お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

ピクシーダストテクノロジーズ 株式会社の中途採用/求人/転職情報

転職サイトGreen(グリーン)

378296

ピクシーダストテクノロジーズ 株式会社

アカデミア発の技術を、社会に存在する課題・ニーズドリブンで、連続的に社会実装する仕組みを作る

やらなければいけないことを、やっている

ピクシーダストテクノロジーズは、「アカデミア発の技術を、社会に存在する課題・ニーズドリブンで、連続的に社会実装する仕組みを作る」ことを目指し、DX、物理世界のデジタル化、視聴触覚体験での新価値機軸の創造、デジタルと物理世界を繋ぐインターフェース領域の技術革新等を推進するテクノロジー企業です。

代表取締役である落合陽一以外にも、大手メーカー、コンサル、ITベンチャー、官公庁出身者など多彩なバックグラウンドを持つタレントが集っています。研究開発メンバーと、事業開発メンバーの融合型PJ推進により、弊社の先端的かつ高度な技術をベースに高度な技術力をベースにした様々な大企業とイノベーション創造を目指したコラボレーションを実現しながら、テクノロジーの社会実装を進めています。

また、大手企業とのコラボレーション以外に、ソリューション型の自社サービスの展開も進めています。

■感染症対策BCPソリューション「magickiri」
■空間データ取得・解析プラットフォーム「KOTOWARI」

私たちは、「やらなければいけないことを、やっている」と自負しています。
たとえばPxDTでは介護や建設現場の問題に取り組んでいますが、その問題は誰かが解かなければいけないわけで、10年後には誰かが解く。そういう問題だけを手がけています。

コロナ禍においても積極的に事業展開を進めるまさに今、
自由に技術開発と社会課題解決に集中できるタイミングです。
最前線で高度な技術力を活用した社会課題の解決にご興味をお持ちの方にとっては裁量の環境をご提供できます。

378297
378300
378299

ピクシーダストテクノロジーズ 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、ピクシーダストテクノロジーズ 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 ピクシーダストテクノロジーズ 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  IoT・M2M・ロボット
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  AR/VR/MR
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 40億6232万6100円
設立年月 2017年05月
代表者氏名 落合陽一
事業内容 独自の先端技術をコアとして、パートナー企業と製品・サービスを共同開発します。

アカデミア発の技術を連続的に社会実装することを目的とし、産学連携の新しい形を構築します。音や光などの波動を巧みに操ることにより、世界中に溶け込むコンピュータ技術を開発します。
従業員数 73人
本社所在地 東京都千代田区神田三崎町2-20-5 住友不動産水道橋西口ビル3・4階
378296

ピクシーダストテクノロジーズ 株式会社資本金40億6232万6100円設立年月日2017年05月従業員数73人

アカデミア発の技術を、社会に存在する課題・ニーズドリブンで、連続的に社会実装する仕組みを作る

この企業が募集している求人

406837
【コーポレートエンジニア】総額48億調達のディープテックベンチャー/産学連携スタートアップの急成長を支えるポジション
コーポレートエンジニア

複数のプロジェクトが並行で拡大していくフェーズに差し掛かってきています。 より一層社内ITの改善を推し進め、プロダクト開発が効率的に進行するようにプロダクト開発や事業の基盤をサポートするメンバーを募集しています 【主な業務内容】 社内ITシステムの導入サポート、改善提案、運用 ・新規システム導入時のサポート ・既存システムの改善提案 ・業務フロー改善を目的とした各システム間の...

406836
【インフラ/SREエンジニア】先端技術を社会実装する大学発ベンチャー/自社クラウドプラットフォームのインフラ構築に携わりませんか?
インフラ/SREエンジニア

【業務内容】 当社のソリューションを実現するクラウドプラットフォームのインフラの設計・構築を担当していただきます。 以下のようなことを行っていただきます。 ・クラウドプラットフォーム上のインフラ環境の設計、構築 ・インフラ環境のセキュリティ設計、構築 ・既存インフラ環境の改善やコード化 ・アプリケーションやミドルウェアの運用、パフォーマンスの改善 ・AWS上でのネットワーク...

×