転職サイトGreen(グリーン)
ログイン会員登録
転職サイトGreen(グリーン)

勤務地

年収
ログイン会員登録
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業トップ画像
企業メインロゴ

株式会社FFRIセキュリティ

  • IT/Web・通信・インターネット系

日本のサイバーセキュリティ領域における安全保障の実現に向けて事業を展開するFFRIセキュリティが会社と共に成長していける仲間を募集!

上場
自社サービス製品あり
シェアトップクラス
残業少なめ
カジュアル面談歓迎

企業について

FFRIセキュリティは日本発の研究開発型サイバーセキュリティ企業として、国家や企業・組織、個人が抱える様々なセキュリティ課題の解決に取り組むサイバーセキュリティの専門家集団です。

同社が設立された2007年当時、国内にはセキュリティの研究開発を行う企業は少なく、サイバーセキュリティ分野の基礎技術やコア技術はもちろん、製品やサービスに至るまで、そのほとんどを北米企業に握られていました。
しかし、脆弱性攻撃や新しいマルウェアの脅威が加速度的に高まり、対策のスピード化が強く求められるようになるにつれて、海外に依存する現状を危機として感じるようになったのだと創業メンバーの一人であり、最高技術責任者を務める金居良治氏は言います。
「サイバーセキュリティは重要な技術になってきています。それを外国に任せきりでは、日本独自に問題に対応できない可能性があります。それに、自ら研究開発を行わないと、新しいものを生み出すチャンスも得ることはできません。だから日本の技術で、コンピューター社会の健全な運営に寄与することを理念として掲げる当社の起業に参加しました。」

同社は創業以来「高度なセキュリティ技術を研究開発し、それを広く発信していくことで"強い日本づくり"の一翼を担っていく」という思いを持ち、中央省庁や官公庁、大手企業など、政府機関や国の重要インフラを担う組織に対して製品・サービスを積極的に展開しております。

FFRIセキュリティでは世界で起きている新たなサイバー攻撃や日本を独自に狙ったサイバー攻撃の調査・解析が日々行われており、その中で明らかとなったセキュリティ課題を解決するための独自のセキュリティサービスを展開しています。同社が手掛ける案件は世の中に普及している技術領域に関するものから、最先端の技術領域に関するものまで幅広く、セキュリティの対策技術が十分に確立されていない新しい製品やサービスが攻撃者に狙われることもあれば、既存の対策技術を無効化するような新たな攻撃手法が生み出されることもあります。

同社に寄せられる案件はサイバーセキュリティの専門企業だからこそ対応可能なものが多く、サイバーセキュリティの専門企業ならではの案件が豊富にあります。案件を通して未だ世の中に解決策や情報が広まっていない最先端の技術や知識を獲得できるため、スキルアップやスペシャリティの獲得を目指すエンジニアにとって非常に魅力的な環境となっております。

また、政府機関や、防衛産業、重要インフラ系の組織に対するサイバー攻撃が世界的に増加しており、日本も例外ではありません。同社では防衛産業を狙ったサイバー攻撃が世界中で多発していることや、国家間におけるパワーバランスの変化から生じる国家安全保障へのニーズの高まりに応えるため、ナショナルセキュリティの専門チームを立ち上げ、日本のサイバー防衛能力向上のためのセキュリティ技術の研究開発も推し進めております。

当社には国際的なセキュリティカンファレンスでの研究発表実績もある業界屈指のエンジニアが複数在籍しており、その研究成果を活かしたプロダクトやサービスの開発を強みとしています。また、純国産のセキュリティプロダクトとサービスを一体として提供可能な点も当社の強みの1つです。

主力製品である次世代エンドポイントセキュリティ製品『FFRI yarai』には当社が世界に先駆けて開発した先読み防御技術が搭載されており、標的型攻撃のトリガとなる未知・既知の脆弱性攻撃や、未知のマルウェア攻撃からシステムを保護します。

当社の先読み防御技術は、従来のパターンマッチング型とは発想からして異なります。
パターンファイルを使ってマルウェアと照合するパターンマッチングは、当然ながらマルウェアを取得・分析し、できるだけ多くのパターンファイルをストックしておかなければ検知できません。しかし、次々と亜種や新たなマルウェアが誕生している現在、そのすべてを捕捉するだけでも容易なことではなく、たとえすべてを捕捉できたとしても、パターンファイルが増えるほどシステム負荷も高くなり、効率が落ちるという課題もあります。

一方、当社の先読み防御技術は、ヒューリスティックな検出技術を追求することで、標的型攻撃のトリガとなる未知・既知の脆弱性攻撃や、未知のマルウェア攻撃からシステムを守るというものです。そして、最大の特徴は、検知するだけでなく「止める」ことだと、金居氏は言います。
「FFRI yaraiは、機械学習を含む5つのエンジンからなるプログレッシブ・ヒューリスティック技術によって、マルウェア特有の悪意ある構造や振る舞いをリアルタイムに捕らえ、未知のマルウェアによる攻撃を防御します。コンピュータウイルスと聞くと、何か得体の知れないものと感じるかもしれませんが、その実態はソフトウェアであり、数々のソフトウェア開発経験とセキュリティ分野での研究の両方を行っている当社だからこそ、正常なソフトウェアでは“しないであろう振る舞い”を見抜くことができるといえます」

また、現在の攻撃技術を徹底的に分析し、対抗し得るロジックを研究することで、将来的に発生するであろう攻撃手法を解き明かし、攻撃者の先手を取ることにも注力、成果を出しています。
その結果、『FFRI yarai』は、中央省庁や官公庁をはじめ、大手企業など、政府機関や国の重要インフラを担う組織に多数採用いただいております。

募集している求人

エンジニア・技術職(システム/ネットワーク)の求人(8件)

すべて見る

経理・管理・バックオフィス職の求人(2件)

社員の声

すべて見る

求職者の声

企業情報

会社名

株式会社FFRIセキュリティ

業界

IT/Web・通信・インターネット系 > ソフトウェア/パッケージベンダ

IT/Web・通信・インターネット系 > その他IT/Web・通信・インターネット系

IT/Web・通信・インターネット系 > ITコンサルティング

企業の特徴
カジュアル面談歓迎、上場、自社サービス製品あり、シェアトップクラス、残業少なめ
資本金

2億8569万8,500円

売上(3年分)

202231779百万円

202131618百万円

202031602百万円

設立年月

2007年07月

代表者氏名

代表取締役社長 鵜飼 裕司

事業内容

◎当社は日本発の「サイバーセキュリティ」専門企業です。
・セキュリティ技術の基礎研究、自社セキュリティソフトウェアである「FFRI yarai」などの研究開発、ペネトレーションテストやマルウェア解析などを行うセキュリティ・サービス事業などのサイバーセキュリティに関する事業を行っています。
・業務上必要な場合や会社からの出社要請がある場合はオフィスへの出社が必要になりますがリモートワークが可能な場合はリモートワーク中心の働き方となります。
※横須賀ナショナルセキュリティR&Dセンター勤務の場合は、
 業務の特性上、原則オフィス勤務となります。

株式公開(証券取引所)

東証グロース

主要株主

鵜飼裕司、金居良治、等

主要取引先

官公庁、地方自治体、医療法人、国公私立大学等の学校法人、各種公的団体、株式会社日立システムズ、日本電気株式会社、エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社、富士通特機システム株式会社、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社、株式会社インフォセック、三菱重工業株式会社、株式会社日立製作所 等

従業員数

130人

平均年齢

36.1歳

本社住所

〒100-0005 東京都千代田区丸の内三丁目三番一号 新東京ビル二階

この企業と同じ業界の企業

この企業と同じ業界の企業:株式会社 シスラボ
株式会社 シスラボ
株式会社 シスラボ
無料登録して話を聞いてみたい
👋
株式会社FFRIセキュリティに興味を持ったら、まずは一度気軽に話を聞いてみませんか?
無料登録して話を聞いてみたい
掲載をお考えの企業様
IT転職に強い求人サイト Green
Copyright© Atrae, Inc. All Right Reserved.
  • 転職サイトGreen
  •  
  • IT/Web・通信・インターネット系
  •  
  • ソフトウェア/パッケージベンダ
  •  
  • 株式会社FFRIセキュリティの中途採用/求人/転職情報
  •