お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 ビーシーエスの企業情報

287443

株式会社 ビーシーエス

Tivoliなどのシステム導入経験を持つエンジニアが、常に高い顧客満足度を実現している企業

クライアントのビジネス継続性を支える、総合的なITサービスを提供

株式会社ビーシーエス(Business Continuity Systems Inc.)は、以下の4事業を展開している会社だ。会社設立は2003年5月で、東京都千代田区一番町に本社を置く。

1. エンタープライズ分野を中心とした統合運用管理システムの設計・導入・テスト・運用の支援
2. オープンシステム環境やWindows環境、およびそれらをつなぐネットワークシステムの設計・導入・テスト・運用の支援
3. WebアプリケーションとIPネットワーク環境に関する脆弱性診断やコンサルティング
4. エンタープライズ分野案件におけるPMO支援

代表取締役を務める岡﨑正俊氏は、日本アイ・ビー・エム株式会社に16年在籍後、外資系IT企業、IT系ベンチャーを経由してビーシーエスを設立した。以来、技術・サービス志向の会社として、サーバやネットワークなどのインフラ、システム間連携、セキュリティなどの領域に対するITサービスを提供し、Tivoli(IBM)などの統合運用監視ソリューションをメインに、日本企業にマッチしたITシステムの導入ソリューションを展開している。

エンタープライズ分野におけるSES事業では、Tivoliを中心とする製品の導入・運用案件で培った専門的知見が強み。統合運用監視ソリューションを核とした分野にフォーカスをすることで、効果的な差別化を図っている。セキュリティ診断サービスでは、情報システムに対するセキュリティに関する関心の高まりを受け、診断サービス、セキュリティコンサルタントサービスを提供。現在は、他の事業者と差別化が難しい一律的な脆弱性診断サービスから、より付加価値の高い診断、コンサルティングサービスへの転換を進めている。

直近の売上高は、3億7493万円(2017年度)から3億9000万円(2018年度見込み)と堅調。営業スタイルは、SES事業、プロジェクト支援サービス分野については、大手SIerと取り組んできた案件での実績がベースとなっている。セキュリティ診断サービス分野では、セキュリティ関連製品ベンダやクラウド事業者、SIerなどとのコネクションをベースとした営業活動をおこなっている。

287439同社は、総合的な企業活動の継続性 "Business Continuity" を基本に、クライアントのITシステムに係わる運用・設計・開発を支援し、常に高いレベルの顧客満足度の実現を目指す。
287437代表取締役を務める岡﨑正俊氏は、日本アイ・ビー・エム株式会社に16年在籍後、外資系IT企業、IT系ベンチャーを経由してビーシーエスを設立した。

ITシステムのライフサイクル全般に、高付加価値のサービスを提供

ビーシーエスでは現在、(1)総合運用管理ソリューション向け支援サービスと、(2)セキュリティ診断サービスを柱とする事業をおこなっている。(1)総合運用管理ソリューション向け支援サービスでは、エンタープライズ分野での導入・運用事例の多いTivoli、JP1などの製品知識を持ったエンジニアによる、統合運用管理、バックアップ、JOB管理などのシステムに向けた設計、構築を展開している。(2)セキュリティ診断サービスでは、サイバーセキュリティの専門知識を持つエンジニアによる、ネットワークおよびWebアプリケーションの診断サービスがベース。ソースコード診断やセキュリティに関するコンサルティングサービスを提供している。

ダウンサイジングやオープン化、WindowsServerへの移行、クラウドサービス化への流れは、エンタープライズ分野の顧客でも進んでいる。ビーシーエスは、旧来のエンタープライズ分野向けのミドルウェアに、OSS由来のソフトウェアやPaaS、SaaSなどのサービスを組み合わせる流れに対応。また、生産性向上に対する要請もあり、的確な要件分析、製品、サービスを選定した上で、既存システムとパッケージシステムやクラウドサービスを組み合わせる案件にも対応している。

セキュリティ分野では、従来から行われている各種ITシステムへの情報セキュリティ対応に加え、守るべき顧客側の情報システムのサイバーセキュリティ対策が追いつかないことから、セキュリティリスクが残ったままのシステムが増加することも懸念されている。そのためビーシーエスは、従来の画一的なサイバーセキュリティ対策ではなく、個々のシステムに適した、多層的なセキュリティサービスを提供している。

今後はITシステムを取り巻く業界トレンドの変化に合わせ、従来からのエンタープライズ分野案件に携わってきた知見をもとに、XaaS(IaaS、PaaS、SaaS)の利用を前提とする情報システムの構築に対する支援体制を拡充していく。構築、運用、セキュリティを通した観点で、開発提案能力を提供できる体制への転換を図っていく。

287442

手に職(=技術)を身につけ、付加価値の高い技術者として成長できる

2019年4月時点の従業員数は31名で、平均年齢は39歳。男女比は男性:女性=11:3の比率だ。新卒・中途の割合は、新卒:中途=1:2。勤務時間は完全フレックス制を採用しているため、裁量大きく働くことができる。主な福利厚生は、各種社会保険完備はもちろん、確定拠出年金制度、産休・育児介護休業規程などを整備している。社内行事は年に1回、忘年会が開催され、80%のメンバーが参加。そのほか、全社ミーティング(年1回)などが開かれる。教育制度としては、入社時教育、外部教育機関での外部研修、社内OJT、社内セキュリティ教育などがある。

ビーシーエスは、顧客のビジネス継続性をサポートすることを念頭に、日本発のソリューションをつくり上げることをモットーとしている。設立当初から中途入社の経験者を主戦力としてきたため、年功ではなく、各社員が持つ技術や自主性を尊重する風土がある。仕事とオフのメリハリをつけながら、固定概念にとらわれることなく、柔軟な発想で新しいサービスの提供に取り組める環境だ。

今回の採用では、性別や学歴は問わず、技術や業務知識の習得意欲が旺盛な人材を求めている。中途採用では案件従事者として入社し、プロジェクトリーダ、担当部長へ抜擢された例もある。求める人物像は、オンとオフの切り替えをコントロールでき、多面的思考と論理的思考を備えた人物だ。また、常に最先端を追い求める姿勢を持ち、顧客のビジネス発展に貢献する姿勢も求められる。

ビーシーエスは、インフラ構築・監視システム構築・セキュリティ診断の専門技術者集団として、いつの時代にも必要な、差別化要素の高いスキルの習得・強化を目指している。顧客に対して常に安定したサービスを提供し続けることで、ビジネスの機会を失うことなく、さらなる成長の歩みを進めていくことができる。入社後に経験するであろう、さまざまな業務の中から知識と技術を高め、優れた技術力を持つエンジニアを目指せる会社だといえる。

287440

企業情報

会社名 株式会社 ビーシーエス
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  システムインテグレータ・ソフトハウス
資本金 1000万円
売上(3年分)
2018年 4月 期 2017年 4月 期 2016年 4月 期
¥377,447,026 ¥374,938,331 ¥454,001,037
設立年月 2003年05月
代表者氏名 岡崎 正俊
事業内容 ■ 総合運用管理システム(Tivol,JP1など)の設計・導入・テスト・運用の支援
■ オープンシステム環境(UNIX, LINUX, LAN/WAN)基盤の設計/構築
■ WebアプリケーションとIPネットワーク環境に関する脆弱性診断(ブラックボックステスト)
■ ソースコード診断による脆弱性診断 (ホワイトボックステスト)
■ ITIL環境に係るコンサルティング/構築
■ 脆弱性検査製品の販売
■ 不正侵入防止製品の販売
株式公開(証券取引所) 非上場
主要取引先 株式会社アイネット
株式会社アイ・ティー・ワン
株式会社オージス総研
コムチェアネットワーク株式会社
株式会社シイエヌエス
日鉄ソリューションズ株式会社
日通情報システム株式会社
従業員数 27人
平均年齢 39.0歳
本社所在地 東京都千代田区一番町7番地1 一番町ビルヂング3階
287443

株式会社 ビーシーエス資本金1000万円設立年月日2003年05月従業員数27人

Tivoliなどのシステム導入経験を持つエンジニアが、常に高い顧客満足度を実現している企業

この企業が募集している求人

Bnr sp354 12
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×