お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

株式会社 アスカネットの企業情報

135988

株式会社 アスカネット

デジタルフォトのパイオニア。日本の写真文化を変えたマザーズ上場企業

新しい画像・映像の表現を次々に生み出し、デジタルフォト業界の主役に

アスカネットはデジタル写真加工サービス、フォトブックサービス、光学表示用ディバイスの製造販売を手掛けるマザーズ上場企業である。中でもメモリアルフォト(遺影写真など)サービスで全国トップシェアを誇り、デジタル画像処理の分野では草分け的な存在として知られている。

その成長を支えてきたのは、フォトグラファー出身の代表の福田氏である。同社の前身である飛鳥写真館でフォトグラファーとして活躍していた同氏は、当時どこもしていなかった遺影写真のデジタル化に挑む。遺影写真の作成手法は元となる写真から切り貼りするという大変手間がかかるものである。そこにデジタル技術をいち早く取り⼊れ、メモリアルフォトサービスとして商品化したのだ。「写真館として写真業を営むかたわら、写真を修正するサービスを提供し、画像処理のノウハウを蓄積してきました。そのノウハウを元に遺影写真に特化した画像処理技術を研究し、メモリアルフォトサービスが誕生しました。当初は写真が集配可能なエリアで取引先を開拓していきましたが、通信インフラなどの進化によって全国に顧客を一気に広げることができました」(代表取締役福田氏)。

デジタル写真の加工サービスを軸としたオンライン遺影写真作成のサービスは新しいデジタル写真の市場を切り拓いた。さらに今ではメジャーなネットオーダーによるオリジナル写真集製作サービス“フォトブック”を、2000年という早い段階でスタート。それまで紙主体だった写真から"インターネットから写真集"という新しい表現を世に広めた。

「私たちが目指すのは、フォトイノベーション。新しい写真文化の創造です。そのために誰も挑戦しない分野に果敢に挑み、クオリティにとことんこだわり、決してあきらめないことをモットーとしています。今後も驚きと感動と新たな生活スタイルを提供するためにエキサイティングなチャレンジを続けてまいります」(同氏)。

2005年4月には東証マザーズ上場を果たし、同年6月にはアメリカにおいて本格的にサービス開始した。舞台を世界に移し、新しい写真文化を発信し続けている。

135994

徹底した品質管理とサポート体制で独自のビジネスモデルを構築

同社の主事業は“メモリアルデザインサービス事業“と “パーソナルパブリッシングサービス事業”の2つである。どちらも徹底した品質管理をはじめ高度な印刷技術、サポート体制などで他の追随を許さないビジネスモデルを構築してきた。

創業以来のビジネスであるメモリアルデザインサービス事業(メモリアルフォト)では、全国の葬儀社をネットワークで繋ぎデジタル加工処理を⾏っている。磨き上げてきた専門オペレーターによる写真加工技術、全国13カ所の365日自社サポート体制は同社ならではの強みだ。現在では全国2,000か所以上の葬儀社に年間約32.6万枚の写真画像を提供しており、圧倒的なシェアを誇っている。

そして売上の半分を占めるのがパーソナルパブリッシングサービス事業である。オンデマンド印刷による本格的な写真集を一冊からインターネットで発注できる“フォトブック”は瞬く間に広がり、デジタル写真の歴史を変えたといっても過言ではない。現在では全国3,500社の写真館から発注を受け、年間36万冊以上の写真集を製作しているという。今は多くの競合他社がいるが、優れたカラーマネージメント技術やオンデマンド印刷機器の制御技術は独自のクオリティを生み出している。さらにプロ向けでは“ASUKABOOK”ブランドとして海外へも展開している。その品質はUSAプロ写真団体PPAよりHot One Awardsを6回受賞するなど高い評価を得ている。

そして2011年には空中に画像や映像・物体を結像させる技術、空中ディスプレイ“エアリアルイメージング事業“を立ち上げた。デジタルフォトの黎明期より、一貫して新しい写真データの表現にチャレンジし続けてきた同社。空中結像というユニークな技術で、映像の世界にどのような驚きを与えてくれるのか楽しみである。

「2015年に創業20年、上場10周年を迎えました。これから心機一転、会社の価値のさらなる向上に勤めていきたいですね。既存事業の安定した成長と新事業の育成のバランスよく取り組みながら、写真や映像そのものが持つ表現を追求していきたいと考えています」(同氏)

136709

⼈気サービスを担うキーパーソンとして活躍できる

アスカネットの業務ではフォトブックなど、注目のサービスの基盤サービスをシステム面からサポートしていく。デジタルフォトの最先端の技術に関われるためやりがいは十分だ。⾃社⼯場で動くシステムの開発なので成果を間近で実感できるのも魅力だ。そしてサポートといっても単なるオペレーションにはとどまらない。「実際の業務では⽣産部門やお客様と直接話をしながらニーズに合ったシステムを構築していきます。現場では革新的な提案が常に求められます。これまでの経験とアイデアをいかして最適なシステムの開発に取り組めます」(同氏)。

アスカネットは上場企業であり、海外にも展開している。その安定した経営基盤にも注目したい。特に福利厚⽣は充実しており、女性の育児休暇は20名以上が取得しており、主任クラスの女性も多いという。“育休や時短勤務制度などを利⽤して、ライフスタイルに合わせた働き⽅がしたい”。そう願っている女性は多いが、実際に実現できる会社はまだ少ないのが実情だ。アスカネットなら安定した環境のもと⾃分らしく働くことができそうだ。

業界に先がけて写真のデジタル化に取り組み、独⾃のビジネスモデルの構築を進めてきた同社。自分の仕事が世の中を変える、そんな夢が叶う可能性がある会社だ。成⻑企業ならではの勢いを感じながら、⼈気サービスを担うキーパーソンとしてぜひ活躍してほしい。

135997

株式会社 アスカネットに「気になる!」した人の特徴

ご登録いただくと、株式会社 アスカネットに興味をもっている人の年収をご覧いただけます。会員登録して詳細を確認するすでにアカウントをお持ちの方はこちらログインして確認する

企業情報

会社名 株式会社 アスカネット
業界 IT/Web・通信・インターネット系 >  インターネット/Webサービス・ASP
企業の特徴
  • 上場
  • 自社サービス製品あり
  • シェアトップクラス
資本金 490,300千円
売上(3年分)
2018年 4月 期 2017年 4月 期 2016年 4月 期
59億円 54億円 51億円
設立年月 1997年07月
代表者氏名 代表取締役社長 松尾 雄司
事業内容 1.メモリアルデザインサービス事業
2.パーソナルパブリッシングサービス事業
3.エアリアルイメージング事業
株式公開(証券取引所) 東証マザーズ
従業員数 314人
平均年齢 34.7歳
本社所在地 広島市安佐南区祇園3-28-14
135988

株式会社 アスカネット資本金490,300千円設立年月日1997年07月従業員数314人

デジタルフォトのパイオニア。日本の写真文化を変えたマザーズ上場企業

Bnr sp354 5
×

Greenに登録する

生年月日 必須
     
性別 必須  
     
メールアドレス必須  
パスワード必須  
希望勤務地 必須
主な経験職種
経験年数 必須
1つ以上選択してください   

サービスお申し込みにあたり、利用規約及び個人情報の取扱いへの同意が必要となります。
会員登録前に必ずご一読の上、同意いただけますようお願いいたします。

×