転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)

勤務地

年収
ログイン会員登録
インタビュー画像開発本部マネージャーの石橋健太さん

自己紹介をお願いします

高専時代は機械工学を専攻し、その後大学と大学院でもドローンの研究をしていました。 博士課程の選択肢を考えていたものの経済的な側面と企業内でもやりたい事ができる可能性があるのではと思うようになり、就職をしてみようという決断に至りました。 新卒で大手電子部品メーカー入社し生産技術部で主に画像検査工程を担当。 2社目に現職のテラドローンに中途入社し、その後外資系コンサルティングファームに転職をしました。 現在は再びテラドローンに戻り、「UTドローン」の開発を行っています。

転職理由を教えてください

1社目は大手ということで安定感こそあったものの、新たなことにチャレンジすることや若くして裁量を持って業務をプロアクティブに推進する、といったことは実現しにくい空気感がありました。 そんな違和感から転職プラットフォームに登録し、声をかけていただいたエージェントからテラドローンを紹介されたことがきっかけです。 ドローンは学生時代の研究領域で親和性もあったので話を聞いてみたところ、日本だけではなくグローバルに展開できる企業を作ること、さらに世界を獲ることを本気で志していることに驚き、そして会社全体としてここまで大きなチャレンジをしているのであれば、自分がチャレンジできる環境は多分にあるだろうと直感的に感じました。 また自分のエンジニアリングスキルやバックグラウンドをベースにさらに伸ばし磨き込むこと、プラスBiz領域でのスキルや経験のキャッチアップをしてハイブリッドな人材になりたいと思っていて、その実現可能性が高そうな会社がテラドローンだったというのも大きな決め手でした。 テラドローンに入社してからは、やりたいこともやることができるし、やらなくてはいけないこともたくさんある、というのを一番に感じました。大手と比較すると人が多くない分、各タスクの優先順位付けや効率化、合理的思考を磨くこともできましたし、やらないでよいことは一切やらないという決断できるようにもなりました。 求めていた自身への裁量やチャレンジへの推奨文化などはイメージ通りで、入社2ヶ月後からは1人で現場を任せてもらえるようになりました!事業立ち上げの最前線でクライアントと直接やり取り出来ることは1社目では体感できなかったことです。 エンジニアとして開発をしているだけでは気づくことのできない点に多く気付かされ、そして多くの経験値を積むことができたことは自身の成長に繋がったと思っています。 テラドローンでは成長環境もあり、やりたいことをやることができる一方で、できることが増えてくるともっとマクロな問題にあたることが多くなってきました。 ドローン業界の構造的な問題や法規制などのようなところです。特にドローン業界全体としてPoCから抜け出せない状況が続いていたところには、非常にもどかしさを感じていました。 また日本にも世界にもあまり認知されていない、ディストリビューションされていないがドローンにおける尖った先端技術を持ったベンチャーやスタートアップがいくつもある現実も変えたいと思っていました。 そこで、ドローンベンチャーとクライアントを繋ぎ、PoCに止まらない社会実装を推進するための支援ができるコンサルティングファームへの転職を決意しました。 転職したのはいわゆるBIG4と呼ばれるコンサルティングファームの中の1つで、コンサルテーションスキルはもちろんのこと、ファシリテーションスキルやプレゼンテーションスキルなどコンサルタントに必要なスキル一式を身につけることができました。 コンサルタントとして成長できている実感はあったのですが、当初の転職の目的からも、そしてエンジニアリングからも離れてしまったことへの不安感を漠然と感じていました。 そんな中テラドローン時代の同僚と会食をする機会があり、その不安感などを共有したところ「戻ってきてまた一緒にやろう」と言ってもらって、戻るのも悪くないのかなと思い始めました。 戻ることになるとしても、自分へのミッションややることのイメージはできていたし、エンジニアリングもできる。そしてコンサルティングファームでキャッチアップしたことをテラドローンにもドローン業界にも還元できると。 再度テラドローンに戻ってみると、イメージしていた通りで過去自分が良いと思っていたところはしっかり残っていました。 復帰早々に色々なタスクを任せてもらったり、現場に行けたりと「やっぱり自分はここだな」とワクワクしながら働けています。 またテラドローンは絶賛採用強化中で様々なバックグラウンドの優秀なメンバーが増えているのも楽しいですし、同時にチームのケイパビリティが指数関数的に向上しているところにもおもしろさを感じています。

今後テラドローンでやりたい事を教えてください

UTドローンの日本サイドのプロダクトオーナーになりたいと考えています。 そんな中で自分でプロダクトを開発し、自分でプロダクトを持ち、自分でプロダクトを語ることができる人はかっこいいと思います。テラドローンの身近なエンジニアの先輩でプロダクトを開発をし語る先輩がおり私自身もその先輩のように成長したいと考えています!

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 エージェントグロー
株式会社 エージェントグロー
「SES業界に、新基準を」をミッションに掲げ、「案件選択制度×単価評価制度」を日本全国に広げ労働環境を変えていく。
この求人の募集は終了しました。テラドローン株式会社は、他にも求人を募集しているので、ぜひチェックしてみてください。
この求人の募集は終了しました。テラドローン株式会社は、他にも求人を募集しているので、 ぜひチェックしてみてください。
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.
  • 転職サイトGreen
  •  
  • IT/Web・通信・インターネット系
  •  
  • IoT・M2M・ロボット
  •  
  • テラドローン株式会社の中途採用/求人/転職情報
  •