お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 Zpeerの企業情報

183348

株式会社 Zpeer

動物医療のプラットフォーマーとして世界に挑戦!

獣医師向けの情報交換コミュニティサイト「Vetpeer(ベットピア)」を展開!

獣医師向けの情報交換コミュニティサイト「Vetpeer(ベットピア)」。その開発、運営をしているのが株式会社Zpeer(ズピア)だ。

Vetpeerは、サービスを開始してからわずか5年で、対象となるペットの臨床獣医師14,000-15,000人 のうち、6割が利用する業界最大級コミュニティへと発展。日本の動物医療業界に新たな変化をもたらすプラットフォームとして注目を集めている。

SNSやさまざまなウェブサービスが普及している今、獣医師が情報発信をしたり、獣医師同士で意見交換をしたりなどは以前に比べ増えてきている。しかし、新薬の情報や詳しい作用機序、海外での知見についてなどは、学会への参加や論文などを通して、獣医師みずからが情報収集を行なっていることが多く、個人が知り得る情報量には限りがある。

また、人の製薬業界は10兆円を超える巨大な市場で、薬の情報提供に携わるMRと呼ばれる営業担当者も数万人という規模で活動している。それに対し、動物用医薬品業界におけるMRは数百人程度にとどまり、全国にいる獣医師一人ひとりに最新の情報を迅速かつ適切に伝えられる環境はまだ整っていないといえる。

人医療業界と動物医療業界、ふたつの業界にコンサルタントとして関わっていた藤本 裕氏(取締役兼副社長)は、等しく生命や健康を守る医療でありながら、ふたつの業界の間に大きな差があることに気が付き、ITで動物医療業界にイノベーションをもたらそうと、事業を構想し同社を設立した。

他の情報交換コミュニティサイトとの最大の違いは、「Vetpeer」が獣医師同士が意見交換・情報共有をするコミュニケーションの場としてあるだけではなく、動物医療業界のメーカーが動物病院向けに最新の医療技術・製品の案内を行うための媒体として機能する点にある。つまり「Vetpeer」は、獣医師のニーズと動物医療業界メーカーのニーズを同時に満たす、ほかには無いまさにオンリーワンのサービスなのだ。

更に、畜産領域での同型のサービス、および飼い主向けサービス「Vet's Eye」で更らなる成長を図っている。
2018年には、米国の子会社を設立し、米国でのサービスリリースも予定されている。

183355獣医師向けの情報交換コミュニティサイト「Vetpeer(ベットピア)」。その開発、運営をしているのが株式会社Zpeer(ズピア)だ。
183361「Vetpeer(ベットピア)」は、開始してから5年で、ペットの臨床獣医師14,000-15,000人のうち、6割が利用するコミュニティへと発展している。
183369

獣医師と企業を結びつける、両者にとって価値あるサービスを。

獣医師が会員登録をするだけで無料で利用できる「Vetpeer」は、動物医療業界に関する最新のニュースから、動物用医薬品メーカーが発信する学術情報、病院経営のノウハウについてのコラムなど、獣医師にとって役立つ情報が集約されている。また、情報を発信する動物医療業界のメーカーにとっても、自社のPR活動やマーケティング活動に直結するきめ細やかな仕組みがたくさん盛り込まれているのが特徴だ。

さらには、動物医療業界をリードする主要なメーカーがほぼすべて参画しているのも特筆すべき点といえるだろう。メーカーのマーケティング担当者にとっては薬の宣伝や企業の情報などをワンストップで掲載できるサービスとして、高い評価を得ているようだ。

リリースからわずか3年半で全国の獣医師、企業のみならず、日本獣医師会や主要学会からもさまざまな依頼を受けるほど信頼度の高い媒体へと成長している背景には、獣医師とメーカーを結びつける新しい仕組みを採用したサイトへの期待値はもとより、2014年4月1日に代表取締役社長に就任した野川 真義氏の存在も大きかったという。

野川氏はファイザー株式会社のコンパニオンアニマルヘルス事業部門の責任者として、15年間にわたり日本の動物医療業界の発展に寄与してきた人物で、コンサルタントとして動物医療業界に関わってきた藤本氏と同様、この業界の課題を認識していた一人だ。

とあるプロジェクトで、クライアントという立場にあった野川氏(当時60歳)とコンサルタントであった藤本氏(当時30歳)が出会い、年齢差を超えて意気投合するところからはじまる同社の創業ストーリーも興味深いが、動物医療業界の抱える課題に対して当事者意識をもって真摯に取り組む“人”の存在が同社の求心力をもたらしているといえるだろう。

183353副社長 藤本 裕氏
183367代表取締役 野川 真義氏
183360

新サービス、そして世界へ

2017年、動物用医薬品卸向けの情報提供ツール「Vet's GO」
同年、畜産領域での獣医師コミュニティ「ベットピア・スワイン」「ベットピア・キャトル」
2018年、獣医師1000名が協力する飼い主向け情報サイト「Vet's Eye」
と次々とサービスを展開し、また海外のパートナー企業と連携し、海外で開発された革新的獣医療製品の日本導入も開始している。

2018年6月に米国子会社の設立、年内の米国サービス開始を予定しており、同社のグローバル展開も急展開中だ。

「獣医療の世界で、企業と獣医師をグローバルに繋ぎ、獣医療の発展と動物たち一頭一頭の健康と幸せに貢献したい」との思いで突き進む同社の動向から目が離せない。

183363創業より5年目を迎える同社には、現在約10名の従業員が在籍している。
183365社内イベントも積極的だ。
183350

株式会社 Zpeerに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 Zpeerに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 Zpeer
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
コンサルティング・リサーチ >  経営/ビジネスコンサルティング・シンクタンク
サービス系 >  医療・福祉・介護サービス
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
設立年月 2013年06月
代表者氏名 代表取締役社長 野川 真義
事業内容 日本全国の獣医師の過半数が利用する、獣医師専用Webコミュニティサイト「ベットピア」を主軸に、獣医療メーカー(薬・フード・医療機器等)や獣医師、飼い主に様々なサービスを提供します。

・獣医師コミュニティサイト『ベットピア』の開発、運営
・獣医療企業・団体に対する製品開発、マーケティング、販売支援サービスの提供
・獣医療企業・団体に対する、開発・上市・マーケティングの総合コンサルティングサービスの提供
・飼い主/畜産農家に対する情報サービスの開発、運営

ー 経産省、東京都のグローバル進出支援プログラムに採択されました
ー 『B Dash Camp 2015 Fall in Kyoto』ピッチコンテストにて、「エボラブルアジア賞」を受賞
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 10人
本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目53番地12号 グレンパーク原宿 601
183348

株式会社 Zpeer資本金設立年月日2013年06月従業員数10人

動物医療のプラットフォーマーとして世界に挑戦!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×