お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 Boot homeの企業情報

358318

株式会社 Boot home

“世界を繋ぐ”オンラインフィットネスクラブ『Boot home』。グローバルサービスをつくる!

“24時間365日開講の総合オンラインフィットネスクラブ”は世界でも稀有の存在

“フィットネスを通して、世界を繋ぐ”がコンセプトのオンラインフィットネスクラブ『Boot home』を運営する株式会社Boot home。2020年8月に仮オープンしたばかりの“24時間365日開講の総合型オンラインフィットネスクラブ”という、世界でも稀有の存在だ。同社は、サービスづくりに取り組むエンジニアを求めている。

『Boot home』が目指すのは、単純なエクササイズの提供だけでなくWell-beingそのものの支援。ユーザーの身体的、精神的、社会的な幸福づくりを、“運動×食事×睡眠”を一気通貫して提供することで支援する。

まず、コアとなる"運動"。20~40代の主に女性向けにヨガ、ピラティス、ボディメイクなどのプログラムをラインナップ。インストラクターは世界中から集めることで、時差を利用して24時間・365日受講可能とする。ライブレッスンは、インストラクター1名に対して会員は最大3名なので、セミパーソナルのような感覚で指導を受けられる。そのほか、厳選されたアーカイブ動画もWebサイト上で視聴できる。
また、持ち前の企画力と芸能事務所やYoutuberとの繋がりを活かした、エンタメや音楽をふんだんに取り入れたイベントも提供する。

次に"食事"面においては、パーソナルスムージーや高タンパク・低糖質の冷凍食品を提供する企業などと提携し、ユーザーにワンストップで提供する。

最後に"睡眠"では、メディテーションやマインドフルネスの瞑想系プログラムを就寝前に提供することで、良質の睡眠に繋げてもらう。

さらに、今後はサプリメントやトレーニングウェア・器具・音楽などの関連グッズや、コミュニティ運営、企業の福利厚生をいった領域への拡大も視野に入れている。

『Boot home』の大きな強みは、オンラインというスタイルそのものにある。まず、時間の節約。リアルのジム通いに要する、行き来や準備などの時間をカットできる。主要ターゲットである20~40代女性は、仕事や家庭を持ち、忙しく働く人がほとんど。そんな人にとって余計な時間をカットできるメリットは大きい。また、25分と絶妙な長さのライブレッスンを自宅で行うので、思い立った時に即、気軽に参加できる。さらに、インストラクターの情報発信とWebサイト上で地続きであることにより、人柄やエピソードを把握してのコミュニケーションが取りやすい。

「フィットネス というものは始める動機と、続ける動機は全くの別物です。始めるにはハードルの低さや高揚感が必要ですが、続けると日常になってしまうのでその行為自体の楽しさや効果の実感が不可欠です。『Boot home』は、パッと気軽に始められるようハードルを下げ、かつ毎日Boot homeのWebサイトに来たくなるような仕掛けを提供していきます」とCEOの宮地俊充氏は言う。

358347
358796CEO 宮地俊充氏
エンジェル投資家・シリアルアントレプレナーとして活躍してきた経歴を持つ。

日本の悲願である“日本発のグローバルサービス”を目指す

宮地氏は、監査法人、M&Aコンサルティングファーム、ITスタートアップCFOを経験後、2011年にオンライン英会話スクールの株式会社ベストティーチャーを創業する。2016年に同社を大手のSAPIX YOZEMI GROUPに売却後は、エンジェル投資家や音楽活動を行いながら、次のテーマを探していた。

宮地氏は元々ジムに通っていたが、新型コロナウイルス感染拡大で通えなくなる。そこで、オンラインのフィットネスをいろいろ試していた時に、ある大きな世界的イベントと運命的な遭遇をする。

「そのイベントでは、海外のインストラクターの元に世界中から人が集まって、みんなで一つのことを行っていました。コロナ以降、米中問題を始め、世界中で“分断”が進みつつあります。イベントに参加している方々は、国によってコロナの影響も違うのですが、それぞれがお互いにコロナの状況を思いやり、レッスンの間はコロナのことも忘れて集中できました。『こういう世界観っていいな』と強く思ったのです」

さっそく世界のホームフィットネスの市場状況を調べた宮地氏は、以前手がけたオンライン英会話での講師集めなどのノウハウが生かせることや、総合型のオンラインフィットネスクラブというスタイルに強い競合が存在していないことを確認、これで勝負したい、と思うに至りました。

こうして、2020年5月1日、株式会社Boot homeを設立し“フィットネスを通して、世界を繋ぐ”をコンセプトにした『Boot home』の開発に着手する。このコンセプトに込めた思いを、宮地氏は次のように話す。

「フィットネスというのは、一つの切り口に過ぎません。フィットネス自体はコモディティ化しており、参入障壁が低い上に差別化しづらいものです。私が一番やりたいのは、withコロナ時代に必要とされる“繋がり”です。レッスンを通して海外と日本を繋げたり、同じような嗜好を持っている方を繋げたり。メンバーや提携パートナーは、こういった世界観に惹かれてくれていると思います。『Boot home』の世界観を強めていき、日本のスタートアップの悲願である“日本発のグローバルサービス”となることを目指します」

358799Boot home サイトイメージ
358803日本発のグローバルサービスを目指し、2020年5月に創業された。

100%リモートで、仕事に集中できる“エンジニアドリブン”の運営

2020年5月1日の設立という“コロナネイティブ”の同社。“100%リモート”という業務スタイルが特徴的だ。
「組織運営やカルチャーづくり、コミュニケーションのあり方の全てがリモートを前提にしています。子育て中のメンバーが多いこともありますが、非常にやりやすくて、リアルなオフィスを構える必要性を感じていません」と宮地氏。

マネジメントポリシーとしては、「“全ての社員が無駄なストレスなく、仕事に集中できる組織”をつくり上げ、成果を上げるためのマネジメント理論」を実践。効率的な業務環境を実現させている。
そして、エンジニアが多くを占める同社の風土づくりの軸が“エンジニアドリブン”であることも特徴的。OSやエディタなどの開発環境は、各自の責任の下、自由に選ぶことができる。エンジニアは事業企画にも関わる。また、スケジュール管理は状況に応じて納期や機能を柔軟に調整。コーディングの品質向上に関する価値観もしっかり共有し実践している。そして、業務に必要なデータやKPIの状況などもオープンで、自由にアクセスできる。

業務効率化の点では、自動化・省力化のためのツールを自社開発したり、SaaSをフル活用して追求している。

気になる人事考課としては、宮地氏とCTOが共に評価することで、エンジニアの視点が入るように設計している。評価要素としては、業務パフォーマンスとチームビルディングへの貢献、リファーラル採用への貢献等だ。

情報共有などのため、毎朝10時からミーティングを行っている。業務時間は19時まで。同社が求める人材像としては、スキルは大前提として、誠実さや責任感があること。また、日々進化する技術を常にキャッチアップするとともに、身につけた技術をブログやセミナーで発信できると、なお好ましいという。

「そして、“世界を繋ぐ”という世界観を通じて、人々の心の支えとなるようなものをつくり上げていきたいという方に、ぜひジョインしていただきたいと願っています」と宮地氏は呼びかける。

358801エンジニアドリブンな会社であり、OSやエディタなどの開発環境は自身で自由に選ぶことが可能。
358800元UUUM CTO 尾藤正人氏をはじめとしたスタートアップ界隈の著名人がBoot homeを支援している。
358802

株式会社 Boot homeに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 Boot homeに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 Boot home
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
サービス系 >  飲食・旅行・レジャー・アミューズメント
サービス系 >  その他サービス系
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 500万円
設立年月 2020年05月
代表者氏名 代表取締役 宮地俊充
事業内容 オンラインフィットネスクラブの企画・開発・運営
主要株主 2020/8著名エンジェル投資家複数名からシードラウンド調達
従業員数 13人
平均年齢 33.0歳
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス17F
358318

株式会社 Boot home資本金500万円設立年月日2020年05月従業員数13人

“世界を繋ぐ”オンラインフィットネスクラブ『Boot home』。グローバルサービスをつくる!

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×