お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 Resolaの企業情報

304908

株式会社 Resola

自然言語処理を利用したAIチャットボットを独自開発する新進気鋭のスタートアップ

常に世の中の流れにアンテナを張り、今ない未来を創造し続ける

株式会社Resola(リソラ)は、AI技術を使ったプロダクト・サービスの開発、保守、運営、並びにコンサルティングを展開している会社だ。2016年2月に設立され、本社を東京都渋谷区南平台町に置く。2018年3月、WEB接客ツール「SYNALIO」を提供する株式会社ギブリーの子会社となった。

代表取締役社長を務める奥田栄司氏は、大学時代に統計学を専攻。データマイニングやニューラルネットワークの研究では、20年以上の経験がある。社会人としては、大手シンクタンクで大手企業のシステム企画、開発、運用を10年ほど経験した。その後渡米し、日系企業向けITコンサルタントとして従事すると、帰国後は株式会社gloopsの海外事業責任者として活躍。ベトナム子会社の立上げや、韓国事業の推進を担当。また、米国で注目を集めるMARTECH(Marketing×Technology)分野の第一人者として、IT勉強会などで登壇する機会も多い。

同社の強みは、ベンチャー企業ならではの機転の良さや、カスタマイズの柔軟性にある。資本やデータ量といった点では世界的大企業に及ばないかもしれないが、現在は各社APIやライブラリ、論文などの公開も進み、AI技術のコモディティ化(一般化)は世界的な潮流だ。逆に、大手企業がフォローしきれない、きめ細かなカスタマイズや低コスト開発のノウハウは、機動力のあるベンチャーのほうが有利とも言える。

AI技術やブロックチェーンなど、技術革新のスピードが加速する昨今、Resolaはこれらの技術を取り入れ、ソフトウェア開発を推進している。一方で、技術そのものは真に顧客が抱えている「課題」を解決するための手段だとResolaは考える。「課題」から最適な技術の組みあわせを選択し、提案することがResolaの事業ポリシーである。

Resolaが掲げる理念は「未来をつくる」こと。Resolaのメンバーはその理念に沿って、一人ひとりが世の中の流れにアンテナを張り、新たな技術を研究し、切磋琢磨を続けながら、今ない未来を創るため、ものづくりに取り組んでいるのだ。

304915同社はAI技術を活用したサービス開発やコンサルティングを運営している。株式会社ギブリーの子会社である。
304921代表取締役社長 奥田 栄司氏(右上)
MARTECH分野の第一人者として、様々なフィールドで活躍している。
304912

身近なものをより便利に、より面白くするプロダクトを独自開発

同社は、自社サービスとして自然言語処理を利用したチャットボットサービス「Rebot」の開発・運用をおこなっている。カスタマーサポート業務の効率化や顧客対応品質の向上に加え、One to Oneマーケティングによるエンゲージメント向上を支援。2019年8月時点で100社を超える導入実績があり、Webサイトだけでなく、LINEやFacebookメッセンジャーとも連携する。

「Rebot」は、ユーザーのメッセージの“意図”をAIで解析し、機械学習や自然言語処理を経て精度の向上を図っていく。返品対応を目的としたケースであれば、「返品」や「返す」などのワードのほか、「かえす」のようにひらがな・カタカナ表記の揺れにも対応。「Rebot」はメッセージから相手の「返品」の意図を認識し、意図にあわせて定義づけした答えを返答する。

リリース以降、「Rebot」は要望に応えさまざまな機能追加をおこなってきた。2019年5月には、チャットボットとの会話データに加え、サイト訪問者の行動データも取得する新機能をリリース。扱うデータ量も飛躍的に増えてきていることから、データ分析基盤の構築や、サービスの安定運用に向けての拡張を随時実施していく方針だ。

また、チャットボットを導入する大きな動機は“コスト削減”だが、同社はこの流れを変えていく。具体的には、コンバージョンに貢献できるチャットボットを開発していく考えなのだ。CRMと連携し、ユーザーが興味を抱くトピックを提案できるようなチャットボットを実現し、AIの新たな魅力を提案していく。

305951自社サービスとして、チャットボットサービス「Rebot」の開発・運用を手掛けている。
304922ユーザーの利便性を向上するため、日々新たな機能の追加やサービスの改善を行っているという。
304911

ともに学び、成長し、新しい価値を提供する多国籍ものづくり集団

オフィスは渋谷駅から徒歩10分ほどの場所にあり、今後の組織拡大に向け、2019年8月に移転したばかり。メンバーはエンジニアを中心に構成されており、社内は開発への熱い想いに満ちている。海外出身者も多いため、社内でのコミュニケーションは主に英語で行われているグローバルな環境だ。

社内では3年後、5年後のプロダクトビジョンを掲げ、さらなる躍進に向けてプロダクト開発を進めている。それにともない、開発チームを順次拡大させていく予定だ。

また、人々の暮らしをより便利に、面白くするプロダクトを創造する“ものづくり集団”の一員として、つくり手自身が楽しみながら、情熱やこだわりを持ち続けることも重要だ。同社はWebシステムやモバイルアプリの開発もおこなっており、これまでの開発実績には、以下のようなものもあるようだ。
・スポーツイベント予約システム(モバイルアプリ、主催者向けWeb管理画面)
・チャット小説アプリ(モバイルアプリ)
・自治体が運営する観光案内アプリ(モバイルアプリ)
・有人対応チャットシステム(オペレータ向け管理画面、APIによる基幹システム連携)
・医療系診察券アプリ(モバイルアプリ、APIによる基幹システム連携)

ITサービスの多様化や技術の進歩が続く中で、同社は常に「Resolaが提供できる価値とは何か」を追求している。今後、どのようにテクノロジーが進化していくとしても、「今ない未来を創造し続けていく」というビジョンに向かって、何年、何十年とものづくりに正面から向き合える場所となるだろう。

304920会社とともに成長してくれる新しいメンバーを募集中だ。若いメンバーも多く、雰囲気の良さも特徴的。
304914海外メンバーも多く、ビデオ会議を実施することも。
304909

株式会社 Resolaに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 Resolaに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 Resola
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 1,000万円
設立年月 2016年02月
代表者氏名 代表取締役社長 奥田 栄司
事業内容 AI技術を使ったプロダクト・サービスの開発、保守、運営並びにコンサルティング
従業員数 8人
本社所在地 東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
304908

株式会社 Resola資本金1,000万円設立年月日2016年02月従業員数8人

自然言語処理を利用したAIチャットボットを独自開発する新進気鋭のスタートアップ

この企業が募集している求人

Bnr sp354 8
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×