お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ナレッジセンスの企業情報

373704

株式会社 ナレッジセンス

開発難易度が異常に高い、VRシューティングゲームの制作に取り組む日本で唯一の企業

VRシューティングゲームの開発・販売をおこなう、日本で唯一の企業

株式会社ナレッジセンス(Knowledge Sense Inc.)は、VRシューティングゲームや、VRアプリ開発用SDK(Software Development Kit)の開発・販売をおこなう会社だ。2019年4月に設立され、東京・八重洲に本社を置く。

2010年頃までVRヘッドセットは主に研究用で、価格は1000万円程度した。だが今では、最新のものでも3万円程度で手に入るようになってきている。また最近では「VR酔い」など人々の懸念材料がほぼ無くなってきているうえに、5Gによる通信遅延の改善、プロセッサの進化による計算機能の大幅な飛躍など、VRデバイス・ゲームの体験環境は劇的に進化している。

まさに勃興期ともいえるVRゲーム市場だが、家庭用ビデオゲームやスマートフォンゲームの歴史をみると、市場の勃興期にあっては、日本の小さな企業が果たしてきた役割は大きい。VRゲーム市場でも、今後数年でより多くのゲーム開発チームが日本に生まれることが予想される。
ただし、現状でVRゲームの開発から販売までを手がける会社は、日本にはほとんどない。そのうえ国内でVRシューティングゲームを制作している会社は、現段階(2020年11月)でナレッジセンスが唯一だ。

まだまだタイトルが少なく、ゲームソフトの価格も高いVRゲーム市場だが、ナレッジセンスは基本プレイ無料のビジネスモデルを展開する方針。継続してプレイしてもらわないと利益が出ないビジネス構造だからこそ、ユーザーに寄り添ったゲーム開発をモットーとしている。

代表取締役を務める門脇敦司氏は1997年生まれで、東京大学文科2類に在学中だ。EdTechベンチャーの株式会社マナボで、営業インターンとして在籍したこともある。その後、独学でプログラミングを習得し、エンジニアへ転向した。

門脇氏を含め開発チームは、Web系の開発現場の出身者が占める。かつてVRライブハウスのアプリを制作していて、Web開発と比べ、VRゲーム開発の異常なまでの大変さに気づき、VRゲームの開発ツール制作も手がけるようになった。VRゲーム自体の開発は、そのツール開発の一環としてとらえられている。

371885株式会社ナレッジセンスは、VRシューティングゲームや、VRアプリ開発用SDKの開発・販売をおこなう会社だ。2019年4月に設立され、東京・八重洲に本社を置く。
373692現状でVRゲームの開発から販売までを手がける会社は、日本にはほとんどない。そのうえ国内でVRシューティングゲームを制作している会社は、現段階(2020年11月)でナレッジセンスが唯一だ。
371900

新しいVRバトルロイヤルゲームのリリースを、2021年前期に計画中

ナレッジセンスでは、コンシューマ向けVRゲームの制作と、ビジネス向けVRアプリ制作コンサルティングの2つを経営の柱としている。

コンシューマ向けVRゲーム制作では、「VRナイトクラブ」「VRシューティングゲーム」の試作開発段階を経て、現在はVRBR(Virtual Reality Battle Royal)という、VRバトルロイヤルゲームの開発・運用をおこなっている。

バトルロイヤルゲームはコンピュータゲームジャンルの1つで、バトルや探索をしながら、最後の1人になるまで倒しあうもの。「荒野行動」や「Fortnite(フォートナイト)」などが有名だ。ナレッジセンスは、このバトルロイヤルゲームをスタンドアローンVRで動作させることに挑戦している。

また、単にコンテンツをつくるだけでなく、VRゲーム制作者が開発を進めやすくなるような、APIやSDKの連続的な公開にも取り組んでいる。

ビジネス向けVRアプリ制作コンサルティングの領域では、VRアプリ制作ニーズのある企業をクライアントに、制作方針や採用などのコンサルティングおよび一部受託をおこなっている。

資金面では、ニッセイ・キャピタル株式会社の「50M」の2019年第2期に採択された。これは、創業前または創業間もないスタートアップを発掘・育成する起業家支援プログラムで、事業の立ち上げを促進することが目的だ。もちろん、事業内容や技術面は厳格な審査がおこなわれる。120社を超える応募の中から、資金調達まで登り詰めた6社のうちの一社だ。

年々拡大しているVRゲーム市場だが、PCやスマホゲーム市場と比べるとまだまだ小さい。ナレッジセンスは小さい会社だからこそ、そのような成熟しきっていない市場に参入し、市場の拡大に寄与し、その恩恵を大きく受けるための挑戦をおこなっている。

VRコンテンツの開発は、一部の天才を除いて非常にハードルが高い。その中でナレッジセンスはVRゲーム市場に率先して開発に取り組み、またAPIやSDKを公開して、少しでも開発のハードルを下げようとしている。また新規事業も動いており、VR業界の未来を切り拓く、まったく新しい新規プロジェクトも動いている。

373693ナレッジセンスでは、コンシューマ向けVRゲームの制作と、ビジネス向けVRアプリ制作コンサルティングの2つを経営の柱としている。
371895年々拡大しているVRゲーム市場だが、PCやスマホゲーム市場と比べるとまだまだ小さい。ナレッジセンスは小さい会社だからこそ、そのような成熟しきっていない市場に参入し、市場の拡大に寄与し、その恩恵を大きく受けるための挑戦をおこなっている。
371901

VRの普及という文明の転換点を、ともにつくっていける人材を募集

2020年11月時点の従業員数は10名ほどで、平均年齢は20代後半、男女比は9:1の比率だ。開発経験豊富な創業メンバーに、最近、優秀な中途採用者が複数加わった。ディレクター、エンジニア、3DCGモデラー、コンセプトアーティストによって構成され、ビジネス向け、コンシューマ向けに関わらず、さまざまな角度からユーザーのニーズを即実行できるメンバーが集まっている。

社内ミーティングは5~10分程度の「朝会」が毎日おこなわれるほか、週次のミーティングが1時間程度、開かれる。また、毎月1回のペースで全体会(と懇親会)が催される。有志による部活動も、不定期ながら開催されている。

ナレッジセンスのポリシーに、「得意を生かす、成果を志向する」という言葉がある。自己成長やスキルの向上がプロダクトの向上につながると信じるメンバーが多く、求められた結果を出せるよう成長を支援し、個々の得意分野を伸ばすことを重視する。また、判断基準を「勘」に頼らず、ユーザーのデータに100%基づく、データドリブンの姿勢を大切にしている。

今回の採用では、Unityエンジニア、特に3Dデザイナーやモデラーを想定している。求める人物像はゲーマーやスマホゲーム会社の出身者で、地頭がよく成長志向があり、コミュニケーション能力と何らかの得意分野がある人物だ。新しい物や技術が好きで、「未来の技術に賭けたい」という想いも問われる。これまでの採用実績には、Web系出身のエンジニアや、超大手検索エンジン企業からの転職者がいる。

VRゲームは今後、飛躍的な拡大が見込まれるが、プロダクト開発の難易度は高い。「いちいちHMD(Head Mounted Display)をつけるのが面倒だ」という課題もある。だがナレッジセンスは、それらのハードルを一つひとつ、正面からクリアするためのチャレンジに取り組む。まだまだ創業期の会社なので、組織がどんどん大きくなっていく瞬間にも立ち会えるはずだ。VRの未来に興味がある人には、とても刺激があるに違いない。

371889ディレクター、エンジニア、3DCGモデラー、コンセプトアーティストによって構成され、ビジネス向け、コンシューマ向けに関わらず、さまざまな角度からユーザーのニーズを即実行できるメンバーが集まっている。
371893今回の採用では、Unityエンジニア、特に3Dデザイナーやモデラーを想定している。求める人物像はゲーマーやスマホゲーム会社の出身者で、地頭がよく成長志向があり、コミュニケーション能力と何らかの得意分野がある人物だ。
371902

株式会社 ナレッジセンスに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ナレッジセンスに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ナレッジセンス
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  AR/VR/MR
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
資本金 2600万
設立年月 2019年04月
代表者氏名 門脇 敦司
事業内容 ■ VRシューティングゲームや、VRアプリ開発用SDKの開発・販売
・コンシューマ向けVRゲームの制作
VRBR(Virtual Rreality Battle Royal)という、VRバトルロイヤルゲームの開発・運用をおこなっています。

・ビジネス向けVRアプリ制作コンサルティング
VRアプリ制作ニーズのある企業をクライアントに、制作方針や採用などのコンサルティングおよび一部受託をおこなっています。
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 ニッセイ・キャピタル株式会社、創業者
従業員数 10人
平均年齢 27.0歳
本社所在地 東京都中央区八重洲1丁目2-16 TGビルディング8階
373704

株式会社 ナレッジセンス資本金2600万設立年月日2019年04月従業員数10人

開発難易度が異常に高い、VRシューティングゲームの制作に取り組む日本で唯一の企業

この企業が募集している求人

373864
VRゲームで世界進出を目指すアートディレクター募集
アートD

VRゲームの2Dデザイン、3Dデザインについてのディレクション ▼ゲームのキャラ・背景2Dデザイン・ディレクション ▼Unity,Houdini,Substance Designerを利用したワールド制作 ▼アートディレクター(2D/3D) ▼宣材画像の素材作成・ディレクション ▼アイコン作成・ディレクション

371888
【VR】創業期しかできない経験!VRソシャゲで世界進出するUnityエンジニア募集
Unityエンジニア

VRバトルロイヤルゲームの制作に際して、Unityを利用したゲームシステムをご一緒に制作してくださる方を募集しています。設計、開発、テストを担当いただきます。 [具体的な仕事内容] ■VRゲームの設計・開発 ■新規企画提案 [開発環境] ■開発言語:c# ■フレームワーク:Unity ■OS:Windows ■インフラ:GCP

373692
新規VRゲームのマーケター !ゲーム業界経験者優遇
マーケター

▼仕事内容 ・SNSアカウント運用 ・Twitter、Google Adsなどに広告出稿 ・フォロワー数やライク数、クリック数などの数値管理、改善施策 ・ディスコードなどを活用したゲーマーコミュニティマネジメント ・その他、デジタルアナログ問わずPR関連施策の考案・実行 ▼求める人物像 ・明るく元気な方 ・ゲーム好きな方 経験者であれば、最速で初回面談で採用させ...

×