お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 DZHフィナンシャルリサーチの企業情報

247454

株式会社 DZHフィナンシャルリサーチ

創業20周年を迎える投資情報サービス会社。高度な専門性を備えるプロ集団!

インターネットの進展とともに成長を続けてきたパイオニア的存在

投資情報サービスを手がけている株式会社DZHフィナンシャルリサーチ。2019年で創業20周年を迎え、インターネットの進展とともに成長を続けてきたパイオニア的存在である。同社では、ユーザーに提供するコンテンツ情報のUI/UXを担うデザイナー職を求めている。

同社の提供するサービス領域は、日本株情報、中国株情報、国際金融・為替情報の3つ。国内外の証券会社や銀行などの金融機関、メディア、翻訳・通訳会社などで活躍したプロフェッショナルが集い、ネット証券などの法人から個人投資家まで、専用情報端末「TRADER’S DIRECT」や自社サイト「TRADER’S WEB」などの様々なメディアを通じて、幅広くサービスを提供している。マーケットのニュース配信本数は、1日あたり約700本にも及ぶ。
「設立当時は証券会社のトレーディング部門などのプロフェッショナル向けに発足したこともあり、当初から高度な専門性を備えているところが大きな特長といえます」(代表取締役社長・野田和宏氏)

その専門性により、経済紙や通信社の情報よりもマーケットに近く、投資に向けての踏み込んだ情報を提供できる強みがある。かつ、特定の金融機関系列ではないので、公正中立な観点からの情報が提供できる。「個人投資家に対しては、投資の背中を押すぐらいの積極的なアドバイスを発信している点が好評を集めている」と野田氏。

また、中国の投資情報サービス企業であるShanghai DZH Limitedグループに属していることで、中国株に関わる豊富な情報にアクセスできる点も大きなアドバンテージといえる。こうした強みを武器に、売り上げの80~90%を占める法人顧客には、大手証券会社やネット証券会社、主要マスメディア、投資情報ベンダーが軒並み顔を揃えている。

247475投資情報サービスを発信するサービスを手がけている同社。投資関連のインターネット情報サイトとしてはパイオニア的な存在だ。
247462代表取締役社長 野田 和宏氏
日本株の調査・分析に従事する一方、情報部門のマネジメントを兼務。2012年より同社の代表として成長を牽引してきた。
247485

初心者から金融機関のプロまで、あらゆる投資関係者に真に役立つ情報を提供

同社は、1999年12月、証券会社でディーリング業務などに従事していたメンバーたち数名で設立された(当時の社名は(株)トレーダーズ・アンド・カンパニー)。

「当時、インターネットが発展を始め、そして“金融ビッグバン”と呼ばれる金融サービスの自由化が行われたのです。ネット証券も解禁となり、これから一気にブームが始まるだろうと読んで、そこに対する情報提供サービスを始めようとスタートさせました。私はそんな当社に2001年に合流しました」と野田氏。02年には、中国経済・株式情報の専門集団であった(株)トランスリンクをグループとして迎える。当時の、中国が爆発的な経済発展を始めたタイミングからの合流は、今日の当該領域の基盤の厚さをもたらしている。

さらに、04年には為替・国際金融情報サービスの専門集団であった(株)マネーアンドマネーがグループ入り。17年には、為替・国際金融情報サービス領域で競い合っていたグローバルインフォ(株)の情報提供サービスなどの譲渡を受け、マンパワーと顧客を増やすとともに顧客に対する価格交渉力も高めている。また、2012年にDZHグループ入りを果たし、財務および情報基盤を強化。
「国内は人口が減少し、地方銀行を中心に再編が進んでいます。我々情報提供サービス業界も無関係ではいられません。今後もM&Aにはポジティブな方針で臨んでいきます」と野田氏は意気込む。

そうした体質強化により、これからも初心者から金融機関のプロフェッショナルまで、あらゆる投資関係者に真に役立つ情報提供を行い、そのことを通じて健全な資産形成に貢献したいとの思いがある。

275575個人投資家に対しても、証券会社や投資銀行などに対しても関わることができるのが魅力。BtoB、BtoCのどちらも経験できるのが特長。
247486投資家向け情報サイト「TRADER'S WEB」
インターネットを利用する全ての人向けに、役立つ投資情報を提供することで資産形成のサポートをしているのだ。

ときには豪華商品が当る“くじ引き大会”も!

2018年7月現在、同社の社員数は39名(男性33、女性6)。うち30名弱を情報収集・加工を手がけるアナリストが占める。残りは営業やシステム、バックオフィスのメンバーだ。
「アナリストはマーケットの動きを追いかけ、各自でレポートを作成するので、比較的属人性が強い業務です。それに対して、システム系のメンバーはあらゆる部門と関わりがあり、常に誰かと協働して業務を進めるという特徴があります」(野田氏)

現在、システム要員は4名で、全員がエンジニア系。UI・デザインは、そのうちのメンバーが手がけている。
「どれだけユーザーが見やすく使いやすいUI/UXにするかは、当社の商品力に直結する問題です。ここをさらに強化したいと、この『Green』でデザイナーを募集することにしました」と野田氏。求められる職能は、堅めの情報が多い金融領域において、中味を噛み砕いてバランスのよい構成や表現ができること。さらに、インハウスのミッションとして、スピーディーな対応ができることだ。
「自社メディアですから、自由にやっていただけると思いますよ」(野田氏)

社内の懇親を深める機会としては、忘年会など年2回の全社飲み会のほか、部署ごとの懇親会が適宜行われ、会社が補助を出している。さらに、親会社のDZHグループが“くじ引き大会”を行い、賞品としてヨーロッパ一周旅行をプレゼントすることも。

業務面では、月次表彰のほか、半期ごとに「社長賞」で表彰。「通常業務以外で特別に頑張ってくれた人を取り上げる場合が多い」と野田氏は言う。通常業務における評価のポイントは、「成果を出そうと努力し、責任を取る人を評価している」と続ける。

そんな同社が求める人材について、野田氏は次のように話す。
「能力や経験は人それぞれ。ですので、基本的には人間性や人柄を重視して採用しています」
特定の領域で提供している高度なサービスづくりに関わる仕事。大きな手応えが得られるに違いないだろう。

275577スキルや経験よりも、人間性や人柄を重視しているという同社。意思や思いがあれば、誰にでもチャンスがある。
247474エンドユーザーにとって大きな影響を与えるサービスづくりに関われる、エキサイティングな職場だろう。

株式会社 DZHフィナンシャルリサーチに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 DZHフィナンシャルリサーチに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 DZHフィナンシャルリサーチ
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
金融・保険系 >  その他金融・保険系
企業の特徴
  • 外資系
  • グローバルに活動
資本金 8,000万円
設立年月 1999年12月
代表者氏名 代表取締役社長 野田 和宏
事業内容 1. 投資情報(日本株情報、中国株情報、為替・国際金融情報)の制作・配信・販売
2. 個人向け投資サイトの運営
3. 個人向け投資情報誌の発行
主要株主 Shanghai DZH Limited (上海) 
AASTOCKS.COM Ltd(香港) 
従業員数 39人
本社所在地 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー32階
247454

株式会社 DZHフィナンシャルリサーチ資本金8,000万円設立年月日1999年12月従業員数39人

創業20周年を迎える投資情報サービス会社。高度な専門性を備えるプロ集団!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×