お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 コパ・コーポレーションの企業情報

307604

株式会社 コパ・コーポレーション

「実演販売」という唯一無二のコンテンツをネットを使って面白く展開!

「実演販売士が立ち上げた商品開発力が強みの卸売業」というという特異な立ち位置。

スーパーや百貨店の店頭、テレビ番組などで見たことがある人も多いだろう。商品の魅力、使い方を説明しながら、ものすごい勢いで商品を販売していく「実演販売」が、最近注目を集めている。株式会社コパ・コーポレーションは、実演販売士としてその道で有名だった吉村 泰輔氏が1990年に設立した唯一無二の総合商社だ。

「実演販売」と聞くと、露天商、テキ屋、『男はつらいよ』の寅さん・・・といった、”どこか昭和な雰囲気”を想像する人は少なくないだろう。同社設立の背景にあったのは、「清く正しく美しく」という理念だ。
「うちの会社は、実演販売士を多数抱えているところが特徴ですが、事業としては卸売業が本業なのです。売り上げの9割が、商品の売り上げから構成されています」(吉村氏)

現在、同社に所属する実演販売士は20名以上。これだけの人数を組織立てて抱えているところは、どこを探しても他にないという。深夜番組への出演を機に、業界でも例を見ないほどの大ブレークを果たし、彼が出るだけでモノが売れると言われるレジェンド松下氏も、同社の社員だ。創業以来、ずっと地味に右肩上がりを続けてきた同社だが、彼の大ブレークを受け、売り上げが倍倍で増え続けているのだ。

「当社の特徴は、商品開発力です。実演販売を長くやっていると、次に売れる商品が分かってくるんですよ。そうしたことも踏まえて、商品開発し、それを実演販売を通じて販売していくと。それがうちの事業のスタイルです」

2016年だけで20を超えるオリジナル商品を自社開発。あるものをただ売るのではなく、売るものを独自に作り、その魅力を伝えて行く。価値のないところから新たに作り出す、言ってみれば『0→1』の仕事は大変だが、「そこをちゃんとやろうと」ずっとこだわり続けてきたことが、同社が業界内でも唯一無二の存在として認知されている一番の理由だろう。

171700吉村 泰輔 氏
307605自社撮影スタジオを完備
307606

新た販売戦略を計画!新たなプラットフォームの立ち上げも計画!

さて、そんな同社が新た販売戦略を計画している。そこで必要となるのが、インターネット業界で経験を積んできた人材の存在だ。
「実演販売をしていると、その場では買わず、後でこっそり購入してくださる方が一定数います。そうした場合の一番の受け皿が、インターネット通販なんです。うちのような商品の売り方は、はっきりいってSEO対策とかは無縁。導線は勝手に引けるのでインターネットとの相性はいいはずなのですが、まだまだそこが拾いきれていないのが実情です」(吉村氏)

実際のところ、利益率が高いネット通販は、会社にとっても非常に貴重なチャネルの一つだ。いくら人気の実演販売士がいたとしても、彼がテレビに出ていないときにまでお客の心をつかむのはなかなか難しい。そして、仮に集客がうまくできても、商品に興味を持って集まった人たちが滞留できる場所もが必要となる。

「そういう意味で、ネット通販の導線強化と自社サイトの充実は最重要事項です。まずはそこから始めたいと考えています。ただ残念なことに、自社にはSIerと対等に専門用語で話しながらものを作っていける人材がいないのです」(吉村氏)

さらに計画しているのが、新たなプラットフォームの立ち上げだ。実は同社は以前、オンライン上でオリジナルの実演販売コンテンツを毎週配信していたことがある。現在は更新されてないが、そのパート2ともいえる新たなサービス立ち上げる構想がある。
「いつ来ても、いろいろな実演販売が見られて、商品の情報が発信されている。そんなプラットフォームを作っていきたいと考えています。これは最近流行りのネットのテレビ化ではなく、実演販売の楽天みたいなイメージです」(吉村氏)

自社が持つコンテンツには絶対的な自信があるからこそ、「それをネットに流し込むための仕組み、技術がない」と嘆く吉村氏。

「そこさえうまくできれば、今後は相当面白いことがいろいろとできると思うんです。そうなったら、うちの会社はどれだけ伸びちゃうんだろうかと心配になっちゃいますが(笑)、そんな展開を面白がってくれる、モノ作りに興味がある人がいたら、ぜひ助けてほしいですね」(吉村氏)

171850同社の販売戦略の中で、今回インターネットの領域に注力する。
220242集客は実演販売におまかせ。
307606

辞める人がいない、居心地のいい働きやすい職場。

今、同社で働く一番のメリットは、誰もやったことがないサービス、そしてプラットフォームを作ることができる点で間違いない。
「ネットサービスを作る場合に、集客のための導線を作るのが大変だと言われますが、その点でうちは心配無用です。うちは確実に人を集められますから、仕事としては非常にやりやすいと思いますよ。今の課題は、来てもらった人におもてなしができないこと。早くそれを何とかしないといけません」(吉村氏)

「ウェブ2.0はITの実演販売化」というのが、吉村氏の持論だ。ITはどんどんリアル実演販売に近づいてきている。見て、聞いて、触って、体験するといったITが近づけずに苦労してきたことを、実演販売は全て内包している。今後、そんな同社の「コントロールタワー」を担うポジションとして、潤沢なコンテンツを使ってインターネットの可能性を追求できる仕事は、決して他ではできない仕事だろう。

資金的な面でも、「清く正しく美しい経営」を貫いてきた同社だけに、信用の高さはお墨付き。システム構築のところに重点的に投入するつもりであるため、開発資金は潤沢だ。将来的には上場の計画もある。

社風について伺うと、吉村氏から真っ先に出たのが、「離職率の低さ」だ。
「困っちゃうほど、みんな辞めないですね。社内の雰囲気がよく、居心地がいい、働きやすいと口をそろえて言うんです。実際のところ、ブラック企業で叩かれてきた人が、うちに入って立ち直るケースは非常に多いんです(笑)」

18時を過ぎると、吉村氏自身が社内のメンバーに「仕事するなー、仕事するなー」と歩いて回っているんだとか。そこには「早く飲みに行きたい」というメッセージも多分に込められているようだが、「残業ゼロを目指しています!」と表情はいたって真面目だ。

現在の社員については、平均年齢が40歳で、男女比は3対2程度で男性が少し多い程度。実演販売経験者もたくさんいて、実際に現場で活躍する社員も多いという。また、社員は元芸人、元歌手、元社長といった経歴の人が多数おり、異文化が集まった賑やかな会社だ。

「実演販売をやっていると、現場で各自で判断しなくてはいけない場面がたくさんあります。そういう意味で、上からの指図で動くような人はいない社風ができあがっているのかな。自分のやり方を人に押し付けるような人もいません」(吉村氏)

そんな「自分らしく」働ける環境で、他ではできない仕事を満喫してほしい。

3075992018年立ち上げたサイト「デモカウ」東京ソラマチに同名の店舗もOPEN。
200993会議は70%真面目に行います。
307607

株式会社 コパ・コーポレーションに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 コパ・コーポレーションに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 コパ・コーポレーション
業界 サービス系 >  その他サービス系
IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
資本金 1200万円
設立年月 1996年09月
代表者氏名 代表取締役社長 吉村 泰輔
事業内容 ●実演販売および商品卸
●TV通販の出演および商品卸
●実演販売スクール開講および人材派遣
●販売コンサルティングおよび販促物制作
●演劇およびイベントの興行
株式公開(証券取引所) 非上場
従業員数 29人
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南 2-23-7エビスパークヒルズ 403
307604

株式会社 コパ・コーポレーション資本金1200万円設立年月日1996年09月従業員数29人

「実演販売」という唯一無二のコンテンツをネットを使って面白く展開!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 9
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
半角英数字6文字以上、30文字以内
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×