔軟性を持って、一つの業務だけに固執しない幅広い取り組みを期待しています」と話す。
「求めたいのは、志を持った人。暴走してもいいです。失敗はやり直せますが、“できない”と言って止まってしまっては、前進はありません。志があることで、止まらずにいられます」と米庄氏は続けた。
実際同社には、大手企業に見られがちな職域の狭さや閉塞感を打破したいと転職してきた社員も少なくない。やりたいことがあったり、幅広い経験を積むことで成長スピードを加速したりしたいならば非常に魅力ある環境だ。
組織と事業領域の拡大に挑む成長フェーズ故に、リーダーやマネジメントのポジションが増える見込みだ。経営面への関与にも期待がかかる。

米庄氏はGreenユーザーへ応募を呼び掛ける。
「大手企業の安定基盤の下、フレキシブルかつ機動的な働き方ができるのが当社のいいところ。社員一丸となって会社を発展させる経験が得られ、新しい挑戦を求める方にとって理想的な環境と言えるでしょう。経験を積んで成長したい方に、ぜひ当社を選んでいただきたいです」
他のベンチャーにはない独自性を備える企業だ。気になるところがあれば、気軽に問い合わせてほしい。

募集している求人

経理・管理・バックオフィス職の求人(1件)

PR

すべて見る

企業情報

会社名

株式会社テレコムフォース

業界

サービス系 > その他サービス系

コンサルティング・リサーチ > その他コンサルティング系

サービス系 > その他サービス系

企業の特徴
残業少なめ
資本金

4500万円

設立年月

2023年04月

代表者氏名

米庄 靖之

事業内容

・電気通信事業法による電気通信事業者の代理店業務
・コンタクトセンター運営業務

株式公開(証券取引所)

非上場

従業員数

56人

平均年齢

39歳

本社住所

東京都品川区西五反田1-1-8 NMF五反田駅前ビル8階

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 BLANC
株式会社 BLANC
"余白"をつくる
無料登録して話を聞いてみたい
👋
株式会社テレコムフォースに興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.