お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ANNAI 株式会社の企業情報

440439

ANNAI 株式会社

「攻めと守りのDX戦略をワンストップで創造する」WEBシステム開発ベンチャー

ANNAIは、クライアントの事業を成功に導く"伴走者"

ANNAI株式会社は、Drupal(多言語対応CMS)に特化したWEBシステム開発会社です。同社はDrupalの拡張性や柔軟性、堅牢なセキュリティといったWEBアプリケーションフレームワークとしての優れた機能に着目し、日本では事例の少なかったDrupalをいち早く導入、数多くのシステム開発を手がけてきました。

同社のこだわりは、クライアントの事業を成功させるための"伴走"であり、その実現に最適な組織・技術・開発手法を採用してきました。

そのビジョンを支える3本柱が、

■ 企画構想フェーズから開発、保守まで自社で手掛けるワンストップ体制
■ WEBアプリケーションフレームワークとして、Drupalを採用
■ クライアントとの密なコミュニケーションを軸にしたアジャイル型開発

企画構想フェーズから積極的に関わる体制は、クライアントとベクトルを重ね合わせるためだといいます。スタート段階における僅かな齟齬を見落とせば、「ベストなゴール」にたどり着くことが難しくなるため、最も重要な事は、企画構想フェーズからデベロッパーがクライアントと直接"対話"をすることだと断言します。そうすることでクライアントの要望や、ビジネス上抱えている課題が浮き彫りとなり、最適な提案が可能となるといいます。これによってデベロッパーは当事者意識を持って「ベストなシステム創り」を進めていくことが可能になるとのことです。

また、事業を継続する上では開発後の保守は必須となりますが、保守を考慮した開発を追及した結果、デベロッパーが一貫して携わる伴走スタイルを確立したとのことです。

開発手法としては、サービスの拡充やニーズの変化に即順応できるよう、細かなリリースとフィードバックを繰り返すことができるアジャイル型を採用しています。「真のアジャイル開発」(後述)を可能にするよう、粘り強く交渉を重ねた結果、クライアントサイドのルールをも変更したといういきさつは、同社のこだわりが故に成せる業だといえます。そして、こだわり抜く同社のシステム創りに最適なフレームワークが「Drupal」だったというわけです。

全てのこだわりは「より良いWEBシステム創りのために、そして、クライアントの事業を成功に導くために」この1点に集約されています。

400259同社は2007年からDrupal専門のWEBシステム開発会社として、行政機関・地方自治体・大学およびグローバル企業の様々なプロジェクトに参画。
440444コワーキングスペース「SENQ霞が関」(東京)に入居していますが、フルリモートワークで全社員が勤務。
440446

Drupalと共に挑戦し続ける「ベンチャースピリッツ」

代表の紀野惠氏はホームページ制作が初期技術でなされていた頃から、WEBシステム開発に携わってきました。紀野氏は国内外のあらゆるCMSを試していく中でDrupalと出会い、他のCMSとは一線を画すその機能性の高さに驚愕したといいます。当時日本でDrupalを使用している人はほとんどおらず、英語のドキュメントを参照したり海外のデベロッパーと協力して開発を進めたとのことです。

「ビジネスになるかどうかもわからない状況でしたので、当時は興味と好奇心だけが原動力でした」(紀野氏)

当時、個人で活動していた現副社長の太田垣氏が参画、DrupalでのWEBシステム創りは小規模なものからスタートし、実績を重ねることでプロジェクトの規模は徐々に大きくなり、現在では行政機関や国立大学、大手企業の中規模・大規模案件が大半を占めています。

「当社はベンチャーといえる小規模な組織ですが、手がけるのは本来なら大手SIerが担当する規模の案件ばかりです。せっかくお声がけいただいても、リソースが足りず泣く泣くお断りしている状況です」と太田垣氏は言います。直近では、官公庁統一の補助金電子申請・管理システムをまったくのゼロから作り上げ、実運用まで手がけたほどです。

「官公庁の案件は基本的に入札制度があります。会社規模によりA~Dのランク付けがされます。ランクが低ければ小規模な案件しか取れない仕組みでした。ですが粘り強く交渉を重ねた結果、制度の改革を実現して直接大規模案件の契約を交わすことができるようになりました。このチャレンジは当社だけではなく、今後のベンチャー企業の可能性を広げたという自負があります」(紀野氏)

「ウォーターフォール型が主流だった官公庁のシステム創りにおいて、アジャイルを取り入れたのも本件が初めての試みで、打ち合わせでWEB会議システムやコラボレーションツールを利用することも、こちらからの交渉によって実現しました。現在の状況は一朝一夕に出来たわけではなく、チャレンジの連続で勝ち得た成果なのです」(太田垣氏)

こうした背景から同社は、クライアントとの対話を重視し、良いサービス創りのために「挑戦を厭わない人物」を求めています。

「当社の取引先や開発実績だけを見て、安定をイメージして応募されるならミスマッチです。案件規模は大手並みですが、社風にはベンチャースピリッツが根付いています。クライアントと直接やりとりし、妥協なく良いシステムを創りたい人ならば当社はとても適していると思います」と太田垣氏は続けました。

400132同社が得意とするDrupalは、PHPベースのオープンソースフレームワーク(多言語対応型CMS)
440449紀野恵 氏(代表取締役社長)
440452

「真のアジャイル開発」を追求した組織体制・企業文化

同社では一般的なSI案件のように、クライアントとプロジェクトメンバーの間で情報を握るPMを置かずに6~7人のデベロッパーがユニットを組んでいます。内部での調整には“ファシリテーター”を置いていますが、クライアントとはやりとりをせず、あくまでもプロジェクト内の調整に徹しています。

「当社のデベロッパーは"設計者"であり、全体を見て色々やらないといけないために大変と言えば大変です。しかし、そうでなければ『真のアジャイル』は成り立ちません」(紀野氏)

コンサルタントやPM、PG、保守運用と役割が分担され、切り出された工程を部分的に手がける形式では、同社が目指すWEBシステム創りは難しい。同社では「真のアジャイル開発」を追求するために、組織体制や企業文化といった根底部分からの再構築を試みています。

フルリモートという勤務スタイルについても同社のデベロッパーは、コロナ禍以前から国内外の様々な都市で業務を進めてきました。会社設立当初はオフィスへの出勤も取り入れていましたが、オンラインとオフライン二つのタイムラインとなり、オフライン側の負荷が高まる等の課題が生じてやりづらかったといいます。

「試行錯誤の末、2015年から完全にオフラインをなくしてフルリモートに切り替えました。結果としてオープンでフラットなコミュニケーションというANNAIのスタイルが確立され、現在ではフルリモートでもとてもスムーズです」(太田垣氏)

また10年以上に渡ってDrupalの研究に取り組んできたリーディングカンパニーだけに、学習支援も万全です。入社時にDrupalの知識が全くなかったデベロッパーでも、同社の学習プログラムによって3カ月後には業務が遂行できるまでになります。この学習プログラムは、今後パッケージ化して外部へ展開する計画もあるとのことです。

「Drupalが広がれば競合が増えてしまうジレンマはあります。しかし目先の利益だけを追っていては、新しい道は切り拓けません。常に新しいことに取り組み、挑戦する。これが当社の姿勢です」(紀野氏)

一切の妥協なく、愚直なまでに「良いWEBシステム創り」を追求するANNAI株式会社。同社のスタイルやビジョンに共感する方は、ぜひ第二創成期のコアメンバーとして名乗りをあげてみてはいかがでしょうか。

440453社員は北海道、新潟、大阪、東京、神奈川、タイ、フィリピンなど各地に点在しています。
440455太田垣恭子 氏(代表取締役副社長)
440460

ANNAI 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ANNAI 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ANNAI 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
資本金 90,000,000円
設立年月 2015年11月
代表者氏名 代表取締役社長 紀野 恵
事業内容 当社2000年よりオリジナルCMSを用いたWEBシステム開発を行い、2007年からはDrupal専門のWebシステム開発会社として、大学・自治体・大手企業などの数多くのWebサイト・webシステムを手がけてきました。

また、日本国内のDrupalのユーザーコミュニティの代表として、毎月定期的に勉強会を主催したり、セミナーを開催したり、オープンソース技術の普及につとめる他、海外のコミュニティとの親密な連携を図っております。

Drupal開発の国内リーディングカンパニーとして、これからも様々なソリューションを提案していきます。
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 デジタル庁
経済産業省
内閣府
総務省
京都市
京都府
大阪市
大阪府
東京大学
京都大学
大阪大学
名古屋大学
広島大学
UbiComp/ISWC2015(ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing)
NPO法人 位置情報サービス研究機構 LISRA(Location Information Service Research Agency)
シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社
株式会社インプレス(Think IT)
株式会社エヌ・ティ・ティ・アド
NTTコミュニケーションズ株式会社
阪神電気鉄道株式会社
株式会社阪神コンテンツリンク
ジェイアール西日本コンサルタンツ株式会社
公益財団法人 京都高度技術研究所 アステム(ASTEM)
シャープ株式会社
株式会社デジタル Pro-face (Schneider Electric SA's group)
APIR 一般社団法人 アジア太平洋研究所
従業員数 9人
本社所在地 東京都千代田区霞が関1-4-1
SENQ霞が関(日土地ビル 2F)
440439

ANNAI 株式会社資本金90,000,000円設立年月日2015年11月従業員数9人

「攻めと守りのDX戦略をワンストップで創造する」WEBシステム開発ベンチャー

この企業が募集している求人

440444
【フルリモートワーク】第二創世期を支えるコアメンバー募集
WEBエンジニア

『仕事は、好きな場所で』 ANNAIは、全社員フルリモートワークです。 プログラミングを含む現場レベルの開発から、仕組みづくりまで、色々な経験をしてみたいという方を歓迎します。この職種では特に以下のことが求められます。 ・システム内の部分的な機能レベルでの設計、実装 ・Redmine等の課題管理システムを使ったチケットベースのタスク管理 ・gitを使ったプルリクエスト/コー...

440444
PMとしてプロジェクトを牽引してくれるコアメンバーを募集
プロジェクトマネージャー(PM)

Drupal(多言語対応CMS)を使ったWebシステムの開発業務全般をPMとして行っていただきます。 プログラミングを含む現場レベルの開発から、仕組みづくりまで、色々な経験をしてみたいという方を歓迎します。この職種では特に以下のことが求められます。 ・システム内の部分的な機能レベルでの設計、実装 ・Redmine等の課題管理システムを使ったチケットベースのタスク管理 ・gitを使...

440444
【フルリモートワーク】第二創世期を支えるコアメンバー募集
システムエンジニア(SE)

『仕事は、好きな場所で』 ANNAIは、全社員フルリモートワークです。 プログラミングを含む現場レベルの開発から、仕組みづくりまで、色々な経験をしてみたいという方を歓迎します。この職種では特に以下のことが求められます。 ・システム内の部分的な機能レベルでの設計、実装 ・Redmine等の課題管理システムを使ったチケットベースのタスク管理 ・gitを使ったプルリクエスト/コー...

440444
【フルリモートワーク】第二創世期を支えるコアメンバー募集
プログラマー

『仕事は、好きな場所で』 ANNAIは、全社員フルリモートワークです。 プログラミングを含む現場レベルの開発から、仕組みづくりまで、色々な経験をしてみたいという方を歓迎します。この職種では特に以下のことが求められます。 ・システム内の部分的な機能レベルでの設計、実装 ・Redmine等の課題管理システムを使ったチケットベースのタスク管理 ・gitを使ったプルリクエスト/コー...

残り1求人をみる
×