お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

【開発エンジニア】飲食店テイクアウト&デリバリー”menu”のアプリ開発エンジニア大募集!

気になったらここをクリック!
企業からのオファーが来やすくなります。

閉じる
359522

株式会社 ルーデル

フードテック業界へ挑戦!フードデリバリー&テイクアウトアプリ『menu』立ち上げ&拡大中!

menu事業:開発エンジニア

【開発エンジニア】飲食店テイクアウト&デリバリー”menu”のアプリ開発エンジニア大募集!

導入店舗は4000店舗以上、日々数十~百店舗の問い合わせ。新しい”食文化”の創出へ!

『menu』はアプリを通じて飲食店の食事をデリバリーやテイクアウトにて受け取れるサービス。
昨今飲食店で食事をすることも出来ない状況の中、同サービスにて飲食店を支援し世界に誇れる”日本の食文化”を守ることを目指しております。

元々テイクアウトで2018年の秋にリリースをした『menu』、街の行列店などといった個店を中心に都内で2000店舗導入を1年で達成、2020年より東京の一部のエリアからデリバリーも開始、デリバリーエリアの週次で拡大を続けており、2020年度中には全国展開を視野にいれております。
個人店や待ちの行列店に加えて大手~中堅チェーン企業も続々導入を開始、また海外有名グルメガイド星付きの高級店や予約の取れない有名店なども”日本の食文化”を守ることに共感頂き参画頂くなど、他のフードデリバリーサービスにはないような事業展開を行っております。

現在お笑い芸人のオードリーさんがメインキャラクターを務めるTVCMも絶賛放映中で、日々数十~数百店舗様からの問い合わせが相次ぎ、外食産業からのニーズの高さを日々実感しております。
また飲食店支援を目的として、テイクアウト導入については各種費用(初期費用、利用手数料、カード決済手数料、タブレット端末レンタル費用)を2年間無料にすることで飲食店の支援を本気で取り組んでます。

かつで朝食や昼食を自宅で食べる・お弁当を持参して食べていた時代にコンビニエンスストアが生まれ、朝食や昼食をコンビニで買って食べるという食の習慣が生まれましたが、
当社の『menu』は、飲食店でご飯を食べる、からデリバリー/テイクアウトするという食の習慣を作り、
新しい日本の”食文化”の創出を目指していきます。

3595112018年10月リリースの『menu』
日本の食文化を守ることを目的に立ち上げております。
3595232020年2月よりデリバリーも開始。
日々デリバリーエリアを拡大し、多くのユーザーに飲食店のご飯を届けております。
359514

お笑い芸人オードリーがイメージキャラクターの『ドラゴンエッグ』を中心にソーシャルゲーム事業が好調!

2015年10月に『ドラゴンエッグ』というソーシャルゲームをリリースし、2017年4月には月間売上が1億円を上回りその後2020年1月に過去最高売上を更新。『ドラゴンエッグ』以外にも数々のタイトルをリリースをしており、2019年末から初のネイティブタイトルの『ドラゴンスマッシュ』をリリースしております。

『ドラゴンエッグ』は、仲間のモンスターを育ててバトルを繰り広げるコマンドバトルRPG。敵のモンスターを仲間にできるという特徴を持たせている。また、ユーザー同士がゲーム上で交流できるように「ギルドバトル」機能を盛り込んでいる。主要ターゲット層は30代後半で、その層に受けるレトロなテイスト感に仕立てている。

ゲームそのものの魅力のほかに、運営力やプロモーション力が大きい。リースにおいては初期にすべての機能を盛り込まず、アジャイル的に少しずつ機能を追加してユーザーの反応を確かめています。イベントも毎週更新してユーザーを飽きさせないように運用。プロモーションにおいては、インターネット広告代理業を手掛けるグループ会社のノウハウをフル活用、これらの施策により、既存ユーザーを維持しつつ新規ユーザーを獲得していく好循環が出来ている。

また企画・グラフィック・開発・運用などといった全工程を100%内製し、ユーザーの声に合わせたゲーム作り・ゲーム運用を目指しております。

235569『ドラゴンエッグ』のゲーム内画面。
あえて”懐かしさ”を喚起する表現を行い、30代以降のコアユーザーに支持を頂いております。
187891同社は2013年2月に設立。グループ会社には広告代理事業、メディア事業、海外事業など、グループで事業シナジーを生み出しております。
345851

エンジニアを中心とした『プロダクトファースト』の文化。世界一を目指すテクノロジー組織。

グループ従業員が約300名のベンチャー企業ではありますが、
「開発」「研究」「分析」
の目的が異なる3領域を明確に組織としても区分して、それぞれの組織が協力して世界一のサービス・プロダクト創出を目指しております。

・プロダクトファーストを考える開発部門
・ヒューマンインタラクションにフォーカスした研究部門
・データを武器にしサービスの成功へ導く分析部門


■プロダクトファーストの開発部門

ゲーム、フードテック、アドテク、メディアといった幅広い事業においてプロダクト開発をメインに事業の根幹となるモノづくりをするチームです。
単なる開発エンジニアではなく、エンジニアリングを手段として自分たちのプロダクトを成功させること。ときにはエンジニアの範疇を超えて市場優位性を設計、企画することもあります。
開発チームのエンジニアは多様性のあるキャリアを持っていますが、いずれもプロダクトファーストを強く意識したプロフェッショナル達です。
直にユーザーの声を聞いて即座にプロダクトに反映するなど、サービスをグロースさせるダイナミズムや、他社にはないスピード感を最大限感じていただける組織になります。

■研究(ヒューマンインタラクション分野)

ヒューマンインタラクション分野にフォーカスしたグループの3~5年後の技術的貢献を目的に組成されたチームです。

ベンチャー企業としては珍しく、開発、分析と完全に切り離されており研究職務に集中できるだけでなく、メンバーのスキルやキャリアが意図せず「ジェネラリスト」になることを防止する側面も持っています。
現在グループに存在する事業に関連するものはもちろん、自然言語処理、脳波計測、視線トラッキング、音声情報処理といった領域を軸に刻刻と変化するユーザーの内側にある興味とサービスを明確に結びつける役割を担っていくことを求められています。
サービス開発を目的とした研究開発ではなく、ピュアな研究開発業務を行う組織。


■データを武器にし成功へ導く分析部門

分析チームでは、データの側面から事業の課題を見つけたり、解決に向けた切り口を見つける役割を担っています。

扱うデータはゲームや広告のログや画像、記事のテキストまで様々で、プロジェクト形式でテーマとアプローチを設定していきます。
責任者はBCGの戦略コンサルタント出身で事業開発責任者を兼務しておりビジネス面にも明るく、
外部のアカデミックアドバイザーもいて、理論的な部分でのバックアップ体制があります。
事業の多角化と拡大に伴って、社内でもますます重要になってきている組織です。
様々な事業の生データに触れて分析を行い、分析の結果が事業の成功にダイレクトに影響する組織です。

345856エンジニアの作業効率向上のため、エンジニアには全員に高級チェアを支給。
345855毎月1回行っている懇親会風景。
職種問わず風通しが良く社員同士が仲が良いのも特徴です。
345853

株式会社 ルーデルに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 ルーデルに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 ルーデル
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  ゲーム・エンタメ
マスコミ・エンターテイメント・メディア系 >  広告・デザイン・イベント
企業の特徴
  • 平均年齢20代
  • 自社サービス製品あり
  • グローバルに活動
資本金 9000万円
設立年月 2013年02月
代表者氏名 代表取締役 渡邉 真
事業内容 ■デリバリー&テイクアウトアプリ『menu』事業
■『ドラゴンエッグ』を代表とするソーシャルゲーム事業
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 310人
平均年齢 28.0歳
本社所在地 東京都新宿区四谷 1-6-1 YOTSUYA TOWER 9F
東京都新宿区四谷1-22-5 WESTALL四谷ビル 1F
359522

株式会社 ルーデル資本金9000万円設立年月日2013年02月従業員数310人

フードテック業界へ挑戦!フードデリバリー&テイクアウトアプリ『menu』立ち上げ&拡大中!

After covid19 bottom
×
×