お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

シー・ディー・エル 株式会社の企業情報

339630

シー・ディー・エル 株式会社

開発期間の短縮を実現するITエンジニアとして、「求められる人財」に成長できる企業

製造業のITを支え、生産性向上に貢献するプロフェッショナル集団

シー・ディー・エル株式会社(CDL Co., Ltd.)は、システムおよびソフトウェアの企画・設計・開発や、MBD(Model Based Development:モデルベース開発)エンジニアリングサービスを、自動車をはじめとする製造業向けに提供する会社だ。MBD(モデルベース開発)は主に制御系システムで活用が進んでいる、注目の開発手法だ。本社は広島県広島市中区にあり、東京・新宿に支社を置く。

会社設立は2000年11月で、主にソフトウェア開発をおこなう会社として設立された。2004年にマツダ株式会社のコンピュータシステム開発に参画し、2013年からは株式会社IHIビジネスサポートとコンピュータソフトウェア開発の業務契約を締結。2018年にはMBD(モデルベース開発)事業において、株式会社MCORのビジネスパートナーとなった。2019年からは、株式会社エネルギア・コミュニケーションとソリューションプロバイダー契約を締結している。

システム開発の領域では、マツダなど大手自動車メーカーと強固なリレーションを確立。クルマづくりの理念や、現在・将来の自動車業界全体のトレンドなどを、先方のマネージャー層と共有しながら仕事を進めている。

MBD(モデルベース開発)は、これからさらなる成長が見込まれている領域だ。組み込みシステムの開発コストを飛躍的に削減することができ、生産現場の効率化や生産性向上に貢献。日本国内では自動車業界のほか家電業界でも採用が進んでいるが、今後は建機、医療機器、ロボットなど、「制御」が必要な業界でスタンダードな開発手法となっていくだろう。

CDLは、製造業のR&D(研究開発)領域やFA(Factory Automation)に特化したシステム開発を得意としている。そのため競合は少なく、業界での優位性が高いのが強みだ。売上高の推移を見ると、1.5億円(2016年度)→1.7億円(2017年度)→2.3億円(2018年度)→3.5億円(2019年度予想)と順調な成長カーブを描いている。CDLは今後も生産性向上に向けた“方程式”を提案し、顧客企業のサクセスストーリーづくりをサポートしていく。

339634
339637
339633

技術者不足が進む中で、価値の高いスキルを身につけられる環境

CDLでは「モノづくりを支える」を理念に、自動車業界など製造業向けのエンジニアリングを提供している。システム開発の分野では、クライアント企業の業務に対する深い理解をベースにした、「一歩先を行く」提案型のシステム開発が持ち味。要望があったシステム開発をおこなうだけでなく、効率化や生産性向上を実現する、最適なシステム提案を積極的におこなっている。

最大の強みはMBD(モデルベース開発)だが、これは制御系システムなど、製造業の開発段階で活用される開発手法だ。開発コストや開発期間を飛躍的に軽減できることから、近年、大きな注目を集めている。

従来型の組み込みシステム開発は、システム設計→ソフトウェア設計→プログラム作成→ソフトウェア検証→適合・評価と、ステップ・バイ・ステップの開発が一般的だ。試作段階ではハードウェアに実装してから検証やフィードバックを実施するため、試作の精度が低かった場合には、また最初からやり直す必要がある。

MBD(モデルベース開発)と従来型システム開発との違いは、システム設計やソフトウェア設計など、設計段階での精度を検証することができる点だ。ハードウェアに組み込みをおこなう前の段階で高精度のモデルを設計できるため、ほとんど改善の必要がない精度でハードウェアへの実装が可能になる。失敗時にシステム設計からやり直す必要がなくなるため、開発期間が大幅に短縮され、結果的に開発コストの削減につながる。

CDLのモデルベース開発では、MATLAB(米MathWorks社)のSimulinkというツールを使って開発が進められる。具体的には、すでに制御システムに入っているC言語をMATLABで取り込み、メーカーやクライアントからの要望を踏まえた上で、機能追加したモデルをMBDでシュミレーションする。シミュレーションで問題ないモデルが開発できたら仮想ECU(Electronic Control Unit)でテストし、良好な結果が出せたらプログラム生成(自動でC言語化)、適合評価、組み込み、実機での動作テストをおこなう。

339636
339639

IoTやAIにチャレンジしたい人、提案力を磨いていきたい人を歓迎

2019年6月時点の従業員数は29名で、平均年齢は38歳。2019年の採用実績は、中途7名、新卒3名を採用した。風通しのよい企業風土で、わからないことなどは周囲に気軽に質問できる雰囲気。AIやクラウド、ビッグデータ解析など「やりたいこと」をどんどん提案可能で、好奇心を持っている分野に取り組みたい人には、うってつけの職場だ。

月平均の残業平均は10時間以下と少なめ。休日は自動車業界などクライアント企業のカレンダーに準ずるが基本的に土日休みで、年間休日は120日以上ある。顧客企業のカレンダーにあわせて長期休暇を取ることができ、9連休以上を年3回、取得OK。趣味のイベント参加や国内外の旅行など、有効に長期休暇を活用できる。

中途採用の場合、研修トレーニングは原則、先輩社員とのOJTが中心。目安の期間は3ヶ月~6ヶ月と、余裕を持った習熟期間を設けている。最新技術を身につけられる理想の環境が揃っており、ビッグデータ解析をおこなうためのFogHornといった最新ツールを習得できる。また、資格取得受験料を会社が負担してくれる制度もある。

福利厚生は、各種社会保険完備はもちろん、転居の際の引越代全額負担(規程あり)、家賃補助(規程あり)など、遠方から応募する人の受け入れ体制も万全に整っている。育児休暇制度では、男性の取得実績もある。社内イベントは新年会、忘年会、納涼会(不定期)などが開催され、参加率は100%だ。

今回の採用で求める人物像は、モノづくりや自動車が好きであることはもちろん、上流から下流まで一連の工程に携わりたい人、IoTやAIにチャレンジしてみたい人などを歓迎している。モデルベース開発エンジニアを志望する場合は、C言語を使った業務システム開発などに携わってきた経験者はもちろん、経験はなくても理系の学卒者や数学理科が得意な人を求めている。クライアントの困りごとを汲み取って解決に導き、市場価値の高い人財へと成長できる会社だ。

企業情報

会社名 シー・ディー・エル 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
資本金 900万円
代表者氏名 東川 直樹
事業内容 製造業、特に自動車業界に特化したシステム・ソフトウェア開発や人財派遣をおこなっているシー・ディー・エル。製造業のITを支えるプロフェッショナル集団として、これからのテクノロジーを見据えた「一歩先のソリューション」を提案・提供している。特にMBD(モデルベース開発)に実績が多く、顧客企業の組み込みシステム開発のコストを飛躍的に削減。この分野の技術者は将来「取り合い」になるともいわれている。IoTやAIといった先進技術にもチャレンジし、「やりたいこと」をどんどん実現しながら、技術力と力量を備えたエンジニアに成長できる。
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 29人
本社所在地 広島県広島市 中区八丁堀14-10 新八丁堀ビル 3F
339630

シー・ディー・エル 株式会社資本金900万円従業員数29人

開発期間の短縮を実現するITエンジニアとして、「求められる人財」に成長できる企業

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×