お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ウィファブリックの企業情報

325102

株式会社 ウィファブリック

持続可能な循環型社会を創造!「アパレル廃棄」の問題に挑むFashion Tech企業

サプライヤーとバイヤーをマッチング!アパレル卸売・仕入れサイト「SMASELL」

株式会社ウィファブリックは、アパレル卸売・仕入れサイト「SMASELL(スマセル)」を運営しているスタートアップベンチャー。スマセルはアパレルなどの商材を作るメーカーを中心にした「サプライヤー」と、それらの商品を安く仕入れたい「バイヤー」のマッチングサイトで、メルカリやヤフオクのようなCtoCではなく、BtoBのサービスだ。

BtoBサービスとはいえ、スマセルは個人事業主であればフリマアプリのユーザーでも利用可能。メルカリやラクマなどのフリマアプリを使って売買している人が、スマセルで商材を仕入れて売れば、ビジネスを拡大できるチャンスとなる。

「CtoCのフリマアプリやオークションサイト、ECサイトを運営している事業者を中心に5400以上の会員登録があります。1000社以上にわたるサプライヤーから、卸価格で商材を仕入れられます。また、希望の商材がない場合でも、ニーズ掲示板に投稿すれば、サプライヤーからの提案を待つことができます」(代表取締役社長・福屋剛)

一般に商品を仕入れようと思えば、取引先の企業との間で口座を開設する必要がある。しかし、フリマアプリやオークションサイトでビジネスをする小規模事業者は、アパレル大手の商材を仕入れたくてもなかなか口座が開設できない。その点、スマセルは口座開設なしに大手メーカーの商材も仕入れることができる。

「三井住友信託銀行やヤマトクレジットファイナンスとの提携で、ファイナンス面でもサプライヤーとバイヤーが安心して取引できる仕組みを作っています。スマセルはBtoBのサービスですが、副業でネット販売をしているような個人も含め、よりtoCに近いビジネスモデル。スマホファーストを念頭に、スマホで簡単に仕入れをできるように工夫し、アパレルやインテリア製品をバイヤーが手軽にネットで販売きる世の中を作ります」(福屋氏)

サプライヤーの側からスマセルを見ると、安心して小規模事業者にも商品を卸すことができるだけでなく、シーズン落ちの商材を特価で卸せば、余剰在庫を減らすことができる。しかも、販路コントロール機能があるため、取引するバイヤーを選択でき、ブランドイメージを守りながら商品を廃棄せずに必要としているところへ届けられる。

「スマセルは、大量に発生している“アパレル廃棄”の問題を解決するために生み出されたサービスです。全世界で毎年200億着以上、日本国内だけでも40億着以上のアパレル製品が廃棄されています。フリマアプリという新しい販売チャネルにアパレル製品を卸すルートを確立することで、アパレル廃棄を減らすのが私たちウィファブリックのミッションです」(福屋氏)

325120繊維ファッション業界の廃棄課題解決に、情熱を持ってメンバーに話かける代表の福屋社長
325123エンジニア(左)とマーケター(右)のアイディア出し会議の様子。会議のモットーは笑顔!
325107

新しい流通ルートを構築してチャレンジするのは「アパレル廃棄」の社会問題

アパレル商材は“腐りにくいなま物”と呼ばれるように、トレンドがあってそれを逃すと売れなくなるとされてきた。ファッションの世界が華やかな「流行」で動いている背景には、昨年流行ったアイテムが今年はまったく売れない事態など「負」の側面もあるのだ。ファッション業界は川上から川下まで幾層にもレイヤーが折り重なっており、それぞれのレイヤーでシーズン前に予測を立てて見込み生産をするため、どうしても生産過剰になってしまう。

出荷ロットもレイヤーによって異なり、それもアパレル廃棄を生む要因となっている。全生産量の半分が廃棄されるといわれているほど深刻な問題で、業界全体で生産効率を上げないと、高コスト体質ではファッション業界が存続できない。それだけでなく、「食品ロス」のような社会問題に発展している。

メーカーが新しい販売チャネルに商材を卸すルートを作ることで「アパレル廃棄」の問題にチャレンジしているのが、ウィファブリックなのだ。

「一般ユーザーからすれば、シーズン落ちの製品も安く買えるなら問題にしません。フリマアプリやECサイトなどを活用したネットでの売買では、1年前、2年前の製品であってもニーズがあります。しかし、既存の流通ではファイナンス面での不安から、ネットでの取引、とりわけCtoCの売買にサプライヤーが商材を卸すルートがありませんでした。スマセルでこれまでになかった流通のルートを構築することでアパレル廃棄を減少させたいと考えています」(福屋氏)

ウィファブリックは、アパレル廃棄を減らすために立ち上げられたベンチャー企業。設立当初はスマセルではなく、廃材や残糸、デッドストックを活用した「RDF」という名のプロダクトブランドとしてスタートした。

「RDFは、シンプルで無駄のない『エシカルな暮らし』の提案するプロダクトブランドです。使われなかった素材を回収してデザインを再生させることで、アパレル廃棄を減らそうという取り組み。リサイクルならぬ『アップサイクル』と呼んでいます。『MADE IN JAPAN』にこだわり、日本の素晴らしい伝統技術や職人技の活性化もコンセプトの一つです」(福屋氏)

アパレル廃棄をなくして「廃棄のない循環型社会」を目指してビジネスをスケールさせているウィファブリック。より多くの人に循環型社会や環境問題を意識してもらうため、毎回のスマセルでの取引で、どれぐらいのCO2削減に貢献できたかを見える化するなど、スマセル内でも新しい取り組みにチャレンジしていくという。

325135靭公園の目の前にある自然と調和したオフィスで落ち着いて仕事ができます!
325108机もエシカルに廃材になった木材を再生させたものがこだわり!
325103

ファッションをもっと楽しく持続可能なものに。ウィファブリックのフィロソフィー

ウィファブリックが自らのフィロソフィーに掲げるこの言葉には、2つの思いが込められている。一つは「廃棄のない循環型社会」へのチャレンジ。そしてもう一つは、ファッションをサスティナブルな業界に戻して、個性を表現するというファッション文化を取り戻すことだ。

大量生産の行き着く先で、ファッション文化は失われ、デッドストックの大量廃棄という深刻な環境問題を世界中で引き起こしている。ウィファブリックは、そのファッション業界が陥っている状況を解決するサービスとして期待されている。循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰を受賞し、テレビ東京の人気ビジネス番組「ガイアの夜明け」やNHKのビジネス番組「ルソンの壺」でも取り上げられた。

「ウィファブリックには、ファッションに興味を持っている人や、循環型社会の実現にチャレンジしたい人材などが集まっています。これまでのバックボーンはそれぞれ違いますが、目指す先は共有しています。クレドの一つに掲げている『同じゴールを共有する仲間どうし、惜しみなく助け合おう』をモットーに、全メンバーで作り上げた年間コミットメントを達成するため、時には自チームの手を止めてでも課題を抱えるチームを助ける風土があります」(福屋氏)

社内イベントを開催してメンバーの交流を深めるなど、フラットで風通しのいい社風は、スタートアップならでは。ファッションが好きなメンバーも多いため、各自が自分の服を持ち寄って物々交換するという。

「循環型社会を実現するためにも、そして何よりもファッションが好きだから、服を交換する社内イベントを開いています。『ファッションをもっと楽しく持続可能なものに』という当社の理念に共感してくれるメンバーが入社してくれれば、一緒に楽しく働けると思います」(福屋氏)

バイヤー登録者を増やし、10万ユーザーまで拡大するのを目標にしているウィファブリック。長期的には70万ユーザーを目指し、サプライヤーも拡大していく意向だ。そしてさらにその先、海外のサプライヤーとバイヤーを巻き込んでいきたいと福屋氏は語る。

「アパレル廃棄をなくして循環型社会を実現するには、日本国内だけではなく、最終的には海外進出もしたいです。220億着の廃棄される商材を減らし、地球の環境を守る、それが私たちウィファブリックのミッションです!」(福屋氏)

325133オフィスはフリーアドレスです!毎月、課題を共有するメンバーが動き周っております!
325132オフィスのモチーフは自然を意識した木材で統一されており、カフェの様な落ち着いた雰囲気が特徴!
325106

株式会社 ウィファブリックに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ウィファブリックに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ウィファブリック
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
製造・メーカー系 >  化粧品・アパレル
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
資本金 1億5549万8875円
売上(3年分)
設立年月 2015年03月
代表者氏名 福屋 剛
事業内容 株式会社ウィファブリックは全世界で毎年200億着以上、日本国内だけでも40億着以上といわれている“アパレル廃棄”の社会問題を解決し、「廃棄のない循環型社会」の実現にチャレンジしている。
その事業中核サービスのアパレル卸売・仕入れサイト「SMASELL(スマセル)」は、アパレル商材を作るメーカーを中心にした「サプライヤー」と、それらの商品を安く仕入れたい「バイヤー」のマッチングするBtoBのサービス。三井住友信託銀行やヤマトクレジットファイナンスとの提携で、ファイナンス面でサプライヤーとバイヤーが安心して取引できる仕組みを提供する等、常に新しいプロダクトを追求している。
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 ・株式会社KVP
・池森ベンチャーサポート合同会社
・クルーズ株式会社
・SMBCベンチャーキャピタル株式会社
...etc
従業員数 12人
平均年齢 33.0歳
本社所在地 大阪府大阪市西区京町堀1-14-24タツト靭公園ビル7F
325102

株式会社 ウィファブリック資本金1億5549万8875円設立年月日2015年03月従業員数12人

持続可能な循環型社会を創造!「アパレル廃棄」の問題に挑むFashion Tech企業

After covid19 bottom
×