お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

リーズンホワイ 株式会社の企業情報

167609

リーズンホワイ 株式会社

ITの力で医療社会に革新を!専門医と患者を繋ぐサービスで全人類の寿命を1秒伸ばす!

医師とは違った角度から医療へアプローチ!

リーズンホワイ株式会社は、「IT×医療」をキーワードにして現代医療が抱える課題解決に取り組むITベンチャー企業だ。自社の技術力によって「人の命を救うこと」「全人類の寿命を1秒伸ばすこと」を理念に掲げ、複数の自社開発のサービスを展開している。

主要事業は次の3つだ。製薬会社MR向けの販売戦略ツール「WhytPlot」。専門医向けのソーシャルネットワーキングサービス「Whytlink」。そして、2018年4月25日リリースされた、ドクターオファー型セカンドオピニオン「Findme」である。

代表の塩飽 哲生氏は、大学で品質管理の考え方を応用した医療安全を学び、卒業後医療系コンサルティング会社に就職した。その後、2011年7月にリーズンホワイを設立する。家族や親族に医師が多い環境で育ったという塩飽氏は、医療業界には親和性が高いものの、医師とは違った視点でのビジネス展開をしていきたいと考え起業に至ったという。医師とは違った視点、それは「病院・医師・患者」という3つのプレイヤーそれぞれに向けてサービスを展開し、更にそれらをリンクさせて相乗効果を生むという構想だ。

その構想のもとで、同社がまずリリースしたのが「Strategy」。これは、製薬会社のMR向け販売戦略ツールで、得意疾病を近隣病院と比較したデータや地域の医療ニーズ等を数値化したデータを視覚的に示すことができるもの。これが、国内製薬メーカーの間で大ヒットし、リーズンホワイの売上を支える主力商品となっている。こちらが、利便性が向上され、「WhytPlot」というサービスとして大々的に刷新される。

続いて、リーズンホワイが手掛けたのが、専門医向けのSNS「Whytlink」だ。ここには現在専門医21万人分のデータベースが構築され、4,500人の医師が参加している。「Whytlink」の主な特徴は、経歴や所属病院、専門分野、受賞歴、論文歴等の詳細プロフィールが書き込める点、そして専門医同士の紹介ステータスを客観的な視点で評価して可視化している点だ。

専門医同士の交流ツールとして使われているのはもちろんのこと、医師限定のセキュアなネットワークという利点を生かし、救急患者受け入れにも役立てられている。「Whytlink」を使って一度に複数の病院と連絡を取り、今まで救急患者の受け入れ先を探すのに40分かかっていた時間を、推定10分に短縮することができるのだ。患者と医師のミスマッチを防ぐ、まさに「人の命を救うこと」に直結するサービスなのである。

167650「IT×医療」をキーワードにして現代医療が抱える課題解決に取り組む同社。自社開発のサービスを複数展開中だ。
167638代表取締役 塩飽 哲生 氏
卒業後医療系コンサルティング会社に就職した。その後、2011年7月にリーズンホワイを設立。
167627

医療における「3者」を押さえたサービス展開が強み。次世代ツールで新たな価値を創造!

リーズンホワイが今までのサービスの集大成として開発に注力しているのが、「Findme」だ。
症状や治療方法について他の医師に「第2の意見」を求める「セカンドオピニオン」への社会的ニーズが高まるなか、Findmeでは、ドクターオファー型でセカンドオピニオンを利用できる。

従来のように患者様やご家族がセカンドオピニオンを依頼する医師や病院を探すのではなく、専門分野で貢献したい医師から患者様にオファーが届くという仕組み。がん患者様と複数の専門医を地域に関係なくマッチングすることで、セカンドオピニオンを気軽に利用できる環境を創りだしている。

新たにがんと診断される患者は年間85万人(当社調べ)に上り、患者様やご家族の治療に対する不安が十分に解消されていない現状がある。主治医が治療の説明を尽くしても、「漠然とした不安がある」「専門用語を理解できない」などの理由で患者様やご家族の全員が、方針に納得して治療に臨めないケースも少なからず存在している。Findmeは、レポート形式でセカンドオピニオンを患者様に提供することで、ご家族や主治医とも相談し、安心して治療に専念できる社会を実現できるのではないだろうか。

「患者・医師・製薬メーカー等という3つのプレイヤーを押さえてのサービス展開は、他では見られない弊社の強みです」と、代表の塩飽氏は力強く語る。

これから参画するスタッフは、このような勢いとスピード感溢れる中で力を発揮していくことになる。ITの技術力と、とがった企画力で医療と社会を変える。そんな挑戦をしたい者には、またとない環境だと言えよう。

167615ITの力で人の命を救うという理念に共感したメンバーが集結している。
167647取締役の今西氏。経営陣とメンバーとの距離も近く、アイディアを発信できる環境だ。
167619

洗練されたこだわりのオフィス空間。仕事は効率を重視して無駄な残業を排除する。

現在のリーズンホワイの開発体制は、サービスごとに区分けされてはいない。1人のエンジニアが複数のサービスに携わりながら、開発を進めている。これは、会社規模がまだ大きくないためということもあるが、エンジニアにも医療における「3者」を押さえたサービスすべてに関わってもらいたいと考えているためだ。すべてのサービスに関わることで全体を把握できるので、自分の携わった開発がどのように人の命を救うことに結びついているかを深く感じることができる。

リーズンホワイのオフィス環境にも目を向けよう。同社のこだわりは、オフィスに配された家具や調度品にも表れている。無垢材を使用したデスクやキャビネット、デザイン性の高い椅子。雰囲気ある照明が、温かい光を放つ。蛍光灯がこうこうと光る従来型の無機質なオフィスとは、明らかに違っている。来客者に出されるコーヒーのカップは、有田焼の特別注文品だという。こういった細部にも塩飽氏の想いがあった。「社員が心地よく働ける環境は、集中力と仕事の質を高めると考えています。また、良いものに囲まれて仕事することで、感性のブラッシュアップにもなります」と、塩飽氏は語る。

ハード面の他にソフト面でも、社員のモチベーション維持に気を配る。仕事の効率を重視している為、残業はほぼゼロ。更に今後は、海外の人材採用も視野に入れて長期間休める仕組み作りにも取り組む。会社が休みを決めるのではなく、個人が自身の仕事の進捗を管理して休みを設定していくのだ。例えば、繁忙期間に集中的に働き、その後1ヶ月間休みを取るといったことも可能にしたいという。

快適な労働環境の中で、人の命を救う自社サービスを作り出す。人に誇れる仕事をしたいと考える志の高い者にとって、非常に魅力的な環境ではないだろうか。

167649同社のオフィスはオランダヒルズ森タワーRoP。神谷町駅より徒歩3分とアクセスも良い。
167632社員が心地よく働ける環境にこだわる同社。オフィスに配された家具や調度品にも表れている。
167629

リーズンホワイ 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、リーズンホワイ 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 リーズンホワイ 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  モバイル/アプリサービス
サービス系 >  医療・福祉・介護サービス
企業の特徴
  • 上場を目指す
  • 自社サービス製品あり
資本金 61,600万円(資本準備金を含む)
設立年月 2011年07月
代表者氏名 代表取締役 塩飽 哲生
事業内容 専門医向けのソーシャルネットワーキングサービス「Whytlink」の企画・開発
専門医と患者のマッチングサービス「Findme」の企画・開発
製薬会社MR向けの販売戦略ツール「WhytPlot」の企画・開発
従業員数 30人
本社所在地 東京都港区虎ノ門5-11-1 オランダヒルズ森タワーRoP 1201
167609

リーズンホワイ 株式会社資本金 61,600万円(資本準備金を含む)設立年月日2011年07月従業員数30人

ITの力で医療社会に革新を!専門医と患者を繋ぐサービスで全人類の寿命を1秒伸ばす!

この企業が募集している求人

Bnr sp354 4
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×