お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 CambrianRoboticsの企業情報

279705

株式会社 CambrianRobotics

テクノロジーで世界を最適化する

誰でも簡単にIoT製品を開発できる「obniz」

-------------
◆事業内容
-------------
CambrianRoboticsでは「obniz(オブナイズ)」というIoTのためのクラウドサービス「obniz cloud」やプラットフォームデバイス「obniz board」、それらを使ったkitを企画開発・運営しています。
「電子回路のAPI化」というobnizだけのテクノロジーを使い、IoTをもっとも簡単に、安全に、そして最適な形で提供しています。obnizによるIoT化を加速すべく、toB事業として、企業向け・開発者向けサービスや教育用途での展開を進めています。

・obniz
・obnizを搭載したAIロボットキット
・obnizを搭載したIoTホームキット

電子回路(部品)はどこにでもあります。身の回りは電気で動くものだらけです。手に収まるスマートフォンから、家電、電気自動車などがあり、年々技術は進化しています。


--------------
◆電子回路設計からアプリ開発など全領域を網羅する難しさ
--------------
IoT製品を開発するためには、電子回路設計、ファームウェア設計、ネットワーク設計、クラウド構築、アプリ開発など幅広い領域の作業を要します。全てのスキルを保有しているエンジニアは希少であり、かつそれぞれのプロフェッショナルが集まってIoT製品開発をする際もそれぞれの領域をどう繋ぐのかの議論を全員で行う必要があり、開発がうまく進まないことが多いのです。

また、IoT製品開発をする際に特に苦戦するのは「電気回路」のスキルを持っているエンジニアを確保することが難しいことです。他領域のエンジニアはある程度の人数はおりますが、電気回路系のエンジニアが市場に少ないのです。

ですので、クラウドの知識だけでIoT製品が作れるように、「電子部品をAPI化する」 というキーワードを元にobnizを生み出したのです。

obnizは電子回路設計、ファームウェア設計、ネットワーク設計、クラウド構築までを一気に担保できますので、IoT製品開発をする際はobnizが大きな効果を発揮するのです。


--------------
◆競合製品は日本にはなく、世界中を見渡しても数えるほどです
--------------
obnizの競合製品は日本にはなく、世界中を見渡しても数えるほどの数しかありません。ただ、最大手の企業の製品は月産は50〜60万台で、累計で1700万台も売れております。つまり世界中にニーズはあるのです。

競合製品と比較した際に、obnizの特徴は「操作が簡単なこと」です。

obnizと比較して競合製品は操作においての難易度が高く、使用する上でハードが高いと感じる層のユーザーも多いようです。使いやすさと作れるものの幅が広く、グローバルにおいて、動くものを作る際の選択肢として最初に想起されるような存在を目指したいと思っています。

個人だけでなく企業におけるPoC(概念実証)などプロトタイプ作成や、IoTへの導入目的でも使われ始めています。具体的には遠隔地のデータ収集や装置の監視などでの利用が考えられ、とある装置の故障予知を目的とした実証実験も企業と計画しています。

279710
279711
279720

コンセプトは「ハードウェアのAPI化」

----------------
◆創業者のキャリア
----------------
代表 佐藤のキャリア
 2014年 CambrianRobotics創業
 2012年 株式会社Spotlightジョイン
 2012年 早稲田大学総合機械工学科卒業
 2011年 株式会社papelook共同創業
 2006年 吉本興業東京NSC 12期

取締役 木戸のキャリア
 2018年 CambrianRoboticsジョイン
 2014年 KDDI入社
 2014年 早稲田大学総合機械工学専攻修了
 2012年 早稲田大学総合機械工学科卒業
 2009年 株式会社ドーナッツでジョブカン開発

佐藤と木戸は早稲田大学で出会いました。2人でMacBookをお金を出し合って購入してiOSアプリ開発をした仲です。
「Papelook」という写真アプリを開発し、そのアプリが2000万ダウンロードを突破し、当時話題になるほどでした。ただ、収益化は目指してなかったため終了しております。

その後、代表の佐藤は「Spotlight」というベンチャー企業にアルバイトとしてジョインし、その後正社員となりアプリ開発をしておりました。その後、楽天へバイアウトするまでメインエンジニアとして活躍しています。

取締役の木戸は小学生の頃からプログラミングが趣味で、高校在学時にはロボコン開発をしています。その後当時十数名であったDonutsにアルバイトとしてジョインしエンジニアとして活躍。その後 KDDIに就職し、3年間経験を積んだ上でCambrian Roboticsにジョインをしています。


----------------
◆沿革
----------------
代表の佐藤がobnizの仕組みを開発するために2012年にCambrian Roboticsは設立されています。
ただ、開発をするために必要な製品が1つ足りませんでした。そのため、2012年〜2017年は受託開発をしておりました。esp32という部品がある企業からリリースされ、代表の佐藤が構想をしていたobnizを開発に取り組むことができるようになりました。2017年に開発をスタートしております。

ちょうどそのタイミングで取締役である木戸が開発を手伝ってくれることになり、週末に開発に携わってもらっていました。その後Cambrian Roboticsのビジョンに共感し、2018年1月に正式ジョインしフルタイムで勤務をしています。

また、2018年にクラウドファンディングを達成し軌道に乗り、2018年5月にobnizをリリースしています。

279721
279715
279713

“Optimize the World with Technology”

“Optimize the World with Technology”

これが私たちのvisionです。
インターネットの力が存分に発揮され、世の中全体がIoTの恩恵を十分に受けられているとは言い難い現状があります。

現在のIoT開発をもっと最適化したい。
IoTをもっと身近に、より簡単に導入しやすく、誰もが携わることのできるものにすることを目標に、obnizをリリースしてきました。

そして現在、企業や開発者がobnizを導入できるようtoB事業の展開を進めており、企業との協業が始まっています。私たちは、エンジニアリングの可能性をさらに広げ、IoTにより最適化された社会の実現を目指します。


-------------
◆世界で初めて「EaaS」という概念を世の中に発信しています
-------------
obnizは「EaaS」という概念を提唱しています。「EaaS」とは「Electronic as a Service」の略称になります。つまり、ハードウェアにおける「SaaS」なのです。

エンジニアで「SaaS」という言葉を聞いたことがない方は少ないかと思います。
「SaaS」は本来ゼロから開発しなくてはならない部分がすでに実装されており、その分ユーザーが負担なく便利に使えるクラウドサービスです。例えば、AWSはSaaSの一例であり、AWSはインフラ、マシン、リスク管理など本来整えなくてはならない機能があり、ユーザーは便利に使えます。

obnizはIoT製品開発をする上で、電子回路設計、ファームウェア設計、ネットワーク設計、クラウド構築がすでにパッケージ化されています。それが故「EaaS」という概念なのです。


-------------
◆obnizの将来的な活用方法
-------------
obnizは電子回路がある製品全てに導入することができます。IoT化されていない製品は世界中に無数にあります。
皆さんのご自宅にある電化製品をイメージしてみてください。エアコン、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、オーディオ機器、空気清浄機などたくさんあるかと思います。その全てがインターネットに繋がるとどうなるでしょうか?スマホで自宅の家電は全て操作できるようになるだけでなく、その日のパーソナルスケジュールに合わせて温度、湿度などを最適な状態に保ったり、天気を考慮した洗濯を自動で行ったりします。それらは製品をインターネットに繋げて初めて実現します。繋ぐことで製品にインターネット上にある「賢さ」を与えることができます。その世界観を創り上げるためにobnizは必要なのです。

ただ、obnizを全ての電子製品に導入するのは当社のマンパワーだけだと限界があります。将来的な活用方法として、obnizの開発ボード、SDKの「ライセンス販売」を構想しています。ライセンス自体を他社様に販売させていただいて、obnizを世の中に広めていきたいと思っています。

<想定をしている具体的な導入イメージ>

(1)洗濯機にobnizを導入
一家に一台はある洗濯機。IoT化されている洗濯機の事例は多くはありません。
もし洗濯機にobnizを導入したら、
・よく洗われている衣類をデータ化できる
・適切な洗剤の量がわかり、洗濯機は何回転すれば適切かわかる
・ご主人の顔が疲れているから小さな音で洗濯機を回そう
などの効果が得られます。

(2)ビルやマンションの照明
ビルやマンションの照明は全時間帯、ONになっている必要はありません。大きなビルやマンションであれば照度を調節するだけで大きな経費削減ができるのです。日の入りの時間帯によって電気のベストな照度は異なります。

279717
279718
279722

株式会社 CambrianRoboticsに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 CambrianRoboticsに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 CambrianRobotics
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  IoT・M2M・ロボット
資本金 109,758,250円
売上(3年分)
設立年月 2014年11月
代表者氏名 佐藤雄紀
事業内容 ■製品「obniz(オブナイズ)」について
電子回路や製品をインターネットに接続し操作を可能にするIoTオールインワンサービス。
インターネット経由でどんなプログラム言語からでも電子回路を制御できるようになる新しい仕組みのサービスで、世界で唯一ハードウェアからクラウド上APIまでを全て提供しています。

これにより機器のIoT化も圧倒的に早くかつセキュアに行うことができます。またそれだけでなく「ブラウザ上でプログラム」も可能になることで敷居をさげることができ、プログラム教育での利用や電子工作など趣味の世界などのものづくりツールとしての利用も可能です。
・自社開発の電子回路とクラウドサービスを提供
・obnizの仕組みは2017年から開発開始。日本で特許取得済み/US出願中
・kickstarterで2018年1月に達成後、2018年5月から一般販売開始
・8月に単月経常黒字を達成
・販売開始から半年で数千台の販売実績

■obnizを応用したサービス展開
・「obniz make」DIYなど趣味のツールとしての事業
・「obniz education」プログラミング教材として。企業の研修も支援
・「obniz solution」企業のobnizの導入支援やIoTの共同開発

これから開発を続けると共に、各取り組み領域へのより深いリーチ、そして海外への展開をより強化していきます。
従業員数 6人
本社所在地 東京都豊島区南大塚3-51-5 HKアークビル2F
279705

株式会社 CambrianRobotics資本金109,758,250円設立年月日2014年11月従業員数6人

テクノロジーで世界を最適化する

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×