お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 DATAKITの企業情報

330775

株式会社 DATAKIT

粗利率が確実にアップ!リフォーム業に特化した統合管理システム『SAKSAK』

導入して使うだけで、契約率も粗利率もアップさせる統合管理システム『SAKSAK』

株式会社DATAKITは、神戸を本拠地として、リフォーム業・建設業に特化した統合管理システム『SAKSAK』(サクサク)の提供、および中小企業の“情報システム顧問業”を手がけているシステム開発会社だ。

『SAKSAK』は、これ1つで営業管理、見積作成、顧客管理、工事管理、原価管理、入金管理といったリフォーム業・建設業に必要な業務の機能がすべて揃う、クラウド型の統合管理システム。
「一般的なシステムは、データを記録・分析・処理することを主体に設計されていますが、『SAKSAK』はいわば“仮想マネージャー”。このシステムに則って業務を進めることで、正しい手順や手段で進めることができる業務主体の設計を行っています。したがって、導入して使うだけで、契約率も粗利率もアップさせることができます。仮に年商2億円の企業であれば、粗利率が1%アップするだけで200万円増えることになります。年間利用料は50~100万円程度ですが、営業の際、よく『50万円で200万円を買いませんか?』と話しています」と代表取締役の喜多庸元氏は説明する。

ある顧客は、「『SAKSAK』の導入が社員教育」と話したというが、スポーツにおける“フォーム矯正マシン”のような役割も果たしているのだ。国内には、『SAKSAK』の対象となる規模のリフォーム業・建設業は3000社ほどあり(自社調べ)、そのうち約300社が導入している。

中小企業の“情報システム顧問業”については、喜多氏は次のように説明する。
「中堅以上の会社には情報システム部門がありますが、中小企業ではパソコンに詳しい社員が頼りにされているといった状況があると思います。ところが、その人が退職すると困ってしまうことになる。当社は、そういった属人的な対応をしている中小企業の“情報システム顧問”として、情報システムに関する相談ごとやシステム化などの包括的な支援を行います」

業務効率化のためのシステム化に際しては、コストメリットの観点からいきなりスクラッチ開発を提案するのではなく、世の中にすでに存在しているクラウドサービスの中から中立的な観点で相応しいものを選んで提案する。特に推奨しているのは、『Evernote Business』や『LINE WORKS』だ。「どうしても適するものがない場合においてのみ、スクラッチ開発に応じる」と喜多氏。
本サービスのクライアントは、約100社を擁している。

新サービスとして、建設業界向けの業務プラットフォームを開発するビッグプロジェクトを準備しているところだ。
「『SAKSAK』が使えることはもちろん、職人や資材の手配ができたり、建設事業者同士のいろいろな取引ができる場をつくります」と喜多氏は意気込む。

330767同社は、神戸を本拠地として、リフォーム業・建設業に特化した統合管理システム『SAKSAK』(サクサク)の提供、および中小企業の“情報システム顧問業”を手がけている。
331103『SAKSAK』は、これ1つで営業管理、見積作成、顧客管理、工事管理、原価管理、入金管理といったリフォーム業・建設業に必要な業務の機能がすべて揃う、クラウド型の統合管理システムだ。
331102

2022年には阪神地域でNo.1のシェアを誇るクラウドインテグレーターへ!

喜多氏は、学生時代からフリーランスのエンジニアとして活動を始める(インタビュータブ参照)。その経緯について、次のように話す。
「私は留年したのですが、先に卒業しコンサルティング会社に就職した友人から、自社のクライアントのシステム開発を打診されたのです。当時、自己啓発書を読んでいたこともあり、『できるかできないかではなく、やるかやらないかだ』と考え、引き受けることにしました。そのクライアントが、リフォーム会社だったのです。Wスクールとしてコンピュータ系の専門学校でプログラミングを学んでいましたが、実際のシステム開発は未経験でした。したがって、学びながらの開発となりましたが、クライアントの社長から営業、工事、総務経理まであらゆる社員に話を聞き、業務内容を深く理解してシステムをつくったのです。非常に恵まれた話だと思います。カットオーバーまで1年、真の完成まで2年を要しましたが、好評でした。そこで、友人のコンサルティング会社が次々にほかのクライアントを紹介してくれて、徐々に経験を重ねていきました。そのうち、クライアントの業務設計やBPRまで頼まれるようになったのです。こうした原体験があるので、当社のシステム開発は『クライアントの業務はいかにあるべきか』を考え抜き、経営トップと現場を緊密に繋ぐ架け橋となることを最重視しているのです」

そんな同社が当初掲げたミッションステートメントは、次のとおりだ。

【私たちは、企業とお客様・社員・取引先の関係を活性化して、人にしかできない仕事に取り組める環境づくりに貢献します。】

このミッションステートメントを掲げた背景について、喜多氏は次のように説明する。
「『7つの習慣』という本を読んで、人は何のために仕事をするのかを深く考えたのです。出した結論は、自分がITの仕事をしているのは、人が人らしく生きられる社会をつくるため。つまらなく感じる作業をするのではなく、クリエイティブで面白い、より人間的な仕事をすることが大事だということです。18世紀に起きた産業革命が人間を肉体労働から解放して生産性を高めたように、現在起きている情報革命は、人間を単純思考・判断から解放し、より創造的な思考や複雑な判断にシフトさせるもの。当社が手がけるべきは、まさにこうした“人にしかできない仕事に取り組める環境づくり”であるということです」

さらに、近年になって次のミッションステートメントを加えている。
【私たちは、パートナーシップによって結ばれた笑顔あふれるチームです。】
【私たちは、多種多様な人々が生き生きと働く社会の実現に貢献します。】

同社は、今後のビジョンを次のように描いている。
【2022年には阪神地域でNo.1のシェアを誇るクラウドインテグレーターとして、中小企業の業務環境の改善に貢献している。】

同社の今後が楽しみだ。

330773今後のミッションは「2022年には阪神地域でNo.1のシェアを誇るクラウドインテグレーターとして、中小企業の業務環境の改善に貢献している。」
330770代表取締役 喜多 庸元氏
330756

行動規範や評価制度を通じて、社員教育に熱心に取り組む

2020年1月現在の従業員数は21名(パート込み)。平均年齢33歳で、男女半々とシステム開発業界にあって女性比率の高さが特徴的だ。これは、カスタマーサポートのコールセンターを設け、女性スタッフをオペレーターとして採用しているため。「一般的なクラウドサービスはメール対応が大半であるが、当社のコールセンターは建設業界には付加価値が高い」と喜多氏。
同社の風土づくりの基軸として、次の10項目の行動規範を置いている。

●パートナーシップを大切にします
●必ず最後までやり遂げます
●主体的に考え、前向きに行動します
●過去から学び、現状を肯定的に捉えます
●勇気を持ってチャレンジします
●常に向上心をもち成長します
●伝え合い、聴き合うことで信頼関係を築きます
●創造力を発揮します
●仕事も人生も楽しみます
●なにごとにも感謝します

この行動規範は毎日の朝礼で唱和したり、人事考課の定性評価項目として浸透や実践を図っている。また、新人の入社時に喜多氏が「ミッションステートメント研修」を行い、真意を解説している。

人事考課は、アリババ社なども導入している“9マトリックス”手法を採用。“成果”と“姿勢”の2軸から評価し、全社員による360度評価でそれぞれのレベルを判断するというものだ。「特に優れている者、劣っている者に対しては、評価者のコメントを集めて私から本人に伝えている。評価は、より高いレベルに成長してもらうことが目的なので、努力の方向性を正すために行っている」と喜多氏。

したがって、同社では一定以上のレベルの社員には副業を解禁し、成長の機会を広げている。さらに、事業が育てば分社化し、社員を経営トップに登用するグループ経営も視野に入れている。
社内のコミュニケーション促進策も数々ある。まず、朝礼時に輪番制で社員がテーマを提示してのフリートーク。例えば、休日の過ごし方がマンネリ化しているという社員が「変わった休日の過ごし方」というテーマを提示し、全員がアイデアを出すといったものだ。

また、月1回の全体ミーティングの際にケーキを用意して30分間、社員の誕生祝いを行ったり、新年には全員で地元の生田神社に初詣を行った後、喜多氏のワークショップや懇親会を行っている。社員旅行にも年1回、出かけている。そのほか、社員同士が自由に会議室のプロジェクターで映画鑑賞会を行うなどのレクリエーションを楽しんでいる。

同社の求める人材像は、次のとおり。

●成長意欲を持って仕事と向き合える人
●常に上を目指し、知識やスキルを貪欲に吸収していける人
●言われたことをこなすのではなく、自分で考え行動できる人

「ここで募集するエンジニアに関しては、プログラミングが大好きであることが最重要です」と喜多氏は呼びかける。

3307592020年1月現在の従業員数は21名(パート込み)。平均年齢33歳で、男女半々とシステム開発業界にあって女性比率の高さが特徴的だ。
330766月1回の全体ミーティングの際にケーキを用意して30分間、社員の誕生祝いを行ったり、新年には全員で地元の生田神社に初詣を行った後、喜多氏のワークショップや懇親会を開催するなど、社内イベントは多い。
330756

株式会社 DATAKITに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 DATAKITに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 DATAKIT
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 780万円
売上(3年分)
2019年 3月 期
1億8,900万円
設立年月 2003年04月
代表者氏名 喜多 庸元
事業内容 ■システムおよびソフトウェアの受託開発
■業務コンサルティング
■「リフォーム統合管理システムSAKSAK」の開発・販売・サポート
『SAKSAK』は、これ1つで営業管理、見積作成、顧客管理、工事管理、原価管理、入金管理といったリフォーム業・建設業に必要な業務の機能がすべて揃う、クラウド型の統合管理システムです。
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 21人
平均年齢 36.7歳
本社所在地 兵庫県神戸市中央区京町83 三宮センチュリービル401
330775

株式会社 DATAKIT資本金780万円設立年月日2003年04月従業員数21人

粗利率が確実にアップ!リフォーム業に特化した統合管理システム『SAKSAK』

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×