転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業メインロゴ

Willbox株式会社

  • IT/Web・通信・インターネット系
  • 商社(卸売)・流通・小売り系
  • コンサルティング・リサーチ

国際物流をより最適に、よりスマートに!国際物流プラットフォーム / マーケットプレイス『Giho』で物流業界に変革を起こす!

上場を目指す
平均年齢20代
自社サービス製品あり
グローバルに活動
カジュアル面談歓迎

企業について

Willbox株式会社は国際物流ITプラットフォーム / マーケットプレイス『Giho』を運営している2019年11月創業のスタートアップ。既にVCから3回・計8億円超の投資を獲得し、急成長を遂げている。

『Giho』は「荷主」である大型工作機械メーカー等と、その製品を輸出する物流業界各社をマッチングし直接つなげるサービス。物流業界には梱包、倉庫、陸運、通関、海運等の会社があり、『Giho』は各物流会社の業務内容や得意分野、所有設備、稼働状況等、最大400項目に及ぶデータベースを構築。海外へ荷物を送りたい「荷主」との1対Nによる複雑な組み合わせの中から最適なマッチングを実現し、大幅なコストカットを実現している。

また、従来の国際物流では見積もりを取るだけでも数日かかるのが一般的だが、『Giho』を使えば最短10秒で見積もりを算出することが可能となる。物流を取りまとめるフォワーダーの担当者は、1日の業務時間の60%を見積もり業務に割いているものの、相見積もりによってそれらの80%を失注しているというデータがあるが、業界全体で発生しているこのような壮大なロスを『Giho』によって無くすことを目指している。

『Giho』が特に強みとしているのは、大型貨物輸送における最上流工程に位置する梱包領域だ。梱包によってその後の物流工程が確定するが、現状は“職人の経験と勘”を頼りにしているケースが多い。『Giho』では“職人の経験と勘”をデジタル化した“Giho Engine”を開発し、貨物に対して最適な梱包を瞬時に算出することで、短時間での見積もりを可能にしたのである。

『Giho』内の物流会社のデータベースや“Giho Engine”は世界でも例のない唯一無二の武器であり、Willboxが秘めている可能性や将来性を象徴しているといえる。

創業者の神 一誠氏は、家業である梱包会社で法人営業を経験した後、台湾支社に赴任し現地の物流現場で梱包業務に携わる。そこで、梱包する製品を見ただけで必要な材料や設計、業者手配等を瞬時に頭で計算し、寸分の狂いもない完璧な見積もりを叩き出すギホーさんという職人の存在を知る。

「この素晴らしいギホーさんの頭の中を再現させるシステムをつくりたいと考えました。梱包をはじめとする物流業界には、見積もりに多大な時間を要したり、余計なコストが発生するといった問題点があり、それをテクノロジーで解消できるのではないかという発想でした」(神氏)

自らの貯金を原資に『Giho』の開発に着手すると、シードラウンドで1,500万円の投資を受け、エンジニアを採用し開発を本格化。2021年5月にはプレシリーズAラウンドで9,500万円、2022年10月にはシリーズAラウンドで約7億円の調達に成功した。データベース化する物流会社の開拓は、創業後3カ月で111社を集める。「この、物流業界の協力体制を取りつけた信用力と、私が業界のインサイダーであるという点がVCに高く評価された」と神氏は語る。

今後の成長戦略としては、データベース化する物流会社を増やすと共に、国際物流に関わる上での海外展開に注力する。既に台湾への拠点進出を決めて動いており、その後は東南アジアや欧米にもアプローチしていく構えだ。

「加わっていただく物流事業者の数を増やせば増やすほど、より的確なマッチングが可能となり、結果的に荷主も増えるという良いスパイラルができると考えています」(神氏)

また、『Giho』には国際物流の運用に必要な諸情報を確認できるSaaSや、荷主と物流事業者各社がやり取りできるコミュニケーション機能を搭載する予定で、プラットフォーマーとしても存在感を今後も強めていく。

Willboxは「国際物流をより最適に、よりスマートに。」というミッションを掲げている。既存の物流業界をリスペクトしつつ、デジタルの力によって徐々にスマートにしながら進化・発展させていく役割を担うという想いが込められている。

神氏のマネジメントポリシーは、「“Why?”にはうるさいが、“What?”や“How?”は現場の考えを尊重する」というもの。MissionやVision、Willの原理原則を重視し、全員が徹底的に事業に向き合うカルチャーを形成している。

「日頃からWillを意識した声を掛けを行うなどコミュニケーションを通してカルチャーの定着を図っているほか、毎週月曜日の朝会でWillについて全員で考える時間を設け、認識を統一しています」(神氏)

レガシーが残る国際物流業界を相手にするため、スタートアップ期ではあるがタフな交渉が必要な局面も多い。
「投資家との約束を守るため、逆境にあっても事業計画は何としても達成するというマインドを持つメンバーが多く、非常に頼もしいと感じています」と神氏は話す。

そんな同社が求めるのは「誠実で素直、真摯であること」「目の前で起こる問題に正面から向き合い、激しい変化も楽しめるようなタフさがあること」の2つを満たす人。

旧態依然とした業界に変化を起こしていく存在として、楽な仕事ばかりではないだろうが、その過程すらもやりがいに感じられる人にとっては非常に魅力的な会社となるだろう。

募集している求人

企画・マーケティング職の求人(1件)


営業職の求人(1件)

PR

すべて見る

インタビュー

Willbox株式会社のインタビュー写真
代表取締役 神 一誠氏

── ご略歴をお教えください。

実は、最初の就職では全く国際物流業界に身を置くとは考えていませんでした。私の家業は国際物流における梱包業を営んでいるのですが、後を継ぐという発想はまったくなく、求人サイトを運営するディップ株式会社に新卒で入社します。そこでセールス職の面白さ・奥深さに触れ、自らのキャリアの軸をセールスに置いてキャリアアップしていく事になりました。その後、株式会社マイナビ等、キャリアアップで数社経験しました。そして4年ほど働いた頃、結婚・子供の誕生を機に、父親から家業の後継話をされるようになります。そこからはっきりと家業の承継を意識し始め、家業である梱包会社に入社し、ようや... 続きを読む

社員の声

すべて見る

求職者の声

企業情報

会社名

Willbox株式会社

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

商社(卸売)・流通・小売り系 > 物流・運送・倉庫・梱包

コンサルティング・リサーチ > その他コンサルティング系

企業の特徴
カジュアル面談歓迎、上場を目指す、平均年齢20代、自社サービス製品あり、グローバルに活動
資本金

1億円

設立年月

2019年11月

代表者氏名

代表取締役 神 一誠

事業内容

Willboxは、国際物流業界に焦点を当て、デジタルプラットフォーム「Gihoマーケットプレース」を通じて、日本国内外の物流リソースを統合し、既存物流の流れを革新していきます。

株式公開(証券取引所)

非上場

主要株主

神 一誠 SMBCベンチャーキャピタル 丸紅ベンチャーズ ANOBAKA Salesforce Ventures(米国) 三菱UFJキャピタル Golden Asia Fund(ITIC)(台湾) みずほキャピタル株式会社 LaunchPadFund 守屋 実

従業員数

24人

平均年齢

33歳

本社住所

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目3番1号  クイーンズタワーA 14階 ※東急東横・みなとみらい線「みなとみらい駅」 直結 ※JR各線・横浜市営地下鉄「桜木町駅」 徒歩8分

この企業と同じ業界の企業

画像なし
TFHD digital 株式会社
東急不動産ホールディングスのデジタルカンパニー
無料登録して話を聞いてみたい
👋
Willbox株式会社に興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.