お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

【戦略人事】OKRを醸成し、日本から新たなユニコーン企業を生み出すResilyで戦略人事募集!

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる
297473

Resily 株式会社

クラウドOKRツール『Resily』運営のスタートアップ “会社をひとつのチームにする”をミッションに急成長!

戦略人事

【戦略人事】OKRを醸成し、日本から新たなユニコーン企業を生み出すResilyで戦略人事募集!

開発のきっかけは目標に対して社内コミュニケーションがリンクしていないという課題感

最近、多くの企業でOKR(Objectives and Key Results)というメソッドが注目を浴びている。組織が掲げる目標・ゴールと、そこに到達するために必要な結果を設定して企業を成長に導く目標設定と運用の手法だ。

Resily(リシリー)株式会社は、OKR導入・運用改善コンサルティングと、自社開発のクラウドOKRツール『Resily』を展開するスタートアップである。2017年8月の会社設立以来、事業全体の達成プランをマップ化し各部門の目標設定との関連を可視化した『Resily』の導入社数は増加し続けている。“会社をひとつのチームにする”というミッションを掲げ、同社はサービス展開のスピードを加速する。

創業者であり代表取締役の堀江真弘氏は、東京大学大学院在学中にインターンをしていたSansan株式会社へ新卒入社。その後5年間の勤務を経て、共同創業者であるエンジニアと同社を創業した。学生の頃から起業が念頭にあったという堀江氏だが、事業領域は社会人となり働く中で徐々に絞っていったという。

「Sansanでは法人向け名刺管理サービスの販売やオンライン営業手法の仕組み化、プロダクトマネージャーとしてのアプリリニューアル時のUX設計リードなど様々な業務に従事しました。その中で、勢いに乗る成長企業であるにも関わらず、設定された目標と、社内の日々のコミュニケーションがリンクしていないことに疑問を持つようになりました」(堀江氏)

プロダクトリリースにあたり、他部門の優先事項が見えていないため、本当に効果的な開発事項が何かわからない、それに伴いメンバー間での調整ばかりが続くなど無駄に感じる部分が多かったという。

「実際に組織で働いてみて、社内コミュニケーションが目標達成にリンクせず、意思決定に必要な情報が集約化していないことに課題感を持ちました。この課題を解消して企業を正しい方向に導きたかった。それがResilyを思いついたきっかけです」(堀江氏)

立ち上げ直後は、クライアント企業に話をしに行っても「人事をやっていないのになぜ目標管理を?」とよく問われたという。

「これまでの目標管理は、上司による部下のマネジメントや人事評価の手法という認識が強かった。でも、本来は目標へのコミュニケーション課題は事業サイドの方が強い。Googleでエンジニアリングマネージャーとして活躍していた及川卓也氏がOKRの有効性を度々話題にしはじめてからは、“人事じゃないのに”なんて言葉は一切聞かなくなりましたね」(堀江氏)

組織の目標達成にOKRが有効だという考えは、着実に広がっている。

298185同社は、OKR(Objectives and Key Results)導入・運用改善コンサルティングと、自社開発のクラウドOKRツール『Resily』を展開するスタートアップ企業だ。
297482代表取締役 堀江 真弘氏
297474

2020年までに「海外進出」「外部との連携」「プロダクトリニューアル」を予定!2023年にはIPOを目指す

OKRが注目されるにつれ、ツールを運営する会社も増えた。だが、『Resily』は他社サービスとは一味ちがうという。

「他社ツールは上司・部下という1on1の関係性が強い。対して『Resily』は全体的な状況がすぐにわかるのが特徴です。“マップ機能”で中期・短期目標の整合性を確認したり、進捗度を簡単に把握したりが可能。単にOKRが階層状に並んでいるだけでなく、問題のある箇所や達成の自信がない箇所については赤や黄色で色付けされるため、一目で気づくことができます」(堀江氏)

同社は今後更に資金調達を行い、2023年夏の上場を目指している。プロダクト側のスケジュールとしては、2019年冬にリニューアルを行い、海外マーケットへの進出を予定。2020年春には連携機能・戦略フィードバック機能のリリースを行い、2020年秋にアンケート機能とOKRレコメンド機能をリリースする計画。市場を開拓・リードしながら、企業として急成長を果たす道筋を明確に描いているのだ。

開発を手掛けるCTOの西方聖一氏は、同社への参画理由を次のように話す。

「いくつかの会社を経験してきましたが、自分が何をするのか入社前に想像がついてしまう。でもここだけは未来予測ができなかったんです。一週間先もわからない。面白そうだと思いました。入社して予想通り楽しいです。開発以外にもスタートアップ特有の社会的存在意義を感じられますし、顧客の課題について考えてディスカッションできる環境で、日々前進している実感があります」(西方氏)

“会社をひとつのチームにする”というミッションや、同社が目指している下記のような世界観を、社員全員で一丸となって追及しているのだ。

■会社の大きな目標に向かい、チームが連携して効果的に成果を高めていく
■チームの動きを全体に関連づけて可視化し、社内政治や無駄な調整業務を排除する
■目標への活動と評価を切り離し、チャレンジができる風土を広げていく

「会社の目標に対するコミュニケーションに課題を感じ、その解決に興味を持てる方にぜひ来てほしいと思っています」(堀江氏・西方氏)

2974892017年8月の会社設立以来、OKR導入ツール『Resily』の導入社数は右肩上がりで増加し続けている。
297485資金調達のA・Bラウンドを経て機能を追加していき、海外進出も計画中。OKR市場を開拓・リードしながら、2023年夏の上場を目指す。
297475

クレバーな判断力を持つ社員たち。彼らが共有するResilyのバリューとは?

同社は自社プロダクトを活用し、次の共通価値観を持って業務を進めているという。

① Issue Driven
タスクや目標に関わるプロダクトは、差別化要因をつくるのが難しいと考えているゆえに、「決定的な差を生み出す課題」を常に探求するように意識している。現状は【目標に対してライトで前向きな振り返りを習慣化させる】ことをIssueとして設定している。
② Customer Success
データ・ドリブンで顧客の課題を解決し、ステップアップさせることに全力を尽くす。顧客に対して行ったアクションの合理性をデータで確認しながら検証やアクションを繰り返して顧客を成功に導く。
③ Openness
目標に対するあらゆる計画やアクション、その結果の透明性を高めて情報格差を排除する。これにより全社員が役職や肩書に関係なく課題を発言し、アクションを改善していけるような環境をつくる。

社風としては、大手企業で活躍していた人材とベンチャーで活躍したいた人材がバランスよく集っているのも特徴と言えるだろう。キャリアは様々だが、共通するのは経験を重ねた“クレバーな判断”ができるメリットがある。

「モヤッとした課題感をできるだけ吐き出すように心がけ、小さな違和感が大きな課題につながらないようにIssueを特定するよう心がけています。これによりプロアクティブに小さな課題を改善したり、課題として顕在化している場合でも、きちんと向き合って解決に向かう風土になっています」(堀江氏)

そのため、新たな人材にも、他者のフィードバックを受け止めて自らの行動を改善しながら、会社の前進に必要なことや課題に目を向けた提案を期待したいという。

働く環境にも、生産性が高い状態を維持して成果を出すことを重視する同社らしさが反映されている。勤務時間はフレックスや裁量労働制が原則で、リモートワークも採用。朝10:30頃に来て19:30に帰る社員や、18:00には子供を保育園へ迎えに行く社員、営業案件に合わせて直行直帰する社員など、それぞれが一番結果を残せる働き方を実行している。開発部隊はモダンな開発環境を整え、CIの導入やプロセスの自動化によって生産性を追求。営業やカスタマーサクセスではSFDCを導入し、営業プロセスの標準化も心がけているという。

スマートな印象の同社だが、テレビゲームやボードゲームを用意してのレクリエーションタイムも確保している。効率化を図りながらも殺伐とせず、和気あいあいとした会社生活が伺える。

最後に堀江氏はGreenユーザーに向けて、メッセージを寄せてくれた。

「経営者が何を考えているかわからない、ミドルマネージャーが言うことがよく変わるなど、会社のコミュニケーションは目標に連動しながら変化し、立場によって見方が異なります。それぞれのメンバーが同じ方向に向かい、ひとつのチームであると感じられる環境をつくるのは、非常に難しいことです。しかし、これを実現することには意味があると考え、メンバーは働いています。こうした困難なテーマに向き合い、実現していこうという気持ちに共感いただける方は、是非 Resilyにご参加ください!」

297487入社年数や職種にかかわらず、どんなメンバーでも意見を発信することが推奨されており、社内では活発なコミュニケーションが飛び交っている。
297488“会社をひとつのチームにする”というミッションのもと、サービス展開のスピードをさらに加速していく。
297476

Resily 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、Resily 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 Resily 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ITコンサルティング
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
  • 残業少なめ
資本金 500万円
設立年月 2017年08月
代表者氏名 代表取締役 堀江 真弘
事業内容 クラウドOKRツール「Resily(リシリ―)」の開発・販売
OKR導入・運用改善コンサルティング
従業員数 7人
平均年齢 31.0歳
本社所在地 東京都渋谷区神宮前6-17-15 落合原宿ビル10階
297473

Resily 株式会社資本金500万円設立年月日2017年08月従業員数7人

クラウドOKRツール『Resily』運営のスタートアップ “会社をひとつのチームにする”をミッションに急成長!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 12
×
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×