転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)

勤務地

年収
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業メインロゴ

株式会社RECEPTIONIST

  • IT/Web・通信・インターネット系

ビジネスの出会いの場を円滑にするクラウド受付システム「RECEPTIONIST」・日程調整ツール「調整アポ」・会議室予約システム「予約ルームズ」を提供する企業

上場を目指す
自社サービス製品あり
シェアトップクラス
残業少なめ
カジュアル面談歓迎

企業について

株式会社RECEPTIONSTは、オフィス向け受付システムの開発・提供をする会社だ。
設立は2016年1月で、iPadを使用した無人受付システム「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」を2017年1月にリリース。2024年2月時点で年間利用者数が約300万人を超えた。
利用企業・利用者数の増加に合わせて累計受付回数も順調に増加しており、幅広い業界・企業で利用が拡大し続けている。

代表取締役CEOを務める橋本真里子氏は、企業の受付業務を10年以上経験した"受付のプロフェッショナル"だ。
大学卒業後、トランスコスモス株式会社の受付としてキャリアをスタート。
その後は株式会社USEN、株式会社ミクシィ、GMOインターネット株式会社など大手企業で、受付リーダーとして組織運営や人材育成などを担当した。
IT系企業での勤務経験と、受付の経験を活かした新しいサービスを創造するべく、前身となるディライテッド株式会社を立ち上げた。

受付嬢時代は、1日平均500名、月間で1万人の来客を10年間継続して担当し、延べ120万人を接客した橋本氏。
現場経験を通じて感じた「受付業務はもっと効率化・自動化できる部分があるのではないか」という疑問と、「座席のフリーアドレス化や社内コミュニケーションのチャットツール化などオフィス環境が進化する中で、それに見合った効率的な受付サービスをつくりたい」という想いが、会社設立の原動力となった。
現在は有人受付を設置しない企業も多いが、無人であっても「RECEPTIONIST(=受付係)」がいるようなエントランスにしたいという願いが、このサービスには込められている。

また、取締役COOでプロダクトマネージャーを務める真弓貴博氏は、アイデアをサービス化するエキスパートだ。
2003年に北海道大学理学部卒業後、SEやWEBプログラマーを経て企画職としてミクシィへ転職。
開発の知見を持つプロダクトマネージャーとしてサービス開発を10年にわたり経験し、『ミクシィ年賀状』や『mixiアプリ』を始め、数々のプロジェクトを成功に導いてきた人物だ。

クラウド型受付システム『RECEPTIONIST』は、「受付から内線を無くすと、来客応対はもっと快適に」がコンセプトのサービス。電話係を介さず、チャットツールで担当者全員のスマホに直接通知するため、呼び出したい相手がどこにいても、すぐに気付くことができる。
ChatWorkやSlackなどに対応し、社内コミュニケーションで日常的にこれらのチャットツールを利用している企業にとっては、導入しやすいサービスだ。
事業所やフロアが分散し、受付機能が一本化しにくい大手企業にも使いやすいような設計もされている。

よくある内線電話の受付では、下記のような問題がある。
・内線電話の横に部署ごとの番号が記載されていても、担当者の部署がわからない。
・来客のたびに電話が鳴り、誰かが仕事の手を止めて対応しなければならない。
・電話だとログが残らないため、Pマーク対応企業では来客票に記入してもらわなければならない。
・移転の際に内線電話を受付に設置しようとすると、工事費だけで数十万かかってしまう。
・外国人のお客様が来客された際に、対応できる人が限定されてしまう。

『RECEPTIONIST』では、来訪者が訪問したい担当者の名前や受付コードを入力することで、チャットツールやスマホアプリに直接通知されるので取次は一切不要。英語での受付にももちろん対応し、来客ログが記録されるため入館記録の管理もできる。
導入時に初期工事は不要で、導入コストはゼロ。いくつかの設定をWEBから行うだけで、すぐに使い始めることができる。

代表の橋本氏によると、受付業務において取次業務は全体の2割程度でしかなく、残り8割は、例えば急な来客対応のための会議室の調整やVIPのアテンド、トイレなどの案内、会議室の清掃・お茶出し、社内からの問い合わせ対応など、「人にしかできない」仕事ばかりだという。
『RECEPTIONIST』は取次業務から受付スタッフを開放することで、「おもてなし」や「臨機応変な対応」など、受付本来の業務に集中することができる、現場目線で生まれたサービスなのだ。

募集している求人

営業職の求人(4件)


エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(2件)

インタビュー

株式会社RECEPTIONISTのインタビュー写真
代表取締役CEO 橋本真里子氏 2005年にトランスコスモスにて受付嬢のキャリアをスタートし、USEN、ミクシィやGMOインターネットなど上場企業5社の受付に従事。11年間で120万人以上の接客を担当した経験から、受付の効率化を目指し、2016年に株式会社RECEPTIONIST(旧・ディライテッド株式会社)を設立。

── いままでの経歴と、RECEPTIONIST設立の経緯をお聞かせください。

私が就職活動をしていた時はまさに就職氷河期。1年間のフリーターを経て、今後どんな職業に就いたとしても通用するビジネススキルを手に入れるため派遣社員としてトランスコスモスという会社で受付嬢としてキャリアをスタートしました。
受付の仕事に誇りとやりがいを感じ、その後も数社受付を経験し感じたことは、「世の中はデジタルの力でどんどん便利になっているのに、受付はアナログなままの文化が残り続けている」ということ。顔見知りでも名刺を頂戴しなくてはならないし、来客情報は紙で管理をする。さらに、来客を伝えるために内線電話をかけてもなかなか社内担当者は捕まらない…。せっか... 続きを読む

企業情報

会社名

株式会社RECEPTIONIST

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > インターネット/Webサービス・ASP

IT/Web・通信・インターネット系 > ITコンサルティング

IT/Web・通信・インターネット系 > ソフトウェア/パッケージベンダ

企業の特徴
カジュアル面談歓迎、上場を目指す、自社サービス製品あり、シェアトップクラス、残業少なめ
資本金

1憶円

設立年月

2016年01月

代表者氏名

代表取締役CEO 橋本 真里子

事業内容

受付システムの開発、受付業務のコンサルティング

◆『RECEPTIONIST(レセプショニスト)』
RECEPTIONISTは、内線電話を使わないクラウド受付システムです。
受付のiPadを通じて連携しているツールに直接担当者を呼び出すことで、無駄のない効率的な来客対応を実現。
来客履歴は自動で保存され、QRコードを用いた非接触の受付も可能。オフィスセキュリティや感染症対策に貢献します。

◆『調整アポ』
「調整アポ」は、日程調整と当日までのフォローアップを効率化するクラウドサービスです。
ホストの空いている日時だけが表示される予約ページURLをゲストに送り、好きな日時を選んでもらうと日程調整が完了します。同時に、RECEPTIONISTの受付QRコード発行・WEB会議用のURLの自動発行、Salesforceの更新、リマインドメールの自動送信など、オンライン・オフライン問わず、様々なシーンの手作業を自動化する日程調整ツールです。

◆『予約ルームズ』
「予約ルームズ」は会議室・集中ブース・WEB会議用スペースなど、オフィスのあらゆるスペースの効率的な予約管理を実現するクラウドシステムです。
アプリをインストールしたスマートフォンまたはタブレットを各スペースに設置し、入退室を把握し、実際に使われている会議室や、今すぐ利用可能な会議室をWEB上で可視化します。
また、クラウド受付システム「RECEPTIONIST」と連携し次の来客を知らせることで、時間通りに会議を終了し退室を促す効率的なスペース管理を可能にします。

株式公開(証券取引所)

従業員数

51人

平均年齢

32.9歳

本社住所

東京都目黒区青葉台3丁目6−28 住友不動産青葉台タワー8F

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 シスラボ
株式会社 シスラボ
株式会社 シスラボ
無料登録して話を聞いてみたい
👋
株式会社RECEPTIONISTに興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.
  • 転職サイトGreen
  •  
  • IT/Web・通信・インターネット系
  •  
  • インターネット/Webサービス・ASP
  •  
  • 株式会社RECEPTIONISTの中途採用/求人/転職情報
  •