お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 リケンの企業情報

株式会社 リケン

知識の向上と技術の革新を心がけ、常に変革を遂げる

クルマを支えるキーパーツのサプライヤー

自動車、トラック、オートバイ、船、耕運機など、エンジンは動力源として様々な分野で使われている。このエンジンの性能を左右するキーパーツがピストンリングである。
リケンは、ピストンリングのマーケットで、国内 50%、世界 20%のシェアを誇る。普通車はもちろんトラックやバスを含めて日本国内を走るクルマの2台に1台、世界中のクルマの5台に1台にリケンのリングが使われている計算になる。驚異的な数字だ。歴史と信頼、リケンは最先端の技術で、現代社会に欠くことのできないクルマの心臓部を支えているのである。近年はハイブリッド車向けや低燃費の小型車向けのピストンリングも多く手がけ、環境にやさしいクルマの開発にも貢献している。

リケンの歴史は、日本の技術革新の歴史といっても過言ではない。1926年、理化学研究所の大河内研究室で「ピストンリング」の製造法が発明され、各国の特許を取得。この発明を事業化する目的で、翌1927年に設立された「理化学興業(株)」がリケンの前身である。現代でいえば、「研究所から生まれたベンチャー企業」である。

現在、リケンは、特定のカーメーカーの資本系列に属さない独立系のメーカーとして、ピストンリングのほかにカムシャフト、シールリングやエンジンの動弁部品など様々な自動車関連部品を、国内のカーメーカーのみならず広く海外のカーメーカーにも納入している。シールリングの国内シェアはピストンリングのそれをも上回り、何と80%を占める。
また、自動車関連部品以外でも、電波暗室を始めとするEMC関連製品などで市場から高い評価を得ている。

4816
67498国内50%、世界でも20%のシェアを誇る
「ピストリング」

ステージは世界中にある

リケンは、東京・九段にある本社のほか、全国主要都市に営業所を、新潟県柏崎市と埼玉県熊谷市に生産拠点をもっている。海外も、1968年に進出した台湾を皮切りに現在、欧州、米国、アジアなど10カ国以上で事業を展開している。今後さらに技術力強化とグローバル化に力を入れていくという。数年前には、中国に2つ目の工場をオープンさせた。中国という巨大な市場への基盤はすでに整備済みだ。

67501

高い技術力が地球環境を守る

地球環境問題や資源エネルギーなど、近い将来には人類が越えなければならない数多くのハードルが待ち構えている。これらを次々にクリアしていくためには、世界中の人々や企業が心をひとつにして、新たな方向性を持った産業の流れを作り出すことが必要である。

「ピストンリングはクルマを動かすために欠かせない部品ですが、より高機能なピストンリングを開発することは、エンジンの特性自体を上げることはもちろん、排気ガスをキレイにしたり、燃費をよくしたり、ひいては地球環境を守ることにも繋がるのです。」と、管理部人事室の主査は語る。

環境に配慮したハイブリッド車にもリケンのピストンリングが採用されている。常に、革新的な技術を提供し続けるメーカーとして、豊かなイマジネーションを働かせ、未来が求める価値を生み出し、産業の流れを大きく変える力強いうねりを作っていく・・・。それは、いわゆるベンチャー企業として立ち上がった創業時の想いとなんら変わることはない。
「F1用のピストンリングを作ってみたい。」という動機で入社した社員も少なくない。夢を携え、新たな挑戦を胸にしつつ、日々の技術革新に燃えている。リケンには、そこで働く皆が縦横無尽に活躍できるフィールドが用意されている。

67500

働きやすい環境作りに注力

キャリアアップの支援体制としては、社員の階層別研修や随時必要に応じた研修を実施するなど、人材の能力開発に力を入れて取り組んでいる。また、自己啓発の一環として生産・品質管理、技術・開発、営業などの業務関連分野やパソコン、語学、資格取得など多彩な分野の通信教育講座もラインナップし、修了時には受講料の半額を補助するなど様々なバックアップ体制を用意している。
特に注目されるのは、海外留学制度だ。公募制により選抜された社員が海外の大学院に2年間派遣され、専門分野の技術研究や経営学修士(MBA)の習得などに取り組んでいる。「もちろん留学に必要な一定の基準を満たした人を留学させるので派遣できない年もありますが、当社の社員数からいうと留学できる確率は相当に高いと思っています。」

人事や賃金制度については、「各人の発揮されている能力」と「仕事の質」により賃金が決定される制度を用いて、社員のモチベーションアップを図っている。社員ひとりひとりの能力を公正に評価し、処遇に反映させている。

「前向きな人、いろいろなものに興味のある人に入社してもらいたいですね。それから、様々なキャリアの人に、当社への興味をもっていただきたいと考えています。海外拠点も多いので語学力も必要となりますが、今は話せなくても、やる気を持っていれば大丈夫だと思います。」

国内の生産拠点である柏崎・熊谷の両事業所は、活発に展開している海外拠点の「マザー工場」として位置付けられていると同時に、地域に根ざして事業を行なっている。地元の小・中学校に本を寄贈して「リケン文庫」をつくるなど地域貢献にも積極的だ。文化・体育祭を開催(2年に1度)したり、社内におけるクラブ活動への支援など社内の活性化も盛んに行なっている。

「歴史があるので、古臭い慣習があるのでは?と心配されるかもしれませんが、ベンチャー精神が息づいているので、そういったことは全くないですね。」とは、管理部人事室の白鳥氏。

「女性にとっても働きやすい会社ですね。最近、海外留学制度を利用して米国に留学したのも、女性社員です。また、育児休業制度は一般の企業よりも長く(3年間)、復帰してからの時短制度等も充実していると思います。私も実際にその制度を利用して、職場に復帰しています。アットホームな雰囲気なので、中途で入社された人も違和感なく溶け込めています。やる気があればどんどん仕事を任せてもらえるので、自分から積極的にチャレンジしていくとよいのではないでしょうか。是非、思う存分、力を発揮してください!」

3379管理部 人事室
白鳥 愛子 氏
3378<エントランス>

株式会社 リケンに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 リケンに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 リケン
業界 製造・メーカー系 >  電気・電子・機械・半導体
企業の特徴
  • 上場
  • グローバルに活動
資本金 85億7300万円
売上(3年分)
2012年 3月 期 2011年 3月 期 2010年 3月 期
756億5000万円 782億2400万円 664億7600万円
設立年月 1949年12月
代表者氏名 取締役社長 岡野教忠
事業内容 ピストンリング・カムシャフト・バルブリフター等のエンジン部品、AT用シールリング、各種高級鋳鉄、電熱線・セラミックスヒーター・工業炉・プラント、電波暗室・吸収体等の製造・販売
株式公開(証券取引所) 東証一部
主要株主 三菱東京UFJ銀行、みずほコーポレート銀行、日本生命
主要取引先 本田技研工業㈱、トヨタ自動車㈱、富士重工業㈱、日産自動車㈱
従業員数 1645人
平均年齢 39.0歳
本社所在地 東京都 千代田区九段北1-13-5

株式会社 リケン資本金85億7300万円設立年月日1949年12月従業員数1645人

知識の向上と技術の革新を心がけ、常に変革を遂げる

この企業が募集している求人

Bnr sp354 9 0d12dff7ca268cb264c97bcbfb6acb61b26bb22885c01d478f43a42d45bbc394
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる