お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

有限会社 アーキテクトタイタンの企業情報

263511

有限会社 アーキテクトタイタン

建築的な考え方を柱に、本来の意味の「デザイン」により世の中をより良い方向に変えていく企業

“建築的な考え方”により、デザインで世界をより良い方向に導いていく

有限会社アーキテクトタイタン(ARCHITECT TAITAN)は、基礎となる“建築的思考”をさまざまなデザイン分野に応用し、“本来の意味のデザイン”を行うことによって世の中を良い方向に変えていくことを目指している会社だ。“本来の意味のデザイン”の意味は次章に譲り、ここでは会社の概要や経営者について見ていこう。

会社設立は2005年1月で、本社オフィスを京都市中京区に置く。
同社の事業内容は、簡単にいうと「企画・デザイン会社」だ。アーキテクトタイタンでいう企画・デザインの領域は、ウェブサイト(PC/モバイル)、建築デザイン、印刷物のデザイン、動画制作、写真撮影(スタジオでの商品撮影、ロケでの人物撮影等)、ブランド構築、販売戦略の立案と幅広い。またその他にも、オンラインショップの商品データベース管理、画像データベース管理、SEO施策立案など、一般的には「デザインでは無い」運用・作業にまつわる部分も積極的に引き受け、それぞれの分野における「専門家」を目指す。

社名の「アーキテクト」は「建築家」に加えて、「ものごとを構築、設計する者」という意味だ。また「タイタン」は京都弁で「炊きもの」のことを指す。アーキテクトタイタンは上記のような多様なメディアを横断するクリエイティブを手がけるが、いろいろな分野のプロ集団がまるで化学反応のように作用しあう、「鍋」のようなチームとなっている。アーキテクトタイタンらしい本来の意味での「デザイン(設計)」を追求することを通じて、顧客の課題を整理し、新しい価値を提供し、解決へ導いていく。

共同主宰者の河原司氏と中川晴夫氏は、同じ大学で建築デザインを専攻したゼミの同級生だ。座学や実践を通して、アーキテクトタイタンの礎となる「建築的思想」を体得した。「建築的思想」は世の中に幅広く応用できる思考プロセスで、「俯瞰」と「細部」への往復、過去・現在・未来を行き来することによる将来予測など、環境や時流の変化を長期間にわたり適切に把握できる。アーキテクトタイタンはチームで「建築的思想」を共有・活用し、よりよい社会を実現するため、世の中を動かす「モノ・ゴト」を生み出していく。

263519有限会社アーキテクトタイタン(ARCHITECT TAITAN)は、2005年1月設立で、本社オフィスを京都市中京区に置く。
263521本来の意味の「デザイン(設計)」を追求することを通じて顧客の課題を整理し、新しい価値を提供し、解決へ導いていく。
263515

狭義の企画・デザインに加え、すべての業務が「デザイン」になる

アーキテクトタイタンが手がける企画・デザインの領域は、Webサイト(PC/モバイル)、建築デザイン、印刷物のデザイン、動画制作、写真撮影(スタジオでの商品撮影、ロケでの人物撮影ほか)、ブランド構築、販売戦略の立案など多岐にわたる。とはいえ決して「何でも屋」ではなく、それぞれの分野における「専門家」の集団としてこだわりを持つ。

冒頭で述べた、“本来の意味のデザイン”とは何か?そのことについて少し触れてみたい。
アーキテクトタイタンは「本物のデザイン」が「世界をいい方向に変えていける」そう信じている。デザインの本来の意味とは、「ある問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現すること」だ。

・お客様の悩みや目の前にある課題を見出し、どのような解決策があるのか。
・新しい価値を生み出すためにはどんな「かたち」や「表現」「方法」があり得るのか。
・それらをどのようにして維持・継続・展開するのか。

これらのプロセスを、アーキテクトタイタンは「デザイン」だと捉えている。だからこそ、この「デザイン」におけるすべての業務の9割以上が直請けだ。クライアントと一緒に結果にコミットしてくことができ、すべてにおいて“本来のデザイン”に根ざした考え方を貫きながら、ブランディングから運用まで、本来の目的を見失うことなく成果物をアウトプットできる。経営者(主宰者)自身がデザイナーということもあり、クリエイティブ全般に理解があるのも同社の強みだ。

アーキテクトタイタンにしかできない、そんなクリエイティブをこれからも突き詰めていく。

263529アーキテクトタイタンが手がける企画・デザインの領域は、多岐にわたる。それぞれの分野における「専門家」の集団だ。
263527業務は、9割以上を直請が占める。そのため、クライアントと一緒に結果にコミットしてくことができる。
263514

お互いの力を結集し、“良いデザイン”をつくり上げていく楽しさ

2018年8月時点で、29名の社員が在籍。実際に建築設計を学び、設計に携わっている者が数名在籍しているが、建築設計の経験や知識は必須ではない。また産休・育休の取得実績が複数あり、100%が職場復帰している。フルタイム→週4日勤務/扶養範囲内勤務、パートタイム→フルタイムなど、事情により柔軟な対応も可能だ。社内規定に基づき副業が公式に認められており、アーキテクトタイタンで、"自分らしく"クリエイティブにこだわることができる。

福祉厚生としては、書籍購入費や外部研修費の補助(全部/一部)などの制度がある。規定により業務時間内の研修参加もOKだ。また、社内勉強会や京都市内の制作会社3社による合同勉強会など、定期的に学びの場を提供している。そのほか、プロジェクト終了後の打ち上げ費用の支援(社内規定あり)や、自転車通勤者への任意保険加入、商談や営業の際も服装が自由なこと、社内フリードリンクなどの制度もある。社内にはキッチンもあり、簡単な料理をすることもできる。

2016年12月、アーキテクトタイタンは京都府からの認証を受け、「京都モデル」ワーク・ライフ・バランス認証企業となった。評価されたポイントは、
・安心して仕事とプライベート(出産、子育て、介護)を両立できる
・ゆとりのある勤務ができるよう、時間単位の有給休暇制度を導入
・自己啓発のための研修費援助
・年2回、家族ぐるみのイベントへの参加費負担
などだ。これからも、社員がいきいきと活動できるよう、会社としてできることを引き続き行っていく。

アーキテクトタイタンにフィットする人物像は、
「部分だけではなく、もっと全体を見て働きたい」
「いろいろな特技を持つ人たちと、一緒に結果を出したい」
「働く時間とプライベートのメリハリをつけ、パフォーマンスを発揮したい」
「つくるだけでなく、見守り、育てていきたい」
などの想いを持つ人材だ。互いの力を集め、良いデザイン(本来のデザイン)を目指していける、そんな魅力のある職場だ。

アーキテクトタイタンらしい考え方に興味を抱いた方、一緒に「本物のデザイン」を目指してみたい、そう思った方は一度会社に遊びにいってほしい。

2635232016年12月、アーキテクトタイタンは京都府からの認証を受け、「京都モデル」ワーク・ライフ・バランス認証企業となった。
263520社内規定に基づき副業が公式に認められており、副業で得た経験を活かした働き方も可能だ。
263516

有限会社 アーキテクトタイタンに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、有限会社 アーキテクトタイタンに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 有限会社 アーキテクトタイタン
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  Webマーケティング・ネット広告
企業の特徴
  • 残業少なめ
資本金 1000万円
設立年月 2005年01月
代表者氏名 共同主宰・取締役 河原 司、共同主宰・取締役 中川 晴夫
事業内容 ・ブランド戦略・販売戦略の企画立案
・ウェブサイト・スマートフォンサイト・ECサイトの企画/設計/デザイン/構築/運用
・各種印刷物の企画/編集/デザイン
・映像撮影/写真撮影
・イベント・展覧会の企画/制作
・建築デザイン(住宅、商業ビル、店舗、オフィス、町家再生等)・家具・什器の企画/デザイン
従業員数 29人
本社所在地 京都府京都市中京区烏丸通蛸薬師南入ル手洗水町647番地 トキワビルディング3-A号室
263511

有限会社 アーキテクトタイタン資本金1000万円設立年月日2005年01月従業員数29人

建築的な考え方を柱に、本来の意味の「デザイン」により世の中をより良い方向に変えていく企業

Bnr sp354 5
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×