お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 スカイ365の企業情報

381558

株式会社 スカイ365

クラウドエンジニアという選択肢!運用・監視の新常識を広めるクラウド特化型MSP

365日24時間、複数名体制で運用・監視!マルチクラウドに対応するクラウド特化型MSP

札幌市にある株式会社スカイ365は、マルチクラウドに対応するMSP(マネージドサービスプロバイダー)。365日24時間、複数名体制でフルマネージドの運用・監視を提供している。AWS資格保有エンジニアが常に現場にいる万全な体制で、クライアントのクラウドシステムの安定稼働をサポートしている。

スカイ365が手掛ける事業の最大の特徴は「クラウド特化」。それもそのはず、同社は2014年に、SalesforceでNo.1インプリパートナーである「テラスカイ」と、AWS専門のクラウドインテグレーター「サーバーワークス」が共同設立したMSPなのだ。

「札幌オフィスにある監視ルームから全国のクライアントのサーバーやシステムの監視・運用をしています。クライアントの多くは、テラスカイやサーバーワークスの顧客で、オンプレミス環境のサーバーを請け負っていないため、ハードウェアのトラブルがなく現場を訪問する必要がほぼありません。全てリモート監視ですから、出向も客先常駐もありません」(管理部 部長・小野悦史氏)。

クラウド専業の監視・運用・保守サービス会社は少ない。さらにいえば、正社員が大半で24時間有人監視している会社も多くない。スカイ365ではエンジニアが監視・運用・保守をするため、他社よりも質の高いサービス提供が可能となっている。

「クライアントとの契約によっては監視・運用に留まらず、データベースの書き換え等の手順がはっきりしている作業については請け負うこともあり、一般的な運用会社よりも一歩踏み込んだサービスが特徴といえます。それができるのも、IT経験が乏しいパートやアルバイトによる運営ではなく、正社員のエンジニアが担当しているからこそだと考えています」(小野氏)。

クラウドエンジニアが多数在籍しているため、スカイ365では監視・運用・保守の業務だけでなく、親会社であるテラスカイが構築したシステムのテストを請け負っている。一般にシステムのテストを運用会社が引き受けるケースは珍しく、グループ内分業を進めるために設立されたスカイ365ならではの事業といえる。

「親会社のテラスカイはモノを作る会社です。当社は作ったものをバトンタッチしてもらい、それをお客様に安心して使ってもらう役割を担っています。テラスカイにモノづくりに集中してもらうために、テストも当社で引き受けています。テストまで担当できるのは、スキルと知識を持ったエンジニアが在籍しているからです」(小野氏)。

そのほかにも、クラウドサービスに関するエンドユーザーからの技術的な問い合わせや、製品の使い方、トラブル等に関する問い合わせに対応している。

また、スカイ365では、創業以来、「Zabbix」によるクラウド運用監視を行っており、認定パートナーとしての「Zabbix」サービス提供に加え、5,000を超える監視対象を持つ同社が蓄積したノウハウを加えたサービス提供も行っている。

381569札幌市にある同社は、マルチクラウドに対応するMSP(マネージドサービスプロバイダー)だ。
381576365日24時間、複数名体制でフルマネージドの運用・監視を提供。
381582

今後のエンジニアライフを見据えて選択する、クラウドエンジニアという生き方

近年、急速にクラウド化が進展し、現在は全体の4割がクラウドを利用しているといわれている。クラウドは今後も広がりを見せると思われ、クラウドの知識はエンジニアの必須スキルになる。今のうちにクラウドのスキルを身に付けるのは、エンジニアが今後活躍するフィールド得るのにプラス要素といえる。エンジニアキャリアのワンステップとして、クラウドエンジニアを経験するのも一つの手かもしれない。スカイ365では、クラウドの経験にこだわらず、IT業界の広範囲にわたる経験者を求めている。

「立ち上がった当初、札幌にクラウドエンジニアは、ほぼいませんでした。採用に関してはクラウドの経験を強く求めず、インフラの監視運用やアプリケーション開発等のエンジニア経験がある人に、クラウドエンジニアに育ってもらう方法で増員を続けてきました。IT未経験からオペレーターをしながら経験を積んで、クラウドエンジニアに育った人もいます」(小野氏)。

スキルアップの面でいえば、監視・運用業務を経験すると、ヒューマンスキルのアップにも繋がる。運用の仕事は、クライアントとのやり取りも多く、上流工程のヒアリングで必要なスキルを養うこともできる。お客様とのやり取りで成果を出せば、評価にも繋がる。

「運用・保守は、ITの仕事の中でも、最下流とされていますが、クラウドの普及でオンプレミス時代の運用・保守とは、仕事内容が大きく変わってきています。当社で長く働いてほしいですが、当社で学んでステップアップ転職した例も過去にはあります。長いエンジニアキャリアの中で必要なスキルを身に付けるために、当社でクラウドエンジニアを目指す、という働き方を提案しています」(小野氏)。

短いスパンでプロジェクトが変わって、その度に勤務先も変わる仕事とは違い、スカイ365での監視・運用の仕事なら、腰を落ち着けて働くことができる。開発だけがエンジニアの生きる道ではない。

「開発は、社会情勢の変化で案件の受注等に影響を受けますが、運用・保守は不景気にも強いです。例え、何らかの理由で世の中の新規開発が激減しても、動いているシステムを止める事態にはなりません。受託開発のようにフロー型ではなく、ストック型のビジネスモデルといえます。特に当社はクラウドに特化することで、効率的な監視・運用体制を敷いています。世の中のシステム全部がクラウドになることはありませんが、今後10年、クラウドはIT技術のメインストリームとなると当社は考えます」(小野氏)。

クラウドに特化することで、監視・運用業務は一元管理できるようになり、働き方も大きく変化した。クラウドエンジニアとして必要なスキルを身に付けることで、今後のエンジニアライフを豊かにすることができる。

381573AWS資格保有エンジニアが常に現場にいる万全な体制で、クラウドの安定稼働をサポート。
381568監視・運用にとどまらず、データベースの書き換え等一般的な運用会社よりも一歩踏み込んだサービスも特徴。
381580

シフト制だからこそのメリット。残業が少なくライフワークバランスも充実

監視・運用の仕事でスキルアップができるといっても、24時間365日サーバーやシステムを監視しなければいけない仕事だと、勤務形態が気になるところ。実際、スカイ365ではどんな働き方になるのだろうか?

「3交代のシフト制で現場を回しています。シフトを組む上での基本的な約束事は『夜勤は4連勤まで』『深夜勤務明けは2日休み』『深夜勤務は基本月7日まで』となっています。毎月20日までに翌月の休みの要望を出せば休みになります。22時から翌5時までは「深夜勤務手当」が付き、深夜手当だけで月の手取りが1万5千円増になります。シフト制なので上手く活用すれば、有休を使わなくて済みます。逆に有休を活用して11連休を作った人もいます」(小野氏)。

シフト制なので上手に運用すれば、ライフワークバランスを充実させることもできる。平日に休みを取得すれば、プライベートでの行動も取りやすい。また、シフト制を敷いているため、定時になれば次の要員に引き継いで退社できる。トラブルが発生している場合を除き、基本的に残業は発生しない。

「基本給+30時間の固定残業代を支給していますが、30時間を超えることはほとんどありません。平均して10時間から20時間の間です。障害対応中に定時が来た場合、途中で交代できないため、そのまま業務を続けることになり多少の残業は発生しますが、30時間を超える事態は業務のどこかに問題がある状態。その時は、早急に会社で原因を究明して対応策を講じます」(小野氏)。

システムを止めてはいけないという責任重大な仕事で、時には時間との戦いもあり、プレッシャーがかかる局面もある。そのため、監視ルームと執務スペースとは別に仮眠室、リフレッシュルームを用意、全額会社負担で定期的にストレスチェックを実施、医師にオンラインで無料相談できるシステムに会社で加入している。

「エンジニアの健康には細心の注意を払っています。メンバーの就労状態を会社でしっかり把握してケアします。エンジニアが個人で抱え込まないように、バックアップ体制を厚くしています。医師にオンラインで無料相談できるシステムの活用は、特に推奨しています。家族を持つ身になれば、子どもの病気等で心配事が増えますが、医師に相談できる環境があれば安心して働けます」(小野氏)。

38名のメンバーのうち、4割が女性。MSP部門も4分の1が女性エンジニア。女性リーダーもいる。今後は女性エンジニアの増員も含めて、早急に50名体制にしたいと同社では考えている。

「男女共に働き心地のいい会社を目指しています。キャリアの腰掛に利用してもらってもいいですが、当社も長く働いてもらえるように居心地のいい就労環境を整備していきます。キャリアアップ、ライフワークバランスの充実、理由はそれぞれでも、運用・監視の仕事でエンジニアライフを豊かにしたいです!」(小野氏)。

381572シフト制なので上手に運用すれば、ライフワークバランスを充実させることもできる。平日に休みを取得すれば、プライベートでの行動も取りやすい。
381563シフト制を敷いているため、定時になれば次の要員に引き継いで退社できる。トラブルが発生している場合を除き、基本的に残業は発生しない。
381581

株式会社 スカイ365に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 スカイ365に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 スカイ365
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 9820万円
設立年月 2014年05月
代表者氏名 代表取締役社長 小泉 信義
事業内容 クラウド関連のMSP(運用・監視・保守)事業及びソフトウェア開発
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 株式会社テラスカイ
株式会社サーバーワークス
株式会社フューチャースピリッツ
従業員数 38人
平均年齢 34.0歳
本社所在地 北海道札幌市北区北7条西1丁目1-5
丸増ビルNo.18 9階
381558

株式会社 スカイ365資本金9820万円設立年月日2014年05月従業員数38人

クラウドエンジニアという選択肢!運用・監視の新常識を広めるクラウド特化型MSP

この企業が募集している求人

Full remote small
×