お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

<自社のデザイン力強化のため、デザイナー2名募集>自社Webサイトの制作を中心に、あなたのクリエイティブスキルが活かせる環境です。

応募フォームへ

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる
197768

株式会社 TKC

会計事務所、地方公共団体向けに情報サービスを開発・提供する、国内随一の企業

Webデザイナー

<自社のデザイン力強化のため、デザイナー2名募集>自社Webサイトの制作を中心に、あなたのクリエイティブスキルが活かせる環境です。

全国会計事務所の3分の1、地方公共団体の2分の1で利用されているシステムを開発

株式会社TKCは、日本全国の「会計事務所」と「市区町村」に、最新のICTを活用した業務支援システムを提供する会社です。
全国の会計事務所およそ2万8,000のうち9,400事務所(3分の1)、全国の市町村数1,741団体のうち約1000団体(2分の1)に当社システムをご利用いただいています。

TKCの会計事務所向けシステムの特長は、会計・税務の専門家である会計事務所の先生方の意見を取り入れた法と実業務に即したシステムを設計し、会計事務所を通じてシステム提供を行っていることです。
会計事務所の企業へのサポートもあり、TKCシステムを導入した企業が黒字である割合は5割を超えています。これは、本全国の企業の黒字割合(3割)と比べても抜群に高い割合です。

市区町村向けシステムでは、「住民情報」「税務」「福祉」「公会計」などの様々な分野のIT化を担っており、事業が始まってから今年で40周年となります。
TKCは「TISC」という自社のデータセンターを運営しており、お客さまのデータをTICSで一元管理しています。TICSを運用拠点とし、全国の市区町村が共同で利用するサービスを提供しています。
それまでの手続きを「オンライン化」や「標準化」することにより、職員にとっても、そこに暮らす住民にとっても安全・安心・便利なデジタル社会の形成を目指しています。

TKCのお客さまは会計事務所や市区町村であり、その先にいるのは日本全国の企業や住民です。制度改正や、最近では新型コロナなどの情勢の変化などでも安心して利用いただけるよう、常に最新の法制度に準拠し、お客様にとって必要な情報発信を迅速に行っています。

355665株式会社TKCは、会計事務所と地方公共団体の2分野に特化したサービスを提供。会計事務所の3分の1、地方公共団体の2分の1にご利用いただいています。
197786株式会社TKC栃木本社

当社の取り組みを、Webマーケティングを通して世の中に発信していきたい

今回募集しているWebデザイナー職は、Webを通じてTKCおよびTKCのサービスを外部に周知していく役割です。

具体的には、各事業の営業・開発の担当部門と対話を重ねながら、製品プロモーションや各事業の最新情報をホームページの形に落とし込んでいく仕事となります。多岐にわたる事業のウェブにおける情報発信を担っているため、システム開発部門や営業部・広報部など様々な部門とコミュニケーションを図り、必要な情報を集め調整を行っていく必要があります。

また、各事業の規模の大きさから、想定する閲覧ユーザーはITに精通した方からそうでない方まで多種多様です。
そのため、デザインにおいては「使いやすさ」「わかりやすさ」が重要視されます。時には「かっこよさ」よりも「わかりやすさ」を優先することもあり、「求められること」へのバランス感覚が必要となります。
会計事務所との距離が近いため、手掛けたものに対してユーザーから直接評価や要望をいただけることもあるのはやりがいの一つです。

今年度中の大きな動きとして、ホームページ全体のCMS移行があります。
令和2年12月には1年以上の移行期間をかけたCMSの刷新があり、これまで限定的に実施していたスマートフォン対応を全面的に取り入れていきます。

197794システム開発部門や営業部・広報部など様々な部門とコミュニケーションを図り、必要な情報を集め調整を行っていく必要があります。
197795手掛けたものに対してユーザーから直接評価や追加要望をいただけることもあるのはやりがいの一つです。
197772

情報発信が重要な役割を担う今、即戦力のデザイナーの必要性が高まっている

TKCは今後、よりWebプロモーションに注力していきます。社内でWebマーケティングの必要性は高まっており、Web制作業務は重要な位置づけを占めるようになっています。
もともとインハウスで立ち上がったWebマーケティングの部門のため、今回、中途採用で社内に新しい風を吹き込むことになりました。

インハウスでの制作業務は、納期が調整しやすく働きやすい一方、制作会社と比べると社内に制作担当が多くないため、自発的にデザインやコーディングスキルを高めていく必要があります。
加えて、TKCの多様な事業への理解、会計・税務の知識など、入社後学んでいくべきことは尽きません。

もちろん、それらを支援する制度もあります。
自己啓発のための書籍の購入費用を会社が負担する『個人図書購入支援制度』や、会社が定めた資格を取得した場合に表彰金を支給する『資格取得時表彰金制度』、TKCの主要なシステムを学ぶ社内研修などもあります。
福利厚生面では、朝昼夜リーズナブルに利用できる食堂や、本人と扶養親族の医療費(保険適用分にかかる自己負担額)が全額補助される制度など、社員が健康で業務に専念できるよう環境づくりを行っています。

また、育児などの家庭の事情に理解があり、有休休暇が取得しやすい雰囲気があります。働きやすさにおける社員からの評判は高く、理想的な環境が整っている環境だと自負しています。

「顧客に寄り添うシステムの提供」と「社員の働きやすさの向上」により、TKCは創業から50年を過ぎ右肩上がりの成長を続けています。
今まで培ったWeb制作やWebマーケティングスキルを存分に発揮し、当社でぜひご活躍ください。

197771相談しやすい雰囲気。お子さんがいる社員も多く、育児にも理解があるため、男女問わずご活躍いただけます。
3556692017年に大規模な社員食堂をオープン。朝昼晩利用できます。他にも、本人と扶養親族の医療費(保険適用分にかかる自己負担額)が全額補助される制度も用意しています。
197797

株式会社 TKCに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 TKCに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 TKC
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
資本金 57億円
売上(3年分)
2019年 9月 期 2018年 9月 期 2017年 9月 期
608億円 567億円 551億円
設立年月 1966年10月
代表者氏名 代表取締役社長 飯塚 真規
事業内容 株式会社TKCは、日本全国の会計事務所・地方公共団体(市町村)に各種ソフトウェアサービスを提供しています。
創業地である栃木県に根ざしたIT企業で、特にクラウド型のシステムが顕著に成長しています。

【会計事務所事業】
わが国の企業の99.7%を占める中小企業。日本の未来にとって、その健全な成長と発展が欠かせません。
そんな中小企業を、最も身近な相談相手として支えているのが会計事務所です。

TKCは、こうした会計事務所の活動を最新のICTで支援しています。
現在、TKCのシステムは9,700の会計事務所と全国56万社を超える企業で利用されています。
特に中小企業の約7割が赤字といわれる中、TKCシステムを利用する企業の約6割が黒字経営を実現。
TKCは中小企業の健全な発展に貢献しています。

【地方公共団体事業】
全国の地方公共団体(市町村)は、住民福祉の増進と地域の発展を支えています。

少子高齢化、人口減少、法律や社会制度の変化を背景に地方公共団体の行政経営や住民サービスは大きな転換点を迎えています。
TKCは、こうした地方公共団体を最新のICTで支援しています。
現在、TKCのお客さまは政令指定都市をはじめ全国1,000の地方公共団体。
地方公共団体における「最適なコストで、最適な業務プロセスの実現」に貢献しています。
株式公開(証券取引所) 東証一部
従業員数 2288人
平均年齢 39.5歳
本社所在地 栃木県宇都宮市鶴田町1758番地
応募フォームへ
197768

株式会社 TKC資本金57億円設立年月日1966年10月従業員数2288人

会計事務所、地方公共団体向けに情報サービスを開発・提供する、国内随一の企業

この企業が募集している求人

After covid19 bottom
×
×