お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 Seven Rich Accountingの企業情報

401839

株式会社 Seven Rich Accounting

ITを駆使したスマートなクリニックを支える、社会的意義の高いエンジニア業務

「Web予約」「Web問診」「カード決済」「LINEでの診察結果報告」で医療を変革

株式会社Seven Rich Accountingは、Seven Rich Groupの代表会社として、スタートアップやグループ会社に対する経営コンサルティングや事業支援、および自社事業運営を行っている企業である。同社は、2021年5月に東京・渋谷駅前にオープンした、ITを全面的に活用した画期的なクリニック『CLINIC TEN』のシステム(以下「TENシステム」という。)を全面的にバックアップしており、そのシステムを担うエンジニアを求めている。

風邪等で病院に行くと、次のような不満を感じることがあるだろう。
「長時間待たされて、診察時間はわずか3分。さらに会計を待ち、処方箋を出す薬局でも待たされる。医師とのコミュニケーションが希薄なので、処方薬を飲む以外の養生もままならない。結局“薬漬け”になるのか」

TENシステムでは、こうした問題をITの力を活用して改善し、スムーズかつ充実した「情報処方」でCX向上を図っていることが特長的だ。その流れは次のとおり。

まず、診察を受けたい人は、Webで予約を取る。LINEと連携しているので、面倒な会員登録は不要だ。
予約の際に、症状等を「Web問診」で回答する。クリニック側は、この問診回答を基に診療の準備を行う。
『CLINIC TEN』では患者は部屋の枠を予約し、受付後そのまま診察室に入る。そこに医師が入ってきて、15分間等所定の時間、じっくり診察が行われる。
診察が終了後は、登録済みのクレジットカードで決済されるので会計を待たずにそのまま帰ることができる。
診察後、医師から診察結果がLINEで送られてくる。どう養生すればいいかの「情報処方」が提供されるので、患者は次にまた同様の症状が出た時に見返して養生することが可能だ。

こうした診療スタイルを可能にしているのが、ITの力である。
Seven Rich Accountingは、TENシステムを、CLINIC TENのブランチ展開し、さらに他院へと展開していく戦略的なITパートナーを担う立場だ。

「このプロジェクトに関わるエンジニアは、医療の在り様を改革する社会的意義や、実際にシステムを使う現場と密接に関わりながらシステムを構築・運用できる手応えを感じられると思います。エンジニアとしてプログラミングスキルを上げるというより、ビジネスパーソンとして事業づくりに参画したいというマインドセットの方のほうがフィットするかもしれません」と、この事業をリードする開発部事業部長の丹哲郎氏は話す。

401850同社はスタートアップやグループ会社に対する経営コンサルティングや事業支援、および自社事業運営を行っている企業だ。
4018572021年5月に東京・渋谷駅前にオープンした、ITを全面的に活用した画期的なクリニック『CLINIC TEN』の立ち上げから運営まで戦略的なITでパートナーとして関わっており、そのシステム領域を担うエンジニアを求めている。
401864

“身の回りの人を幸せにする”ために“手の届く経済圏”をつくる

Seven Rich Accountingは、Seven Rich会計事務所と共に、大手監査法人出身である公認会計士の服部峻介氏が2011年に創業した。会計事務所だけでなく、Seven Rich Accountingまで設立した理由を、服部氏は「特にスタートアップを中心に、目の前のクライアントやパートナーのために、範囲を制限することなく何でも力になりたかったから」と語っている。
服部氏は、会計や税務についてはもちろん、人材採用や店舗デザイン、スタッフの健康等、あらゆる相談に応えられる体制づくりを目指した。

掲げたビジョンは、“身の回りの人を幸せにする”。このビジョンを実現させるミッションを、Seven Rich Groupという“手の届く経済圏”をつくることに置いている。その考え方について、丹氏は次のように説明する。
「服部は、身の回りの人を幸せにしたい理由は、会計事務所のビジネスモデルがクライアントと一生付き合っていくことが前提にあることを挙げています。長期的な付き合いをするには、一取引を超え、リスクを負ってクライアントと共に事業をつくっていくことが必要。そこで、自らが“手の届く経済圏”をつくり、お互いに送客し合える形でクライアントを支援しているのです。」

支援の形は、3通りある。
1つは、コンサルティング会社や会計事務所としてのサポートを受託している。
2つ目は、加えて出資まで行い、より深く関与する形。現在、30以上の事業者に出資している。
3つ目は、事業を始めたいが起業リスクを案じる人材を自社で雇用し、自社事業としてインキュベートする形だ。

このようにして手掛けている自社事業は、現在、約10事業に及んでいる。主なものは次のとおりだ。

●パーソナルトレーニングスタジオ『b{stoic』
筋トレベースのセッションと一線を画し、運動を通じて脳へ刺激を送り機能を高めることに主眼を置いているのが特長。
●カフェ『じそく1じかん』
“なんかいい”時間を届ける、パンとコーヒーの新しい可能性にチャレンジするカフェ。
●札幌発スープカレー専門店『Suage Japan』
鶏ガラとトマトをベースに、何種類ものスパイスを調合したオリジナルスープが特長。
●弁当デリバリー『ママの休食』
栄養バランスが取れ、「毎日食べたい」と思えるこだわり抜いたお弁当を自宅までお届け。
●ミドル層向けキャリアエージェント『PIT』
複数事業展開とコーチングを通じて、クオリティーの高いマッチングを実現。
●おやすみプロジェクター『kipkip』
子供の寝かしつけに苦労している親もラクラクの、寝かしつけ絵本プロジェクター。

「それぞれの事業は、スケールを追うことよりも手触り感を大切にするところが当グループの特色かと思います」と丹氏は話す。

401860『CLINIC TEN』は、ITの力を活用して医療におけるフリクションを改善し、スムーズかつ充実した「情報処方」でCX向上を図っている。
401854関わるエンジニアは、医療の在り様を改革する社会的意義や、実際にシステムを使う現場と密接に関わりながらシステムを構築・運用できる。
401863

社員とも一生付き合えるために“一生働き続けられる組織風土”づくりを目指す

そんなSeven Rich Accountingのカルチャーにも、“身の回りの人を幸せにする”というビジョンが色濃く反映されている。社員は、そんな“身の回りの人”の最たる存在だからだ。そして、同社がクライアントと一生付き合っていくことを前提にしているのと同様、社員とも一生付き合えるために“一生働き続けられる組織風土”づくりを目指している。そこには、「事業自体が目的なのではなく、身の回りの人を幸せにするためにその事業を行っているという考え方がある」と丹氏。

したがって、個々の社員についてはプライベート面にも踏み込んでアドバイスを行うこともあるという。丹氏は次のように説明する。
「ある社員がコンディションを落としている原因が家族関係にあるとすると、一般的な会社はそこにはノータッチでしょう。しかし、当社では『家族との関係を良くしていくべきではないか?』と踏み込む傾向があります。もちろん、現代の若者が求める会社とプライベートとの距離は重視しつつも、社員が困っていたり苦しんでいることは決して放置しないウェットなカルチャーがあると思います」

新しい事業を始めることでも、「A君に子供ができて、いい保育園がないと悩んでいるから、自分達が理想とする保育園をつくろう」といった発想がベースにあると言えば分かりやすいだろう。

社員同士が理解を深め合う場としては、日帰り合宿研修が行われている。各事業の今後についてのディスカッションや、個人のキャリアビジョンの共有が行われる。「ここで事業と個人のビジョンをマッチングし、メンバーの最適なアサインを行っている」と丹氏。

また、新メンバーはスタンプラリー的に全ての事業を客として体験し、事業責任者とコミュニケーションする機会も設けられている。

「社内の雰囲気としては、20代後半のメンバーが多く、くだらない話からお互いの夢までよく話す、コミュニケーションが盛んなざっくばらんとした空気がありますね」(丹氏)。

そんな同社が求めている人材像は、次のとおり。
・他責ではなく自責で問題の根本にアプローチできる
・依頼ベースではなく、自ら進んで改善提案ができる
・スタートアップのフワフワした状態を楽しめる

「エンジニアやスタッフという機能は、受け身でいると振り回されて終わると思います。そうではなく、案件にガッツリ入り込み、『何がやりたいのか?』『この事業をどうしたいのか?』と事業主体に迫り、理想の状態に近付けることを楽しめるような方に是非来ていただきたいと願っています!」と丹氏は期待を寄せる。

401855社員同士が理解を深め合う場としては、日帰り合宿研修が行われている。各事業の今後についてのディスカッションや、個人のキャリアビジョンの共有が行われる。
401842社内の雰囲気としては、20代後半のメンバーが多く、くだらない話からお互いの夢までよく話す、コミュニケーションが盛んなざっくばらんとした空気がある。
401861

株式会社 Seven Rich Accountingに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 Seven Rich Accountingに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 Seven Rich Accounting
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
コンサルティング・リサーチ >  その他コンサルティング系
企業の特徴
  • 平均年齢20代
設立年月 2011年07月
代表者氏名 代表取締役社長 服部 峻介
事業内容 会社設立・スタートアップ支援/会計顧問/経理・総務業務アウトソーシング/事業継承・相続/資金調達・助成金コンサルティング/セミナー実施/その他(カフェ経営・パン屋経営・スープカレー屋経営・パーソナル事務経営・針灸経営・食事管理事業経営)等、グループ会社として多角経営を展開
従業員数 150人
本社所在地 東京都渋谷区渋谷3-19-1 渋谷オミビル 4F
401839

株式会社 Seven Rich Accounting資本金設立年月日2011年07月従業員数150人

ITを駆使したスマートなクリニックを支える、社会的意義の高いエンジニア業務

この企業が募集している求人

×