お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

コデアル 株式会社の企業情報

358128

コデアル 株式会社

自社サービス「CODEAL」経由の入社が半数以上、自分たちが使いたいものだけを創れる企業

「働く」をもっと自由にする、即戦力IT人材採用プラットフォーム

東京都千代田区神田錦町にあるコデアル株式会社(CODEAL Corporation)は、即戦力IT人材採用プラットフォーム「CODEAL(コデアル)」を開発・運用している会社だ。リモートワークや副業導入支援サービスの提供もおこなう。

「CODEAL」という名称には、3つの意味が込められている。1つは「個」であること。2つ目は「CO」と「DEAL」を合成した「対等なやりとり」ができる場であること。3つ目は「CODE(ソフトウェア)」と「IDEAL(最高の)」の合成で、優れたソフトウェアで最高の「働く体験」を届けることにある。

「CODEAL」は求人をおこなう企業側にのみ月額利用料が発生し、紹介手数料や仲介手数料といった都度発生する費用は発生しない。最大の特徴は企業と求職者が直接契約できることで、求人の募集から面談、契約に至るそれぞれのプロセスは、「CODEAL」のシステム上で一元管理される。企業側が求める職種はハイエンドのエンジニア、プロジェクトマネージャーなど即戦力IT人材が中心で、ユーザー側はエンジニア、デザイナー、マーケッターが85%以上を占める。

最高経営責任者(CEO)を務める愛宕翔太氏は、東京大学経済学部経済学科の出身。東京大学と東京大学三四郎会との共同プロジェクト「知の創造的摩擦プロジェクト」に関わる東大公認の学生団体「東大ドリームネット」では、「語る会」のマネージャーを務めた。大学3年生の時から、東京大学の産学連携スタートアップだった「リッテル(現在は株式会社LIFULLに譲渡)」に参加し、大学4年生から正社員として働きはじめた。

LIFULLで愛宕氏は、新規事業部門で新卒採用仲介Webサービス「メンターズnet(現在はサービス提供終了)」を企画し、エンジニアとして自ら実装にあたった。その後LIFULLを退社し、2012年8月にコデアルを創業。2016年に一部の事業(エンジニアインターン、エンジニア就活)を譲渡し、その資金で「CODEAL」のサービスを立ち上げ、現在に至る。Twitterやブログでは、採用や働き方支援のノウハウや、日々の思いを発信している。

358147最高経営責任者(CEO)愛宕翔太
358154コデアルCIリニューアル後の記念ステッカー
358131

求人企業3000社、求職者10万人が利用するプラットフォームを目指す

「CODEAL」は2015年8月のサービス開始から、利用企業数、登録ユーザーともに右肩上がりで成長してきた。利用企業は、上場企業からスタートアップまで約800社。登録ユーザー数は約15,000人にのぼる。登録ユーザーの構成はエンジニアが73%を占め、デザイナー9%、マーケッター8%と続く。年齢層は20代後半~40代前半が80%を占める(25~34歳が56%、35~44歳が24%)。
※すべて2020年8月時点

強みはコストパフォーマンスの高さで、求人に記載された金額に対して手数料や紹介料などは発生しない。企業側と求職者は直接やり取りし、直接契約する。コミュニケーションに業者が介在しないため、面談や採用課題などのプロセスは必要最小限となり、時間的なメリットも多い。

実際の事例を紹介しよう。スマートホテル事業やプラットフォーム事業を展開する株式会社SQUEEZEは、「CODEAL」を通じてエンジニアを採用した。SQUEEZEはリモートワークに積極的に取り組んでいることもあり、さまざまな地域(兵庫県、長野県、福島県)からメンバーが集まった。このケースでは週2~3日勤務の業務委託契約だが、正社員にこだわらない、多様な働き方を望み、選択できるのも「CODEAL」の特徴だ。

データサイエンスを活用したソリューションを提供するセカンドサイト株式会社のケースでは、「CODEAL」を通じてまずは業務委託契約を結び、その後、正社員として採用した。正社員化を決めた理由としては、AIを活用したデータ分析など技術的にコアな部分は、リモートワークではチャレンジできる領域が限定される、という事情があったからだった。応募者側も、スキルアップのために正社員化を望んでいた。

今後の「CODEAL」は、求人企業3000社、求職者10万人が利用するプラットフォームを目指す。また、よりパブリックな企業として成長するため、事業の深耕を図っていく。「働くをもっと自由に」というビジョンの実現に向けて、個人のライフスタイルにマッチした、積極的に新たなチャレンジをおこなっていく。

358140オフィス風景:主に関東在住のメンバーがときどき使っています
358139オフィス風景:主にビデオ通話が中心ですが小さなミーティングスペースも
358289

柔軟に変化を楽しみ、日々の業務をスピーディーに動かしていく

2020年8月時点の従業員数は15名で、組織は3チームで構成される。エンジニア・デザイナーなどが所属するプロダクトチームは、「CODEAL」の開発・設計・インフラ運用を担当する。ビジネスチームは、企業向けセールスやカスタマーサクセスなどを担う。バックオフィスチームは、オンライン上でサービスを完結させるための制度設計などにあたる。

メンバーは、スタートアップでは考えられないような優秀なメガベンチャー出身者が集まっている。もと楽天株式会社のリードエンジニア、もと株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)のデザイン室長、もと株式会社LIFULLのセールス担当などが在籍しているが、実際に「CODEAL」のサービスを経由して入社した人が全体の半数以上を占める。「自分たちが使いたいものを創りたい」というメンバー全員の想いは、こういった点からもうかがい知れるだろう。

働き方はリモートワークが基本で、勤務する曜日や時間は、自らの役割を果たせるなら調整のうえで自由にできる。残業は業務の状況によるが、長時間になる場合は少ない。ミーティングは、ビデオ通話で週1~2回、計1.5時間程度おこなわれる。入社後しばらくの間はオンライン「朝会」などで、業務の擦り合わせや進捗確認をおこなう。

今回の採用で求める人物像は、理念である「働くをもっと自由に」のアンサーを、自分なりに考えて行動できる人材だ。また、普段から自学自習できる人、円滑なコミュニケーションを図れる人、slackなどを使ったチャットやビデオ通話、録画などのオンラインコミュニケーションに抵抗がない人、マネージメント経験があり、文章力・言語化力を活かして端的に要件を伝えられる人も歓迎される。

コデアルは、まだまだ成長過程にあるスタートアップだ。メンバー同士やチーム間では、プロダクトの改修や営業戦略などの【実験→観察→改善】が、日々繰り返されている。ビジネスをスピーディーに動かしながら柔軟に変化を楽しめる人にとって、とても魅力的な職場だ。

358151全国津々浦々で働くスタッフとビデオ通話でMTG
358136AppleとSONYを愛する代表の愛宕
358130

コデアル 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、コデアル 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 コデアル 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
サービス系 >  人材サービス(紹介/派遣/教育/研修)
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
資本金 14,100,000円
代表者氏名 最高経営責任者(CEO) 愛宕 翔太
事業内容 即戦力IT人材採用のプラットフォーム「コデアル(CODEAL)」の開発・運用
従業員数 7人
本社所在地 東京都千代田区神田錦町3-11 弦本ビル3F
358128

コデアル 株式会社資本金14,100,000円従業員数7人

自社サービス「CODEAL」経由の入社が半数以上、自分たちが使いたいものだけを創れる企業

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×