お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

日本ワムネット 株式会社の企業情報

411363

日本ワムネット 株式会社

オンラインファイル共有市場トップクラスの自社サービス『GigaCC』を提供!

オンラインファイル共有市場実績トップクラスのクラウドサービスを提供!

『きく・ひねる・とどける』。このシンプルな行動指針を企業理念として制定する日本ワムネット株式会社。市場や顧客のニーズを真摯に『聞く』ことで的確にとらえ、そこからプラスアルファの新たな価値を『ひねる』ことで創造し、それらをわかりやすく相手に『届け』ていく。このようなビジョンの元、同社は設立以来、一貫してデジタルファイルの伝送・保管サービスを提供し、現在その分野では、日本でトップクラスの実績を上げている。

同社が誕生したのは、Windows98が発売され、一般家庭にまでパソコンやインターネットが急速に普及し始めた翌年、1999年のことだ。米国で大容量コンテンツを通信ネットワークで伝送するという先進サービスを提供していたWAM!NET Inc.(現Century Link社の一部門)のサービスを日本で提供するためだった。

「当時、ビジネスの世界でも通信ネットワークを使ったデータのやりとりが急激に増えていきましたが、印刷や出版、映像、音楽といったエンタテインメント業界は、扱うデータが非常に大容量であったため、ネットワークを介してスピーディーに伝送することはできませんでした。そのため、日に何度もバイク便などを利用して物理的に届けていたのです。これでは時間的なロスが大きく、人為的なミスが発生する余地も大きい。そこで、数百ギガバイトという超大容量データをスピーディー、かつセキュアに伝送できるサービスを、と『WAM!NET』の提供を開始したのです」(代表取締役社長 長谷川 浩司 氏)

ただし、米国のサービスをそのまま導入しても日本の市場にはなじまない。そこで、メディアコンテンツエンタテインメント業界を知るスタッフが集まっていた強みを活かして、顧客の声に耳を傾け、業界特有のワークフローに対応した仕様へとカスタマイズしていった。このような「顧客志向の徹底」が信頼につながり、エンタメ業界に次々と採用されていったのだった。

WAM!NETサービスで培ったノウハウを活かし、より広い業界で使用できるサービスを提供すべく、大容量データ伝送技術をベースに自社開発されたのが『GigaCC』だ。

「ギガバイトサイズの大容量コンテンツを含む、あらゆる種類のデジタルデータを伝送・保管・共有できる純国産クラウドサービスがGigaCCです。こちらは製造や金融、サービス、流通のほか、自治体や法人など、幅広いお客様に採用いただいています」(長谷川氏)

WAM!NETサービスに比べて汎用性を高めたとはいえ、徹底した顧客志向と市場ニーズ深耕の姿勢は変わらない。セキュリティに対する要望の細かさなど、日本のマーケット特有のニーズに対応するだけでなく、定期的なバージョンアップを繰り返しながら、例えば『PPAP(パスワード付きZIPファイル送信運用)』のような、時代の変化とともに生じる新たなニーズにも丁寧に応えている。このたゆまない開発姿勢こそが、名実ともにGigaCCがお客様に選ばれるサービスたる源泉となっているのは間違いない。

4113942002年サービス開始の主力サービス「GigaCC」は、実績トップクラスの企業間ファイル共有・転送サービスだ
411310代表取締役社長 長谷川 浩司 氏
411304

安定した経営基盤を活かして、 新たな柱となる事業を創造!

GigaCCは、サービスとして顧客満足度が高く、一度導入されると長期間継続して利用する顧客が非常に多い。それだけに、新規顧客を開拓するごとに着実に売上を伸ばし、現在では安定的な収益を生む基盤事業へと成長している。

また、同社は住友商事グループであり、国内最大手の携帯電話販売代理店でもある株式会社ティーガイアが出資しているため、強固な資本基盤も有している。このような安定経営を支える土壌が整ったことで、GigaCC事業をさらに発展させるとともに、新たな事業を生み出す“挑戦”のフェーズに入った、と長谷川氏は語る。

「まずGigaCCはお客様情報基盤を支えるようなサービスに進化させます。クラウド基盤の各種サービスを持つベンダーとのアライアンス強化や新たなパートナーシップの構築、高度な機能連携の実現による業務効率化・利便性向上を行います。また、これまで手薄であった業界や業種に対して販売を強化していく想定です。そのために新たな販路の開拓や販売パートナーの深耕を続けて参ります。このように、市場動向やニーズに真摯に耳を傾け、当社や当社サービスの持つ付加価値を創出し、お客様に提供し続けることで、当社の行動指針である『ワムネットアクション』に表される、『きく・ひねる・とどける』を具現化していきたいと考えています」(長谷川氏)

そして、新たな事業は、大容量データの伝送・保管・共有技術やクラウド技術など、これまでの事業で培ったノウハウを活用し展開できる分野であれば、特に制約を設けず挑戦していくと、長谷川氏は続ける。

「例えば、ティーガイアが全国に有する携帯電話の販売代理店向けに来店促進アプリを開発・展開することもできますし、住友商事の商社機能やグローバルネットワークを活用したサービスを構築できれば、世界を舞台とした新事業を育てることも夢ではありません。当社が培った技術や資本力、グループ会社が持つネットワークやコンテンツを掛け合わせることで、新規事業の可能性はいくらでも広がっていくのです。この環境を『面白い』と感じ、創造性の高いアイデアを発想・実行できる人に仲間に加わってもらって、新たな日本ワムネットを築き上げていきたいと思っています」(長谷川氏)

411840より良きサービスの提供を目指し、新機能の検討や最適化のための議論は日々行われている
411375服装も自由で在宅勤務も可能。柔軟で豊かなワークライフバランスを実現できる
161189

健全な危機感と居心地の良さが共存する風土!

働く環境という側面から日本ワムネット株式会社を見たとき、その特徴のひとつといえるのが、「居心地の良さ」だろう。月平均残業時間が約20時間と少なく、社内表彰制度がいくつもあるなど、その理由はさまざまだが、「風通しが良いことも大きい」という。社員数40名と大きな会社ではないため、もともと社員全員の顔が見える環境ではあるが、それだけでなく、社員の声を拾う仕組みがいくつも整えられている。

「上司と部下の間では、半期に1度、年間目標や将来のキャリアイメージを共有する面談を実施。社長とも年1回は同じテーマで面談を行っています。また社内意見共有の仕組みである『いいね!BOX』は、社員が日々の業務の中で文字通り『いいね!』と思った周囲のメンバーのアクションや気付きを投稿する制度です。社員がお互いを『褒め合う』ことを通じて、相互の理解と一体感の醸成を行うことに貢献しています。『いいね!』を多く集めた社員には、毎月社内表彰を行うと同時に、毎回私がポケットマネーから副賞を進呈しています(笑)」(長谷川氏)

ただし、同社の居心地の良さは、のほほんとした温いだけものではない。ITというライフサイクルの速い業界でビジネスを行っているため、「気を抜くと実績トップクラスのサービスであっても、市場から忘れられてしまう健全な危機感」も漂っているのだ。それだけに、受身、指示待ちの人では務まらないと長谷川氏は強調する。

「社員同士、互いにカバーし合いながら仕事を進めていきますが、それは、個々人が、仕事に対する情熱と責任感を持ち、主体性をもって動けるからこそ成立するものだと思っています。また、プロジェクトごとに職種横断のバーチャル組織を組んで進めるため、建設的に意見を戦わせられるコミュニケーション力も欠かせません。だから、当事者意識を持って仕事に取り組み、周りを巻き込んでいけるプロフェッショナルを求めています。そういう方であれば、当社の裁量の大きさをモチベーションに変えて、やりがいを感じながら働けると思います」(長谷川氏)

4113072019年には創立20周年記念イベントを挙行
411849社内における議論は、時に個々のプロフェッショナル意識のぶつかり合いとなることも

日本ワムネット 株式会社に「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、日本ワムネット 株式会社に興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 日本ワムネット 株式会社
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
IT/Web・通信・インターネット系 >  ソフトウェア/パッケージベンダ
IT/Web・通信・インターネット系 >  その他IT/Web・通信・インターネット系
企業の特徴
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
  • 残業少なめ
資本金 2億円
売上(3年分)
2018年 3月 期 2019年 3月 期 2020年 3月 期
10億8,200万円 11億2,600万円 11億9,000万円
設立年月 1999年08月
代表者氏名 代表取締役社長 長谷川 浩司
事業内容 ■事業内容
・コンテンツソリューション事業
・RPAソリューション事業
・FAXサーバソフトウェア事業

■加入団体
・一般社団法人 日本テレワーク協会
・一般社団法人 ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(ASPIC)
・電子インボイス推進協議会
株式公開(証券取引所) 非上場
主要株主 株式会社ティーガイア、Centurylink Communications, LLC
主要取引先 大手出版企業(集英社など)
大手一般企業(住友商事など)
従業員数 40人
平均年齢 41.5歳
本社所在地 東京都中央区新川1-5-17 エイハ新川9F
411363

日本ワムネット 株式会社資本金2億円設立年月日1999年08月従業員数40人

オンラインファイル共有市場トップクラスの自社サービス『GigaCC』を提供!

この企業が募集している求人

×