お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 PRUMの企業情報

442322

株式会社 PRUM

安定とチャレンジが共存し“日本一エンジニアが成長できる会社”を目指す

自分達自身が欲しいと思う自社独自サービスの開発・運営へ

システム開発事業と、人材紹介事業を手掛けている、株式会社PRUM。2019年12月に設立されたばかりの新鋭の同社は、“日本一エンジニアが成長できる会社”を目指している。
システム開発事業では、受託開発とSESを展開。受託開発における主な実績は、次のとおりだ。

・施工管理業者向けアプリ開発(Ruby on Rails, AWS)
・フリーランス管理台帳システム開発/導入(Forguncy, Azure)
・電気自動車充電バー予約システム開発(PHP Laravel, Vue.js, AWS)
・人材診断サービス開発(Ruby on Rails, Vue.js, Heroku, AWS, OCR)
・旅メディアアプリ開発(iOS, Android, Java Spring)
・マンションアプリプラットフォーム開発(Java Spring)
・企業向けポータル作成サービス開発(PHP Laravel, AWS)
・企業向けテンプレートサイトリニューアル開発(PHP Laravel, AWS)
・地方名産品ECサイト/メディア構築/マーケティングコンサル(Shopify, WordPress)

代表的なものは、施工管理業者向けアプリ。日本のユニコーン候補に挙げられるベンダー企業から直契約でアプリ開発への技術協力を行っている。
人材診断サービスは、経営コンサルティング企業による当該ノウハウをツール化し、クライアントに提供するもの。サービス開発を、丸ごと直接受託している。

直契約のクライアントには、NTTデータ、サイバーエージェント、日本電気、リクルート、電通、日立製作所、SCSK、メルカリ、クラウドワークスといったビッグネームが並ぶ。

一方のSESは、2021年10月からスタートしたばかり。経験の浅いエンジニアが成長できるファーストステージと位置付けている。

同社はさらに今後、自社独自サービスの開発・運営を加えていく構えだ。そのイメージについて、代表取締役の岩本稜平氏は次のように説明する。
「まずは、ペルソナを自らに置き、自分達自身が欲しいと思うSES管理や採用管理、人材紹介タスク管理といったツールにしたいと考えています。こうした自社サービスを次々につくり出し、分社化・グループ化して発展を続けていくビジョンを描いています」

2022年から自社サービスの開発に着手し、2027年までにIPOも可能な300名体制を目指す。「もしIPOできれば、時価総額1,000億円を狙います」(岩本氏)。

442363同社は受託開発とSESによるシステム開発事業と、人材紹介事業を手掛ける企業だ。
442357さらに今後、自社独自サービスの開発・運営を加えていく。
442367

安定とチャレンジが共存する会社を実現させる、独自のエンジニア育成基盤

同社の成長ビジョンのコンセプトは「安定とチャレンジが共存する会社」。“安定”とは、評価の高い受託開発やSESで確保し、“チャレンジ”は9割が失敗に終わるという自社サービスを指す。
「“安定”による経営力を維持し、やってみなければ分からない自社サービスにチャレンジをし続け、成功確度を上げていく取り組みを続けていく考えです。そのためにも、仮に自社サービスがヒットしても、受託やSESは止めるどころか戦略的に伸ばしていきます」と岩本氏。

そんなビジョンを決定的に左右するのは、エンジニアの確保と育成である。
「当社は“日本一エンジニアが成長できる会社”を目標に掲げていますが、どこよりも優秀なエンジニアが育つ基盤ができれば、事業を成功させることはできると確信しています。日本には未経験者がプログラミングスクールで何カ月も学んだものの、どこにも入れず困っている人が非常に多くいるのです。こうした人達を一から優秀なエンジニアに育てるのが、当社の主要なミッションです」(岩本氏)。

そのエンジニア育成基盤として、“業務内”と“業務外”の2トラックによる育成メソッドを構築していく。

“業務内”では、SESや受託開発を有効に活用する。まず、未経験や経験の浅いエンジニアから力量に応じたSESの現場をアサインし、経験を積んでもらう。一定の力量を身に付けたら、受託開発にシフトし、さらに力量を高める。
「私自身、SESのエンジニアからスタートし、ポータルサイト運営会社での自社サービスやフリーランスとしての受託開発と、一通りのモデルを経験しました。その中で最も成長できたのは、受託開発でした。クライアントの漠然としたイメージから始まり、ゼロから考えて最終的に形にするまでを全て担うからです。しかし、経験が浅いうちは難しすぎるので、業務範囲が限定されているSESから入ることが順当なセオリーだと考えています」(岩本氏)。

“業務外”では、社内に3ステップの施策を設ける。
一つ目は、「PRUMアカデミー」。未経験等の初歩レベルの人材は、一人ひとりの状況を勘案した3カ月程度の育成ロードマップを提示し、そのカリキュラムに則して自習を行う。
“卒業”すれば、次のステップの「Geek Lab.」に進む。
二つ目の「Geek Lab.」は、社内ツールや自社サービスを実際につくってみる部活動的な位置付け。会社が指定するアーキテクチャーによって、普段はタッチしないような技術を用いて完成責任等を負うことなく自由に開発する。その結果を岩本氏やリードエンジニアがレビューするといった内容だ。
三つ目は、「Engineer Update Meeting」。岩本氏以下、あらゆるレベルのエンジニアが5名ほどのグループをつくり、日頃の業務や自身の成長についての悩み等を発表し、他のメンバーがコメントし合うというもの。その中から発表者は成長のヒントを拾うと共に、心理的安全性を担保する機会にもするという狙いがある。

「これらの基盤は、始めたばかりです。これから磨き込み、更新を重ねて“日本一エンジニアが成長できる会社”を目指していきます」と岩本氏は意気込む。

442343成長ビジョンのコンセプトは「安定とチャレンジが共存する会社」。
442349“安定”とは、評価の高い受託開発やSESで確保し、“チャレンジ”は9割が失敗に終わるという自社サービスを指す。
442368

現在の13名のエンジニアのうち11名は未経験から育成!

2021年12月現在、社員数は17名(うち役員とバックオフィスは計4名)。
「2020年7月の、まだ役員2名の段階で、5名の未経験者を採用しました。現在の13名のエンジニアのうち11名は未経験から育成しました。いずれも戦力になってくれています」と岩本氏は強調する。

そんな同社が暫定的に掲げているビジョンは、「誰もが理想を実現できる社会へ」。
そのためのミッションは「つくる、磨くをどこまでも」である。
「DXが盛んに叫ばれていますが、日本では優秀なエンジニアが圧倒的に不足しています。そういうレベルに達する前に諦めて辞めてしまったり、少しできるようになって満足し、現場で落ち着いてしまったり。そこを、当社を少しでも突破させる場にしていきたいと思っています」

そう話す岩本氏自身に、エンジニアとしての成長が思うようにできなかったことへの強烈な後悔があるという。
「若い頃は、そもそも何を目指せばいいかすら分からない状況で、ただがむしゃらにやっていただけでした。 今思うと、しっかり筋道立てて一歩一歩、正しい方向での成長を重ねていけば、 5年後には誰もが欲しがる優秀なエンジニアになれたと思います。自分と同じような後悔を生まないような会社をつくりたいとの思いが、現在のサービスのきっかけです」
これが、“日本一エンジニアが成長できる会社”の原点だ。

働く環境やカルチャーづくりとしてユニークなのは、「200円ランチ制度」。岩本氏のアシスタントが元シェフで、毎日、オフィスのキッチンで本格的なランチをつくってくれるというもの。「メンバーのいい交流の場にもなっている」と岩本氏。
また、本社での勤務中に眠気を感じたらいつでも10分間の昼寝ができる「パワーナップ制度」もある。
そのほか、年1回、全額会社負担による社員旅行や、数か月ごとに社内で行うパーティー、飲み放題のドリンクバーも。

同社が求める人材像について、岩本氏は次のように呼び掛ける。
「エンジニアは他者から評価される職業。どれだけスキルが高くても、『この人と仕事したくない』と思われたらアウトです。他者といいチームをつくれることを当社では最重視します。それと、コツコツ成長していきたい方や成長できる機会に飢えている方。また、スタートアップにつき、内部はポストだらけです。これからPRUMという会社づくりに参画したいリーダークラスも大歓迎です」

442348同社のビジョンを決定的に左右するのは、エンジニアの確保と育成。未経験者を積極的に採用し、“業務内”と“業務外”の2トラックによるエンジニア育成基盤で成長を促進する。
442324「200円ランチ制度」「パワーナップ制度」等、エンジニア思いの制度も特長的。
442369

企業情報

会社名 株式会社 PRUM
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 1000万円
設立年月 2019年12月
代表者氏名 代表取締役 岩本 稜平
事業内容 Webシステム開発、ネイティブアプリ開発、ホームページ制作、新規事業コンサルティング
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 23人
平均年齢 34.0歳
本社所在地 東京都新宿区西早稲田3丁目31番11号
ニューライフ西早稲田ビル 別館5階
442322

株式会社 PRUM資本金1000万円設立年月日2019年12月従業員数23人

安定とチャレンジが共存し“日本一エンジニアが成長できる会社”を目指す

この企業が募集している求人

×